ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2016/05/31    雨が降った
 5月もラスト。今年も半分近くが過ぎようとしています。この日、雨が降る前にボチ畑に。苗に水遣りではなく子キツネへの餌やり。いつもの巣にいくと、キツネたちは土管の奥にいるのか見当たらず…。それでも犬の豆乳ビスケットをばら撒き巣を後にした。そして、あすは渓流釣りの解禁とあって堆肥置き場でミミズをとってご帰還。
 家に着くと雨がポツリポツリ。その後、雷がドドどーんと。チャンブーがいたら大変なことになっていた。畑には恵みの雨です。でも、あす解禁のヤマベ釣りに行けるか微妙な天気ですが、一応朝5時起きで、久しぶりに蕨岱へレッツ・ゴーです。さて?
2016/05/27    90l完了
 この日も猫のソラに顔をなめられ5時半に起きた。新聞を読んで軽い食事をして、ボチ畑に。野菜苗に水遣りだ。雨が降らない。降っても僅か…。キュウリが1本死んだ…。新たに1本植え、ズッキーニ苗1本を植えた。
 水遣りの後、キツネを見に行った。チャンブーのおやつが残っていたので、巣の近くにばら撒いた。しばらくして、子キツネ4匹が出てきて食べるのが見えた。途中、カラスがそれを狙ってきたが追い払い何とか子キツネが全部食べたようだ。
 帰った後は家の周りの草刈り。ソラが家の中からジッと見ている。あっという間に奇麗になった。さすが草刈り機だね。
 写真は今年の畑。奥からキュウリ、トマト、インゲン、ピーマン、ナス、ズッキーニ、枝豆、タマネギ。そしてニンジン。それぞれの苗の間に虫が来ないように長ネギを植えている。あとは追加で何かを…。90l完了だ。
 もう一面にはジャガイモ、カボチャ、枝豆。秋の収穫がいまから楽しみだ。
 
2016/05/20    子キツネ
 好天が続いています。この日も午前中、ボチ畑に行ってインゲン、タマネギ苗に水遣り。またもカラスにタマネギ苗1本が抜かれていた。他にもちぎった跡が…。犠牲苗はまだ少ないからいいようなものの、カラスの野郎!ですな。
  こだわりの父さんはせっせとタンポポ刈り。しかし、なかなか草刈り機のエンジンがかからず四苦八苦。山さんにSOS。山さんの気合で動き出したとか。
 あたしは水遣り後、子キツネの探索に。畑から奥30メートル位のところの使われていない下水管に巣があった。子キツネ3尾を確認した。音を立てずにデジカメを構えると気づかれ下水管に逃げられた。
 それでも1尾が出てきて、こちらをジイーッと見ている。シャッターチャンスだ。でも草が邪魔、そのうえ望遠でないので、被写体の小さいこと。それでも何とか1枚をゲットした。
 帰りに長万部造園に寄ると頼んであるナス、トマトなどの苗はあす入るという。ということは、あすは野菜苗の植え付けだ。また、弁当持参で行くかな。
2016/05/19    酷かった
 きのうの女子バレーの五輪最終予選を見ましたか? 酷かったですね。日本も真鍋監督の采配もチャレンジルールも。もっと酷かったのはサンスポのバレー面。取材記者も整理記者も酷かった。「6点差からミラクル大逆転」の見出しが躍っていた。ま、うわべだけを見ると間違いではないが、問題意識のかけらもない紙面作り。スポーツ紙が売れなくなるわけだ。
 大見出しは「警告2点に救われた日本」でしょ。あのタイの監督は「日本のスポーツショー」と激怒したとか。タイサイドの原稿もまったく掲載されていなかった。
 2セット目のチャレンジでは真鍋監督もレッドでしょ。日本で開催だけに何か釈然としないね。
 それにしても、日本は酷かった。期待の古賀は使えないし、木村は絶不調、そのうえ右手小指をケガ…。センターの荒木、島村も機能せず。荒木なんてレシーブミスは多いし、ここ一番のサーブもミスだらけ。なぜスタメンなのか…。リベロの佐藤も佐野と比べると格落ちは否めない。
 唯一、好調だった長岡を2セット目から迫田にチェンジ。長岡を外すとは…。もちろんアジアに強い迫田は古賀に代わってスタメンでしょ。 真鍋采配は疑問だらけだった。
 そして、真鍋監督のインタビュー後に「マナベ」コールが沸き起こった会場…。ブーイングならわかるが、ミーハーなファンが多すぎるよ。それに加えジャニーズのガキ応援団。ウザすぎます。
 それにしても、野球のコリジョンルールもバレーのラリー中のチャレンジOKとスポーツの醍醐味をそぐ新ルール。何かがおかしい!
 
2016/05/17    長万部に明日はない
 ここ長万部町最大のイベント、かに祭りが7月2、3日に行われる。某飲食店関係者が嘆いていた。何でも今年は北海道新幹線の函館まで開通記念として初日の夜、3000発の花火を打ち上げるという。金額は書いていないが、寄付金の要請があったという。
 当の関係者は「協力するけど、かに祭りで、ウチの客が増えるわけでもない。祭りで出店するところが、当然、いっぱい寄付してほしいよ」。
 ここ長万部では、寄付は任意であるはずなのに、強制的なものが多い。まずは町内会費。これは街灯、ゴミステーション代など、もちろん払わなくてはいけない。しかし、町内会費と共に福祉協議会会員費として500円を徴収される。その他、祭り、神社の改築、赤十字、赤い羽根に至っては1本500円…。有無を言わせず徴収に来る。都会では考えられないことだ。田舎暮らしを快適にするため「ハイ、分かりました」と払ってはいるが、なんとなく納得できない部分もあることは否めない。
 
 かに祭りに花火ですかー。安直すぎませんかね。花火3000発を打ち上げるには、調べると約1000万円がかかるという。寄付と補助金があるからできることだけど…。
 たかが花火…。チャンブーがいたら大変なことになっていた。犬の天敵は花火なのである。気が狂ったように怯え、逃げまくるのだ。かつてニセコにいたアミちゃんは花火大会があるとノンちゃんを連れてシャマンに避難してきていた。猫も花火に怯え、終わるまでどこかに隠れている。猫本を読むと花火は猫へのストレスを相当与えるものであると…。ということは、2日夕方から長万部から犬猫が消えるー。ペットを飼っている家には迷惑だけである。
 それでも花火ですかー。はっきり言って能無し企画ですな。「奇麗だね」がほんの僅かなだけ。心には何も残らない。道北・枝幸のかに祭りは確か先着500人だったか、毛がにをプレゼントしている。1000万円あれば、1000人に配っても、おつりが来るよ。どうせなら枝幸を超えなさいよ。
 新幹線を核にした町創り、そしてかに祭りに花火…。町のトップがこれじゃ、長万部には「明日はない」。絶対に!!
 
 
 
 
 
 
2016/05/15    ボチ畑での弁当は最高!
 13日の金曜日にはタマネギ苗150本、14日の土曜日はジャガイモ。メイクイーン2列、とうや1列、北アカリ1列、男爵1列を植えました。共に好天で弁当を持参。昼のサイレンを聞くとさっそく頂きました。弁当も空気も「旨い」。最高ですな。
 食べていると久しぶりにキツネにも遭遇。野ネズミをくわえ子のいる巣へ持っていくところみたいだった。何でも子キツネは5匹いるとか。耕運機をかけるツトムちゃんが見たとか。
 
 ところで、サンスポの見出しにひと言。五輪切符をかけた女子バレーの戦いが、前夜から始まったが、木村沙織の特集で女子バレー史上初の「4度目出場」とあったが、これは「4大会連続出場」なのか紛らわしい。
 またこの日の3面の今永。「岩貞に投げ勝った」とあるが、この阪神・岩貞って大投手なの? 何かしっくりしなかった。もうひとつは、女子バレー初戦でママになった荒木を取り上げていたが、ヴィジュアル的にも20得点をあげた長岡でしょう。あの暗い顔を朝から見せられたら気分も暗くなりますよ。
 
 この日、タマネギの水遣りにボチ畑に行った。植えた苗2本が抜かれていた。4年前の悪夢が甦った。カラスに200本すべて抜かれたのだった。ま、2本だけなら…良しとしよう。カラスのかってでしょはダメですぞ。
 
2016/05/11    何かが違う
 この日は雨…、ということでアマゾンで購入したサンスポ記者から作家に転向した楠山正人こと本城雅人の「トリダシ」を読んだ。この本はスポーツ紙のスクープの裏側とドロドロした新聞社内部が描かれているが…。ま、こんなもんでしょう。
 ところで大相撲が始まった。この日は4日目。我がジジイたちは午後3時半過ぎから民宿シャマンに集まり、お茶などを飲みながらペチャクチャが日課である。当然、相撲、野球などテレビ観戦しながら、だ。九州場所では、あの中州のママさんの着物の色、艶やかさに一喜一憂し、相撲以上に盛り上がっている。そして、琴勇輝の時間前には全員揃って「ホウッ」。みな楽しんでいた、それが…。白鵬の「雄叫びは見苦しい」との発言に審判部が「ダメ出し」。ということで、琴勇輝が「ホウッ」を封印してしまったのだ。おいおい、だ。
 この日、白鵬がまたダメ押しした。こちらの方が余程見苦しいよ。そして、今場所も引き、はたきの多い、つまらない覇気のない相撲ばかり。こちらの方が問題ですぞ。何か違うのではないかい。
                ◇
 あすのスポーツ紙が楽しみである。スポーツ紙に未来があるか、ないかー。
 甲子園で神ー巨が行われた。そこで”事件”が起きた。今年からホームのクロスプレーを巡って走者の体当たりは禁止、捕手など野手のブロックはダメとなったコリジョンルールができたのだ。
 巨人は二回、脇谷のセンター前ヒットで二塁走者の小林がホームを突くが、大和の好返球で文句なしのアウト。これぞプロ野球の醍醐味。それが…、ビデオ判定でセーフとなったのだ。金本監督が怒った。当然だ。捕手はブロックはしていないし、ちゃんとホームベースに足が入る隙間も与えていた。これがセーフなら、捕手は何も出来ないよ。このルール何かが違う。
 コリジョンルールの曖昧さ。プロ野球の醍醐味を奪う悪ルール。当然これが一面だよね。最低でも
「巨人、コリジョンルールで勝った」
というい見出しが見たいものだ。
 各スポーツ紙の問題意識は果たして…。ま、道新スポーツ一面は「中田、大谷アベック弾」だね。ここは問題意識のかけらもないから。チャンチャン。
 
 
 
 
 
 
 
 
2016/05/10    GWが終わった
 大型連休GWが終わった。晴耕雨読のこちとらにはGWは関係ないが、この季節が大好きなのです。
 家の周りにスイセン、チューリップ、サクラが咲き誇り、芝桜もピンク色に染めるからですわ。猫のソラはベランダ前で日向ぼっこ、そしてスズメなどの鳥たちを窓ガラス越しに狙っているというか、逆に遊ばれていると言うか…。天気の良い日は、暖かくなった9時ごろからベランダでまったりするのが日課だ。
  
 GWですが、アタシも人並みに函館方面に出かけてきました。いつもの大山夫妻と裕子さんの母、静狩ばあちゃんと3日朝8時出発。森のサクラ祭りを眺め、まずは砂原の道の駅に。次は鹿部の間欠泉を見て函館へ。裏道とあって道は空いていてスイスイ。函館湯の川の団子屋さん「銀月」のごま団子は美味しかった。1本108円也。函館を抜けて今回の目的地の木古内の道の駅へ。駐車場は満杯で駅裏の第2駐車場へ止めて、そこから木古内駅を抜けて道の駅へ。そこのレストランは何度もテレビで紹介されたところ。昼時とあって長蛇の列。即あきらめ外の焼き牡蠣コーナーへ。ここも人、人。ということで、途中見かけた水産加工会社がやっている道端のテントで焼き牡蠣、塩焼きそばで腹ごしらえ。裕子さんは牡蠣3個をぺロリ。「旨かったぁ」。
 そして、北海道新幹線の始発駅である函館北斗駅に向かった。駅が見える直線道路の両脇にはサクラが満開に。道新で紹介された法亀寺のしだれ桜は昼間でも良かった。ここも人、人…。函館北斗駅の駐車場も満杯。なんとか止めて駅へ。裕子さんとお母さんは新幹線を見に2階へ。こちとらは食べ物ブースを行ったり来たり。晩飯用のステーキ弁当を買った。帰りは大沼ー森がちょい渋滞したが6時過ぎにご帰還となった。それにしても静狩ばあちゃんは元気だ。足も衰えておらず、これなら100歳越えも夢ではないね。
 GWが終わり、畑が待っている。この日は、タマネギとジャガイモの畝作りに精を出した。あすは雨予報なので植えるのは週末になりそう。6月になると渓流釣りも解禁…、忙しい日が続きそう。

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/5/29