ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2016/11/30    時代 
 きのうは一日いっぱい雪が降り、11月として初めて雪掻きをした。15分くらいですんだけど、ね。今年は大雪の予感だね。
 猫ソラは、やっと発情がおさまった。ヤレヤレですわ。
 きのうは午後9時からBS255日本映画専門チャンネルで「北の国から〜’98時代〜」の前後編を夜中の2時半まで観た。何度観ても北の国からは秀逸なドラマだ。
 不倫の相手の子を身ごもった蛍。そして一人で産もうと決心する蛍。それに感動して草太兄ちゃんが動く。正吉と蛍を結びつけるためのセリフがいい。「正吉よ、自衛隊は国を守るのが仕事だべ。家族同然の人を守るのも仕事だべさ」と。それに応えた正吉。100万本の赤いバラならぬ雑草のオオハンゴンソウを贈り続けて…。それにしても、純も蛍も正吉も大人になった。時代が動いた。
 親父の五郎さん田中邦衛の味のある演技。そして竹下景子、地井武夫ら脇役もいい。
 そして、問題提起する倉本聰の脚本。今回は大規模農業と無農薬農業をテーマに…。草太の「俺たちはみんな借金まみれだ。生き残るためには…。恨むなら農協を恨め」と。そして事故で死ぬ…。
 演出の杉田成道もまたいいねぇ。北海道の四季、動物たちを合間に入れて…。とくに五郎がキタキツネに餌付けする姿は、ここボチ村とだぶって観てしまった。また、中島みゆき、尾崎豊、加藤登紀子の挿入歌も絵づらにマッチ。ドラマを盛り上げている。
 それにしても北の国からはフジテレビの制作。ガキタレをメインにした今のドラマ。凋落も分かる。北の国の時代へ…戻ってみてはいかがかな。
 きょう午後9時からは、ドラマラストの「遺言」前後編。たぶん観るだろうね。
 
2016/11/28    寒いね
 きのう競馬のジャパンカップが行われた。またしても馬友ダボハゼさんと狙いが重なってしまった。当たるわけがないね。勝ったのはサブちゃんのキタサンブラック。第36回…、まさにサブローでした。懐も寒くなりましたぁ。
 キタサンは買ったことがない。母父がスプリンターのサクラバクシンオー。競馬も変わってきているということかー。こちらも変わらなきゃ、ダメみたいですな。
 JCが終わった段階で有馬記念の狙い馬を決めた。本命はマリアライト。対抗はゴールドアクター。出走すればディサイファに▲。あとはキタサン、サウンズ、シュヴァル。サトノダイヤモンドのねらい目を上げる可能性も。あと1カ月。ダボハゼと違えば当たるでしょう。
 大相撲九州場所も鶴竜の優勝で幕を閉じた。クンロク大関・豪栄道の綱とりだなんて協会、メディアがこぞって騒いだが、終わってみれば案の定クンロクでした。誰が見たって横綱の器ではないでしょうに。初場所は今度は稀勢の里が綱とりだってさ。どうみたって稀勢も横綱の器ではないでしょう。強さと弱さが同居しているからね。横綱はやっぱり慎重に、が正解でしょう。
 それにしても、また九州場所を盛り上げたのは着物美人の中洲の田じまのママの恵美子さん。また、来年も艶やかな姿を見せてくださいな。
 
 
2016/11/25    冬、冬、冬
 一昨日、昨日そして今日と連続して雪が10a超降り、そして昨日は氷点下10・4度と冷え込んだ。11月にして冬が本格化してます。関東でも初めて11月に雪が降ったみたい。そして、東北ではまたも大きな地震…。日本列島、何かがおかしい。
 猫ソラは、発情が続いています。ミャーミャーというよりギャーギャー。そしてお尻を叩けとこちらに尻を向け、まとわりつきます。無視すると部屋中をノシノシ、ギャーギャー。猫も大変ですがアタシも大変ですわ。今年の1月には60日以上続いた。こちらも結構ストレスが溜まるのですわ。
 
 この寒さの中、いつものように午後3時過ぎあたりから、シャマンにジジイたちが集まります。そしてペチャクチャ相撲観戦。九州場所のお目当ては力士ではなく、あの着物美人。昨年から、いつもの場所はカメラ席となり、西方の左奥(テレビに向かって)になった。たまに正面左の審査員の左後ろか正面右の審査員の右後ろに座る時がある。相変わらず着物が似合う。中日と祭日は中州のお店が休みとあって、洋服で現れ、ジジイたちは一斉に「オー、洋服もいいね。メガネも似合う」と相変わらず覇気のない相撲よりも興味津々だった。 
 それにしても中入り後前半戦の相撲はつまらない。はたき、引きばかり。何もしないのにスッテンコロリの力士には平ジィが「バカやロウ」の連呼。いま十両のほうが面白い。里山、宇良、佐藤、小柳らが土俵を盛り上げている。
 そして、2場所前は負け越した大関が綱とりだってさ。案の定早々に3敗。そしたら、今度は3横綱を破った稀勢が初場所で綱とりだって。あきれてものが言えませんな。豪も稀勢も誰が見ても横綱の器ではないでしょうに。九州場所は十両と中州の着物美人が主役ですよ。
 
2016/11/21    スポーツ観戦サンデー
 きのうは早朝というより深夜からバルサを観て錦織のテニスを観た。バルサはメッシが謎の欠場でドロー。レアルとアトレチコのマドリッド対決を制したレアルと勝ち点4差に広がった。
 そして錦織だ。いつも期待して観戦すると必ず負ける。やっぱり世界5、6位のアスリートだね。マレー、ジョコとの差は大きい。もう、観ないと決めた。
 札幌では日本ハムの優勝パレード。18万人超で盛り上がったようだ。地域密着球団として完全に根を張った。
 そして競馬…、マイルチャンピオンシップ。本命はFフェイロ。あのダボハゼと同じだった。土曜日のウイニング競馬の中継で浜中騎手のインタビューを流していた。ここに登場すると意外に馬券に絡むのだ。本命を浜中騎乗Oミッキーアイルに変えようとしたが、初志貫徹…。結果はやっぱりでした。このところGTの本命はなぜかダボハゼと同じ…。当たる訳がない。トホホ。
 ここ長万部は完全に冬です。家の中はストーブで暖かく、猫ソラはストーブ前に陣取ってスヤスヤと思いきや、温度差が激しく発情の兆し。ミャーミャーとうるさい。猫は夜型でこちらの睡眠を邪魔して昼はスヤスヤ。本当にマイペースです。満月には暴れ回るというが、スーパームーンの時は異常に走り回ってましたよ。いま午前2時半、まだノシノシ家の中を歩き回ってます。さて、無視をして寝るかな。
 
 
 
2016/11/12    大雪の札幌パートU
 午後6時、真梨子様の登場。67歳、33・5`の痛々しい体だが、声は衰え知らずだ。オープニングの「もうちょっと見つめて」、「遥かな人へ」…。伸びやかな歌声が響く。真梨子様は不滅ですな。
 五番街のマリー、ごめんね、グランパ…、そして十八番のfor you…で締めた。アンコールで桃色吐息、アナタの横顔、ラストは海色の風ー君住む場所へーで全20曲、今年も満足しました。あの声の張りなら、あと3年は大丈夫でしょう。やせ細った体が心配ですが…。
 この札幌公演、いつもなら9月か10月なのですが、今年は9月にNYカーネギホールの公演で11月となり、真梨子様も「寒い、寒い」をステージで連発していた。
 翌朝目覚めると大雪で車がすっぽりと雪に覆われていました。色づいた紅葉と雪のコラボが異様に写りました。さっそく雪掻き。11月早々「えらいこっちゃ」とあいなりました。
 雪が溶けた翌7日、無事に長万部へ。今年も大満足の札幌ツアーでした。
 
 
2016/11/10    大雪の札幌パートT
 あっという間に11月です。歳をとると月日の経つのが早い。
 今年も行って来ました。札幌での高橋真梨子ライブ。4日午前11時前に長万部を出発。まだ雪が積もっていないということで車で向かった。静狩峠を越え豊浦のセイコーマートでまず一服。チャンブーがいた時はおしっこタイムの場所だった。
 そして、トーア牧場を過ぎると牧草地は雪で真っ白。冬を実感です。ルスツの道の駅で2度目の休憩。駐車所はツルツル。ここで高橋牧場の飲むヨーグルトなど土産を買い無事に姉の住む実家に到着した。
 玄関前の紅葉が艶やか。初めて気がついた。この時期に実家に帰ったことがないから…ね。
 
 5日、待ちに待った真梨子様です。いつもなら、ニトリ文化ホール近くに建築事務所がある釧路時代からの友人を訪ねるのだが、帯広に出張中とあって、まずは丸井で買い物。一条館4Fにラルフローレンの大きいサイズの店がオープンしたということで、見に行った。ラルフ以外のメーカー、J・PRESSなどのスーパーメンズコーナーもあった。ちょっぴり高いがセーターを購入。「お馬ちゃん、ごっちゃん」ですな。
 その後、地下鉄11丁目で降り、外に出ると雨が本降りに。5時15分開場前に着いたが、冷たい雨とあって、すでに開場していた。まずは外の喫煙所で一服。2本吸いだめして会場に入った。すでに人、人…。いつものようにグッズ売り場でスマートフォン入れを購入。そしてトイレを済まし、デブに歓迎の端の席で6時の開演を待った。
続くー。
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/3/30