ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2016/09/25    収穫&ハム祭り
 きのうボチボチ村13回目の収穫祭が行われた。ボチ畑ではキツネたちが驚くのでシャマン前で行われた。
 総勢30人超え、焼肉、室谷さん差し入れのカニ飯、サケとイクラご飯、刺身、サケ、ブリのニンニク漬け、宗八カレイ、落葉のキノコ汁、サケのアラ汁などで好天の中、舌鼓をうった。
 今年はちょうどアフリカン音楽のマサトたちもきており、投げ銭ライブまで行われ満足、大満足。
 この日も日本ハムが勝ち、ついにマジック3となった。いつも3時過ぎから、ジジイたちがシャマンに集まるが、土、日は日ハムの応援で熱くなる。
 みんな監督であり評論家である。1球1球に平監督がブツブツ。ハムのユニホームが似合う室谷監督は「勝てば美味い酒が飲める。負ければヤケ酒だ」と、これまた熱い。栗山監督の学芸大の先輩であるモーリーさんは理論的に解説する。そう、いま北海道は日ハムで盛り上がっています。
 でもねぇ、水を差す輩がいるのです。解説者の岩本です。ホントうるさい。北海道に関西弁は合わないでしょう。道産子の90l以上は「なぜ岩本が解説者なの」ですわ。ウザイだけ。テレ朝系列のスポーツ解説者はサッカーの松木といい、松岡修造といい、うるさすぎますよ。
2016/09/22    寒くなってきた
 9月も半ばを過ぎて朝晩、寒くなってきました。10度を切り、半袖では寒いのなんの。早くも衣替えとなりました。
 きのうは昼過ぎから秋の陽射しに誘われ、国縫漁港に行ってきました。12日に戦友の清水氏が来長して2時間ほど釣りを楽しんだところ、20a程の小サバが釣れ、清水氏も大満足でした。
 ということで、この日は、コマセ袋付きのサビキで狙ったところ、サバ31尾、チカ20尾と2時間入れ食い。いやぁ、小サバは走る走る。楽しみましたよ。こだわりの母さんが作ってくれた味噌煮は旨かった。チカはキツネたちに、です。
 清水氏が来た日の夕方には、東京から遅い夏休みの柳くんも車で来て、外でバーベキュー。2人とも北海道の寒さを身にしみていました。柳くんはいつものように翌日に道北、道東へ。厚岸からトロサンマを送ってきました。いつもありがとさん。
 今年、来長したのは、これで14人。長万部の経済効果にちょっぴりと貢献しています。
 24日はボチボチ村の収穫祭。暖かければいいのですが…。ちなみに昨年は大雨…。シャマン前にテントを張っての収穫祭。寒かった…。
2016/09/09    進化と退化
 この7日に63歳の誕生日を迎えた。60歳を超えてから体力の衰えがひどくなってきた。ラジオ体操、NHKのテレビ体操もキツイ。ちょっと歩くと疲れる。いやはや、である。退化する一方である。
 進化といえば、きのうの全米テニスの錦織。マレーとのフルセットの末、死闘を制した。ジョコビッチ、マレーの壁は厚いと思っていたが、確実に進化している。いまや世界1を狙えるアスリートになった。イチローに並ぶ日本の誇りになってきた。
 そして退化は日本のサッカーである。この前のUAE、タイ戦。本田、香川は酷かった。ま、本田は最初から大した選手とは思っていなかった。ボールキープと持ち過ぎを履き違えプレーを遅くする。そして致命傷は足の遅さだった。現代サッカーにはスピードが不可欠なのだから…。釜本時代ならスーパースターだったけどね。UAE戦で先取点を挙げたが、前半から体の切れがなくバテバテ。タイ戦では、足がもつれ、どフリーを外した。後半半ば交替したが、もうスタメンの選手ではない。代わる人材は一杯いる。
 そして香川。彼は技術なら世界に通用する選手だが、なにせハートが弱い。彼に本田のハートがあれば、世界的な選手になっていただろう。彼のプレーは格好のつけすぎである。股抜きパス、高度なフェントなど魅せすぎで、レベルの低い相手ほどシンプルイズベストなはずだ。
 もう一人は長谷部だ。キャプテンシーは相変わらずだが、年齢的な衰えもありパスミスが多くなってきた。退化している典型的な選手である。
 日本のメディア、サポーター、スポンサーは相変わらず、彼らを「日本のエース」、「頼もしいキャプテン」などと持ち上げるが、そろそろ「見切り」をつけないと日本のサッカーはW杯出場どころか世界が遠くなることは間違いないよ。
2016/09/01    置いていかれる日本
 9月です。台風が爪あとを残しての防災の日。何かが変。
 
 本日は大粒のタマネギの収穫をしてきた。意外と良い出来でした。収穫をしている間、お茶目な子キツネが横のウドの葉の下で太陽を遮ってアタシの働きぶりをジッと見つめていた。早く「食べ物を頂戴」と、言ってる様だった。タマネギを収穫後に餌やり。そうすると、もう1匹も出てきた。干したキュウリチカと犬のビーフジャキーをむさぶるように食べた。無くなると2匹ともお座りして、「まだ頂戴」と。仕方なくビーフを撒いた。2匹ともチャンブーにそっくりだ。
 そして夜、サッカーW杯最終予選が始まった。アタシの予想はドローだったが、1−2でUAEに負けた。レベルの低い試合だった。こんなサッカーをしていたら、ますます世界から置いてきぼりになるよ。
 まず先制点を入れたが、なぜ本田がスタメンなのか? ミランでベンチを温めているだけなのにねぇ。後半はバテバテ…。なぜ交替しないのか?
 香川も清武も酷かった。彼らはドイツ、スペインのリーグで一生懸命だから分かるけど…。 
 それにしても相変わらずの吉田らのDF陣。一番の元凶は右サイドの酒井宏樹の無駄なイエローだ。ここから流れが変わり、吉田のイエローに繋がった。そして両サイドのクロスの精度の低さがすべて。これじゃ世界と戦えないよ。メディアもサポーターも「日本は弱い」っていうことをもっと自覚するべきだね。世界から見れば中のちょい上なのだから…。
 NHKBS1のアナウンサーは本田が先制すると「エースが決めました」だって。これがすべて。日本のサッカーもメディアもレベルが低すぎます。ま、きょうの審判も酷かったけどね。中東の笛だから…。 
 あすのスポーツ紙はきっと「まさか」の初戦●…、「まさか」って使うのだろうね、きっと。トホホ…。

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/5/29