ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2016/07/29    台湾から朗報
 いやぁ、降りました。雨、雨、雨。この3日間で100_以上も。ボチ畑と子キツネたちが心配です。あすから天気は回復するみたいですが…。
 一昨日、台湾から朗報がありました。チャンさんが台湾大学・人類学科の助教授になったと。チャンさんは、その台湾大学を一番の成績で卒業、そして大学院へ。アメリカ、日本に留学。この長万部のボチボチ村に惹かれ、「定年帰農」の論文を書き上げるため、1年間長万部で暮らしました。その時、いつもチャンブーの散歩をしてくれたり、シャマンの手伝いをするなど温厚で日本の心を持ったナイスガイでした。帰国してイーピンと結婚。現在は長女も産まれていて、イーピンも大学の講師をしているみたいです。ほんと良かったね。友達の陳さんも順風満帆のようで…。良かった、良かった。
 ということで、来年までには台湾に行きたいと思ってます。再会が楽しみですな。
2016/07/27    辛口
 雨が続きそうです。何もできません。おまけに寒いです。今年の長万部は冷夏。これまでの最高気温は26・4度ですよ。夕方にはヒンヤリした風が吹いています。半袖では寒くて…。
 
 サンスポに名物コラム「甘口辛口」がある。70歳…今でも今村忠さんが頑張って書いている。札幌の姉も大のファンである。
 最近、甘口が多かったが、きのう稀勢の昇進ときょうの高校野球岡山決勝の判定を辛口でバッサリと斬っていた。カレーもそうだが、やっぱり辛口がいいねぇ。今忠さん、引退はなしですぞ。他の連中はつまらんから、ね。
 ところで、稀勢の横綱昇進問題である。ここ3場所13勝、13勝、12勝。優勝はないが数字的には立派である。でもねぇ今場所は内容が悪すぎた。月曜日の横審では、来場所優勝しなくても…、という御仁もいたそうだ。おいおい、だ。
 なぜなら、稀勢は横綱の器ではないとアタシは断言する。相撲が荒いし相撲に気品がない。致命的なのは、右からの上手投げ、上手出し投げができないことだ。だから取りこぼしが多いのだ。例の横審の御仁は「多くのファンが昇進を望んでる」と言うが、ここ長万部の相撲ファンのほとんどが、横綱は張れないと見ている。またネットの書き込みも、ほとんどが「横綱の器ではない」と。日本人力士の横綱がほしいと言うだけで…、安直すぎるよ。来場所14勝以上での優勝なら納得できるが…。ま、無理でしょうね。
 
2016/07/25    再び全国区に
 あのまんべくん騒動から再び長万部が全国に名を轟かせた。
 ここ長万部には東京理科大がある。基礎工学部の新入生300人前後が温泉付きの最新式の寮で1年間勉強する。我がNPOの夢倶楽部にも理科大の榎本、野澤教授が参加していて、8月のホタル鑑賞会には学生たちと懇親会をやっている。
 その男子学生が22日午後9時過ぎ、ポケモンGOをしながら夜道を歩いていると、なんと1b超えのヒグマと遭遇したという。この日、道内いや全国ニュースで取り上げられた。ポケモンとヒグマの取り合わせが興味をそそったのであろう。
 学生がヒグマと遭遇した場所は高速IC下という。道新通信員である山さんが、その場所を印した地図を見ると我が家から直線で200bほどだった。チャンブーとの散歩コースでもあった。いやぁ、もうビックリだ。山さんには、JR職員から午後8時くらいに栗岡で熊を見たという情報も入っていた。
 この日、その栗岡に渓流釣りをーなんて思っていたが、もちろん止めた。そういえば、最近朝4時頃、玄関チャイムが鳴ったり玄関ドアがドタドタすることがあるのだ。ひょっとしてヒグマだったりして…。チャンブーがいれば吠えてくれるのにねぇ。やっぱり犬を飼わなくちゃ、ね。
 
 
2016/07/22    熱い戦いに水
 夏の甲子園へ全国で熱い戦いが繰り広がれている。ここ北海道では北は創部3年のクラーク国際が、あれよあれよの快進撃で切符を掴んだ。ちのみにアタシの母校、釧路湖陵は準々決勝でこのクラークに負けて夏が終わった。
 そしてこの日、南北海道の決勝が行われ、北海が最多の37回目の出場を決めた。
 3回までテレビを見ていた。そしてビックリした。球審のレベルの低さにだ。明らかにど真ん中の球がボール判定に。それが、両軍で5球もあった。炎天下の中、手弁当で審判諸氏も大変であるが、一球一打に賭ける球児たちにミスのない判定をしてほしいものだ。それが…。試合に影響がなかったから良かったが…。しかし、熱い戦いに水を差したことには間違いない。
 
 本日も2時過ぎに国縫漁港にチカ釣りに行った。この前と違って、まったく魚影がなかった。若い漁師さんと、しばらく立ち話。「きょう沖にイルカの群れが来ていてチカの群れも逃げたのでは」と。ということで、早々と納竿した。港内はまだ、サクラマスが跳ねている。
 「あれね、大きいのはボラだよ。いまはボラの方が多いかも」と、漁師さん。そして、「山瀬が止んだ日、先端に行けば、サビキのチョイ投げでイナダが釣れるよ」とまで教えてくれた。
 この日曜日はピリカ祭りがある。温泉に入った後、帰りに寄ってみるかな。
2016/07/16    釣りデー
 きのうは国縫漁港で釣りツアー。見物人含め10人と1匹の参加で、好天ということもあり、みんな目一杯心地よい海風に当たり磯の香りを満喫してきた。
 前日、スポーツ紙でチカが釣れている、ということで、昼過ぎに国縫に。アタシは始めたルアー、アブラコ狙いのチョイ投げとチカの贅沢に3点狙い。
 サクラマスは終わったと聞いていたが、あちらこちらで飛び跳ねる。まだ数が多くいる。ルアーの目的はサクラを釣ることではなくキャストの練習だ。
 突然、室谷さんが怒鳴った。「コバちゃんの竿が…」。気づくと、チカ狙いの置き竿が引っ張られ海面に。それを見たヤマベこと高橋さんがアタシのルアーをキャストして流れていく竿に引っ掛ける。10分ほどで竿が掴めるところにきた。引っ張るとチカ針が切れた。一番上には20センチのチカがついていた。ハリを切ったのは大物アブラコかー。残念。二兎追うものは一兎もえず、だね。
 しばらくして室谷さんの竿に当たりがきた。上げると30センチ超えのアブラコだった。室谷さんは思わず「やったぜ」。
 チカはポツリポツリ。撒き餌がないと釣果は見込めない。それでも、みんなたっぷり4時間楽しんだ。
 ヒラメ狙いで静狩方面の海岸に行ったルアーの斎藤ちゃんは、見事にゲットしていた。夕方には長万部漁港でサクラマスも。さすがアタシの師匠ですな。チャンチャン。
 
 
2016/07/08    一周忌
 早いです。あっという間です。この10日にチャンブーの一周忌ですわ。ま、猫のソラがいるから、気休めになったけど、やっぱりねぇ。朝夕の散歩…、ボチ畑へ連れて行っての放し飼い…、大好きな車に乗っての遠出…。何か違った1年でした。
 きのうの七夕、チャンブーの散歩をしてくれていた祐子さんが、チャンブーの墓に花を授けてくれて、そのうえ墓の周りを奇麗にしてくれていました。犬小屋を見ると、そこにも花束が…。天国のチャンブーも尻尾を振って喜んでくれたでしょう。
 10日に家に残った遺灰をボチ畑に撒くつもりです。チャンブーも喜んでくれるでしょう。子キツネたちと仲良くして欲しいですな。
 この前、我が家を訪れたみんなが言っていました。「やっぱりチャンブーがいないと変だね」。「また、犬を飼ったらいいよ。もう、チャンブーもOKというよ」と。
 そういうわけで、どこかにメンコイ子犬いませんかね。
 
2016/07/04    微笑ましいネ
 きょうも昼前、ボチ畑に出勤したが、強風のため何もできず…。それで子キツネに猫エサをばら撒いて帰ってきた。その途中、5号線両サイドの歩道に6、7人のジャージ姿の中学生が歩いていた。手にはゴミ袋。そう、道の掃除をしていたのだ。我が町内会でも5月から月初めの金曜日朝6時からゴミ拾いをしているが、道にはあっという間に、車から投げ捨てられた空き缶などが点在している。それを手で拾っていた。思わず車から見て、清清しい気持ちになった。
 
 ところで、きのう長万部町最大のイベント毛がにまつりが終わった。初日は暴風雨で花火などほとんどのイベントが中止。出店も早々と店じまい。しかし、最終日の日曜日は朝から晴れ間が広がり、1万人以上が集まった。恒例の毛がに早食いでは、口から血を流す猛者まで。70人が熱戦を繰り広げた。
 アタシも10時過ぎに行った。いつも駐車するところは満杯ですでに人、人で溢れていた。まずは、いつも贈る毛がにを買いに行った。今年は毛がには好漁というのに、いつもと違って、小ぶりで値段も高かった。おいおい、毛がにまつりでしょ。儲け度外視が当たり前でしょ。各ブースも見て歩いた。どこも長蛇の列だが、値段は明らかに消費税アップ分以上上乗せしている。並んでまで買う気はおこらなかった。
 でも、そば打ち同好会の蕎麦だけは違う。ここ長万部で一番旨いし、年々進化している。すでに山さん、モリミさん、ムロヤさんらが並んで蕎麦ができるのを待っていた。10分ほどで、かに天蕎麦にありつけた。いつもながら旨い。今年はかに天も大きくなっている。ここだけは満足でした。
 町の一大イベントー。シャマンに集まったオヤジたちが言っていた。「こういうイベントは儲けを考えちゃダメ。ボランティア精神がなくちゃ」。また、出店経験のあるオヤジは「場所代などが高い。だから稼ごうとするのだよ」と。
 迷惑をかける花火に1000万円を使うなら場所代、水道代をただにすればいい。メーンの毛がにも補填して格安に売ればいいのだ。すべて来場者のためにー。そういう発想がまったくない。
 この町のトップにゴミ拾いして汗を流す中学生たちの爪の垢を煎じて飲ませたいものだ。
2016/07/01    好天続き、しかし
 7月です。今年も半分が終わりました。あの嵐が去った後は好天が続き、ボチ村の村民は連日草取りなどに励んでいます。畑のアイドル、子キツネも大きくなっています。
 あすから長万部一番のイベントである毛がに祭りです。天気は下り坂。この分だと3000発の花火大会は順延…。いいことです。安直なことをやろうとするから、お天道様もしっかり見ているのですよ。
 この日、犬の散歩をしていた顔見知りに「あすの花火知っていますよね」と聞くと「もちろんです。えらい迷惑ですね。犬を連れて避難します。でも八雲もお祭りで、黒松内方面へでも行こうかな。雨が降って中止になればいいのにねぇ」と。また、こうも続けた。「長万部高校の文化祭も花火で打ち上げ。短時間だけど犬の気が狂っちゃう。またどこかに犬を連れていかなくちゃ」。
 花火を打ち上げても見る人がいない町…。家族同然の犬猫を脅す花火。大金をはたいてやるメリットはないのにねぇ。ホント腹が立つ。
 
 
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/9/19