ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2017/03/29    引退のすすめ
 サンケイスポーツ(道新スポーツ)終面の名物コラム「甘口辛口」は17、8年前、整理部長時代の新企画だった。今でも毎日、楽しみにしているコラムだ。
 その当時から戦友であり大先輩である今村忠さんがメーンで週4回執筆している。甘口は心温まるもの。辛口は問題を提起するものだが、最近は大甘な原稿が多い。この日は稀勢の話題だった。それはまるで相撲協会の広告塔のような提灯記事だった。
 こちら期待しているのはピリッと辛みの効いた読み物である。それが毎度提灯記事を読まされては…。そろそろ、この甘口辛口は終わりにしたほうがよいのでは…。今村さんも70過ぎ…、引退を勧めます。
 ところで稀勢の千秋楽の本割は、明らかに照の髷を掴んでの突き落としだった。ネットでは稀勢の反則負けが話題になっている。mixiユーザーの日記では写真7枚を掲載している。これを見れば一目瞭然である。これを無視するだけでなく問題意識がまったくないメディア、スポーツ紙。だからソッポをむかれるのである。
 私はスポーツ紙を引退して11年。いまは完全に読者である。だから言えるのである。
 このブログも10年になる。文章は下手だがボケ防止にーと書いている。今年は牛舎通いも引退したので、小説でも、と思っている。
 一つは、〜ボチ畑で生きる北キツネ〜「ナオとナツコの物語」
 もう一つは、〜Oh!シャマンべに棲む〜「仮面を被った鬼畜と寄生虫」
 事実は小説より奇なり。もちろんノンフィクションで。
 
2017/03/21    日本で一番遅い雪祭り
 19日の日曜日、蕨岱地区の雪祭りが、廃校になった小学校で行われた。春の陽気とあって町内外から40人弱が参加した。
 この蕨岱は先に駅舎が廃駅になった地区で酪農地帯である。中兼自治会長が「たぶん29回目だと思う。日本で一番遅い雪祭りを楽しんで」と挨拶。その後、校舎前の残雪の中、子供たちら長靴飛ばし、宝探しなどで熱戦を繰り広げた。
 そして校舎に入って、恒例の餅つき。子供たちが丸めた搗き立てのモチをダイコンおろし、納豆、きな粉でさっそく頂いた。やっぱり搗きたては旨い。そしていつもながら絶品なのが、お汁粉だ。ホント旨い。歳を重ねると甘いものが、やたら旨いのだ。牛乳豆腐とゴボウ天の煮込み、ホタテにも大満足でした。
 その後、子供たちはスノーモービルに乗って春の陽射しをいっぱい浴びていた。
 夜は、こだわりの父さんが採ってきたフキノトウの天ぷらを母さんが揚げてくれて、春を感じた一日となりました。チャンチャン。
2017/03/12    マツシタナオがいた
  3月もあっという間に過ぎていきます。好天が続き雪融けも急ピッチです。
 ところで、民宿S酒乱女の仏壇事件のその後はどうなっているの? という要望に応え、ちょとだけ、その後をお伝えします。やっぱり刃傷沙汰、警察沙汰、救急車搬送、徘徊、亡き妻の悲鳴が聞こえたなどの事件が相次いでいます。それでも当事者は「時と愛があれば…」と、のたまっています。聞く耳持たず、事件が起こると人任せ…、危険を承知で孫を連れて来たなど、もう何をかいわんやですな。
 これまで民宿を手助けしてきた人たちへの感謝の気持ちはいっさいなし。ということで、いまでは、みんな呆れて笑って傍観してる状況です。小さい町ということで、この事件は町のトップにも知れ渡っているとか。行政の介入があるかも。腹立たしさより何か虚しく悲しくなってきたので、もうこの話は終わりにしよう。ということで、明るい話題をー。
 この日、春の陽射しに誘われ、撤退を決めたボチ畑に行ってきた。そう、キツネの動向を知りたかったのです。畑入り口に車を止めて、口笛を吹いたが、姿はなし。でも足跡があちらこちらに。車に戻ろうとしたら、いました、いつも松の木の下から出てきたマツシタナオちゃんが…。車のすぐ後ろに、ちゃんとお座りして待っていました。
 冬を越したとは思えぬ艶々の毛並み、体つきも丸々と元気いっぱいの様子だった。セイコーマートで買った大福2個をちぎって与えた。すぐに、これまた2羽のカラスがやってきたが、ナオちゃんが独占した。まだ相棒はいないようだが、冬を乗り越えたことに、こちら胸が熱くなった。これからは、餌付けはやめる事にした。やはり動物は野性のままが一番。この姿は野性の証明かな、チャンチャン。オチが弱かったようで…。
 
2017/03/09    いいものを観た
 きのうWBC第1R2戦目の豪州戦を観た。この前、キーポイントに挙げた菅野が好投、坂本、中田、筒香が打って勝った。でも、中継ぎ投手と抑えがねぇ。千賀はよかったが、岡田は、たまたま併殺に仕留めたが、不安が残った。そして抑えが三振の取れない牧田では…、強打線には通用しないだろう。
 でも、まずは2次Rに進めたことに拍手をおくろう。
 そして、ヤングなでしこを前半まで観て寝た。早朝4時45分からCLのバルセロナVsパリサンジェルマンがあったからだ。第1レグではパリで0−4のまさかの敗戦。5−0か6−1で勝たなきゃ8強には進めないのだ。
 バルサは前半3分にスアレスが泥臭くゴール。40分にイニエスタの芸術ヒールがオウンゴールを誘う。後半早々にもメッシがPKを決める。逆転進出が見えた瞬間、17分カバーニにアウエーゴール決められ万事休すと思われ、アタシはチャンネルを香川のドルトムントーベンフィカに替えた。そして気になって、チャンネルを戻すと80分で3−1のまま。やっぱりバルサは終わった…。しかし、そこから猛攻が始まったのだ。誰もあきらめていない。88分、ネイマールの鮮やかなFKゴール。インジュリータイムは5分。そして、91分にスアレスがPKをもらう。ネイマールが決めて、あと1点だ。しかし、タイムアップ寸前…、バルサが追い込まれた。GKも上がる最後のパワープレー。ネイマールがBK越しに絶妙のパス。飛び込んだセルジ・ロベルトが執念のゴールを決めたのだ。誰が信じたであろうか。6−1。これがサッカー、これぞサッカー。奇跡以上の歴史を変えた大逆転劇。最近面白くないことばかり…だったが、これに”立ち会えて”久しぶりにスカッとした。これ早朝6時45分過ぎのこと。猫ソラはストーブ前で腹を出して寝ていました。チャンチャン。
2017/03/06    期待できない
 WBC壮行試合が終わったあとのテレビ番組はよかったね。連覇をかけた日韓戦で決勝の一打を放ったのイチローと50歳のいまでもサッカーにかけるカズの特集だった。久しぶりに感動した。
 
 そのWBCだが、あす7日のキューバ戦から小久保ジャパンの戦いが始まる。壮行試合を観て、今回は優勝は無理でしょう。なぜなら、代表メンバーが小粒すぎる。投手で期待できるのは菅野だけ。野手で期待されている坂本は悪い時の外角球にバットがクルクル、中田に至っては、相変わらず、ここ一番に弱いし覇気も感じられず…。筒香には荷が重い。そのうえ足を使っての緻密な日本野球が身上だが、小久保采配では?がつくばかり…。大谷コケてみなコケるー。ま、期待しないで観ることにする。
 
 そしてもう一つ。ウインタースポーツにも、ひと言。まずは女子のジャンプ。あのW杯常勝だった高梨沙羅が勝てなくなった。いまや日本のエースは伊藤有希に代わった。高梨は20歳になって少女から大人の体に…。昔、聞いたことがある。「女性アスリートにとって、それが第一関門である」と。技術、体調管理、モチベーションなど新たな構築が必要になるという。浅田真央が、そうであったように…。
 そして第2の鬼門は”男”である。高梨が今季のW杯に参戦する前、あの濃い化粧にビックリした。メディアは、こぞって女らしく奇麗になったと書きたてたが、こちらはなんとなくピーンときた。男の影。その真偽はわからないが…。
 次はスピードスケートである。今季のW杯500bで無敵の女王となっているのが小平奈緒だ。この前のアジア大会で久しぶりに、その氷上の走りを観た。素人目にも、4コーナーから直線に入るときのスピードが他国の選手とは違っていた。でも、来年の平昌五輪では金メダルはないと見ている。なぜなら、日本のトップアスリートは、何の大会でも勝ちにいくが、他国の強豪たちは、本番に合わせて調整してくるからだ。
 ということで、目標の大会で勝負弱い高梨、小平も平昌五輪で金メダルは取れないことを予言しておきます。当たるかな?
 
2017/03/03    さようなら蕨岱駅
 あす4日、JRのダイヤ改正に伴い北海道10無人駅が廃止となる。そこで,ひな祭りのこの日、さようなら蕨岱駅!のイベントが行われた。
 蕨岱は長万部町の北部に位置し、アタシが7年間痩せるため、牛舎の手伝いに通っていたところで、長万部駅から函館線下りの2つ目の駅だ。
 12時30分、長万部駅に集合。アタシは、その10分前に着いたが、待合室は、テレビの取材クルー、撮り鉄さんを始め、すでに人で溢れていた。ほとんど知った顔ばかり。外でタバコを一服していると懐かしの顔がいた。移住当初、ここの駅員だったジンさんだった。「やっぱり自分が関わった駅舎がなくなるの寂しいから…」と、函館から駆けつけたという。
 再び待合室に戻ると、記念のポストカード、お茶、切符(すべて主催者持ち)をもらい、3番ホームへ行き、2両編成の列車に50人以上が乗り込んだ。発車前に町長が挨拶、その後、主催者の蕨岱自治会長中兼さん(アタシが通った牛舎オーナー)が「短い往復ですが”最後の旅”を楽しんでください」。
 そして1時16分に出発進行となった。さっそくテレビのインタビューが始まった。蕨岱駅長を40年間務めた、その息子さんら、駅にゆかりの人たちが、答えている。その時、アタシの目に我が家が入ってきた。車窓から始めて見た。結構間近に見えた。列車はほとんど5号線と平行に走っていたが、車とは別の光景もあった。二股駅で止まり、16分後に蕨岱駅に着いた。そして全員で記念撮影。そして、それぞれが113年の歴史を刻んだ駅舎に別れを告げていた。中兼さんは「この駅舎の思い出は尽きない。孫たちに、こんな駅舎があったんだよと、伝えていきたい」とNHKのインタビューに応じていた。そして、30分くらい滞在した後、今度は上り列車に乗って最後の旅を楽しんだ。家に帰り、夜の10時33分、家が少し揺れた。いつもの最終の上りの列車が通過していったのだ。その揺れに心もちょっぴり揺れた。
 少子化による町の過疎化…、また古き良き時代の産物が消えていった…。
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/3/30