ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2015/12/29    今年も…
 あっという間の1年でしたね。今年も残すはあと2日となりました。
 思い起こせば、いろいろあった1年でした。
 @チャンブーの死
 A5年ぶりの東京
 Bボチ畑での大収穫
 C親戚、友人らとの別れ
 D15年連続高橋真梨子ライブ観戦
 E来長メンバーがサクラマス3本ゲット
 F10年ぶりにパチンコにハマる
 G7年連続牛舎で労働
 H猫そらスクスク成長
など…。そして大晦日に年末ジャンボ大当たりが1位にランクインなんちゃって。ということで、みなさん、良いお年を! グッドラック!
 
  
2015/12/25    東京物語その5
 「コバさん、元気なの」と、屈託のない笑顔で美奈ちゃんが話しかけてきた。この娘は女子大生の時、ギャロップで編集のバイトをしていた。文章力が抜きん出ていて、芹澤氏が高く評価。GT馬のふるさとを訪ねての連載を書かせていた。そして、馬の血のドラマの本まで出していた才女である。
 卒業後もギャロップにいて、社員となり芸能記者になっていた。
 「最近、署名入りの原稿を見ていないけど…」と言うと、「いま、デスクなんですよ」。あの女子大生が今デスク…。いやはや歳を取る訳だ。
 クロークに預けたバックを取りに行くと右腹をつつかれた。振り向くと作家に転向した本城雅人とこと楠山正人だった。「アマゾンで本を買っているよ。でも、食べていけるの?」とバカなことを聞いてしまった。楠山は笑顔で「100冊くらい買ってくださいよ」と。
 楠山はメジャーリーグを題材にした「ノーバディノウズ」で松本清張賞の有力候補になった。次々に新作を発表している。イケメンでおしゃれで週刊ポストで特集されていた。野球、メジャー、競馬記者だったが、取材相手に可愛がられていた。明石家さんま、武豊とはゴルフ仲間だった。何とか大きな賞を獲ってもらいたいものだ。
 その後、新旧のギャロップメンバー14人で乃木坂界隈をみんなが入れる店を探し、やっとイタ飯屋さんに。ギャロップは月曜日が休みとあって、みんな即ビール、ワインなど注文。そして昔話に花を咲かせた。年長の元インテリトラックマンの績さんが、「たまにみんなで集まって芹ちゃんの追悼をしよう」と、締めてお開きとなったのでした。
 夕方、地下鉄に乗ると人、人。降りるとみんな早歩き。これが東京かー。あたしは完璧に田舎のおっさんでした。
 それでも久しぶりの東京。会いたかった人たちに会え、十分満喫しましたよ。                       完
 
2015/12/20    いいものを見た
 好天のサンデー。最近寝不足だ。猫のソラが私が寝ると起きだして「遊んで遊んで」と寝かしてくれないのだ。2歳半、まだまだ子供なのかー。
 この日、凄いものを2つ見た。まずは競馬だ。朝日杯…。Nリオンディーズが1勝馬の身でありながら、ほぼ最後方からゴボウ抜きでGTを射止めたのだ。馬友ダボハゼが予想で本命を打ち、来年の3冠馬の器と推していたが、ホント強かった。来年が楽しみになった。
 そして夜、クラブサッカー世界一決定戦で見た。バルサの高度なサッカーを。メッシの先制点は鮮やか過ぎるし、スアレスの2点目、3点目もこれぞのものだった。これまで50年以上世界のサッカーを見てきたけど、メッシが文句なしにナンバーワンである。そしてスアレスはFWとしてナンバーワンと認めた2撃だった。これまではACミランのファンバステンだったけど、スワレスは彼以上だった。
 
 
2015/12/18    東京物語その4
 まず青山葬儀所の受付へ。有馬本の編集長を務めたトレンドシェアの小松さんに挨拶。メールのやりとりだけで、初めて会った。意外と若かった。そして、タバコを吸っていると懐かしい顔が続々と現れた。ほとんどが9年ぶりだ。
 芹澤氏のお別れ会の発起人は錚々たるメンバーでノーザンFの吉田勝己さん、岡部幸雄元騎手、井崎脩五郎さんを始め歴代のサンスポレース部長ら、だ。昔のギャロップ時代の仲間たちと話していると、鈴木淑子さんが、こちらに会釈をして会場に入っていった。相変わらずお奇麗です。テレビよりも断然でした。
 会場に入ると10メートル以上もある祭壇にびっしりと白菊がおおわれ、ニッコリと笑顔の遺影を浮かび上がらせていた。デザイナーの竹内のおばさんらと席に着くと斜め後ろから視線を感じた。振り向くとギャロップでカメラマン助手をしていた幸ちゃんだった。ニッコリと笑い手を振ってきた。相変わらずひょうきんものだ。
 坊さんのお経でお別れ会が始まった。そして弔辞。まずは、病と闘い這ってでも参列すると言っていた巨泉さんだったが、腸閉塞の手術のため弟さんが代読した。次に作家の伊集院静氏。そして井崎脩五郎さんが次々に泣けるエピを披露した。喪主に続き舛添都知事からお焼香が始まり、そして厳かにお別れ会は終わった。喫煙所でタバコを吸っていると先ほどの幸が現れ、いきなりハグをしてきて腹を触って「エヘへ」。いまは天下の朝日にいると言う。
 そして、その横には美奈ちゃんがいた。東京物語は続く。
 
 
 
2015/12/13    東京物語その3
 東京3日目は11月30日。午前11時から青山葬儀所で芹澤氏のお別れ会だ。御成門のホテルからは地下鉄で15分ということで朝食をホテルでゆっくり食べた。
 そこは仙台の焼肉屋の直営店で和定食を頼んだ。牛タンのしょうが焼き、麦とろ飯、鮭のハラス焼きなどで意外と旨かった。そして、早めにホテルを出た。
 芹澤氏はサンケイスポーツの書ける競馬記者で取材力もあり、社台Fの総帥である吉田善弥さんに食い込み、大橋巨泉さんとは競馬の師弟関係にあった。夢であった週刊の競馬ブックと並ぶ競馬雑誌ギャロップを発案し、初代編集長を務めた。競馬ブーム、バブルに乗って、雑誌は売れに売れ、当時、産経の内部では札束を刷っていると言われた。
 私は発刊2年目に1年間デスクとしてその雑誌にかかわった。毎日が勝負の新聞と違って、そこの1年間は部下の2人(現在サンスポの中枢)が優秀だったこともあり、29年間の激務の中で、天国の場所だった。そのうえ、ニューヨーク出張まで行かしてくれた。そこで雑誌のノウハウを学び、のちに五輪、W杯サッカー速報、帰ってきた背番3など20数冊の臨時増刊を編集した。極めつけは、あの9・11米国テロである。一人編集で2日徹夜して3日目に発売した。これギネスもんと今でも思っている。そしてその雑誌は売れて1億円近い利益を上げた。ま、過去の栄光ですな。
 芹澤氏はその後、編集局次長、特別記者、いま飛ぶ鳥を落とす勢いの1口馬主のキャロットクラブの取締役を経て退社した。
 私も移住を決め退社した後、中野で酒席を共にした。「コバちゃんねぇ、これから競馬関係の会社を立ち上げて、本を出すから、その時は手伝って!」と懇願されていたのだ。
 そして2年前、芹澤氏から連絡があった。「JRA60周年を記念して名馬の本を出すので、よろしく。監修は親友の井崎さんで、JRAのロゴもOKだから、思い切り見出しなど遊んでいいよ」と。
 ということで、上下あわせて240頭の見出し、原稿を書いたのでした。再び今夏。今度は「有馬記念全軌跡を出すよ、また、よろしくね」。その雑誌が10月28日に発売したあとの、まさかの訃報だった。聞くところによると11月8日に東京競馬場でのイベント、有馬の達人・野平祐二さんを語る会に巨泉さんの代役を務め元気一杯だったという。その翌日にくも膜下出血で…。
 
 青山葬儀所には30分以上前に着いた。久しぶりの東京は続く。
2015/12/12    東京物語その2
 東京2日目は11月29日、日曜日。東京競馬場でジャパンカップが行われた日である。久しぶりの東京。競馬も見たかった。そこで東京は混むので、中山競馬場に行くことにした。午前9時、西船橋で待ち合わせ。また駅構内で立ち食いそばを食べ、改札を出るとナベさんが待っていた。5年ぶりに再会だ。
 きのうの麻雀でのトリプル当たりをぼやくと、ナベさんは「アリアリでもトリプル当たりは流れだよ」とキッパリ。やっぱりねぇ。競馬資金ができたので、ま、いいか。
 ダボハゼも合流して、いざ中山競馬場へ。1000円で指定席を購入。オーロラビジョンもあり、席にはテレビもついている。中山で正解だった。
 そして、新馬戦前に、抗がん剤を打ったあと一時退院している後輩よたろうが顔を見せに来た。パドック前で待ち合わせ。顔色もよく、「これなら大丈夫だな」と確信した。よたろうの元気な姿を見て、まずはひと安心だ。
 競馬は阪神7レースで2万円弱の3連単をひっかけ、それも間違って100円でなく200円を買っていたので、JCを含め十分楽しめた。面白かったのはダボハゼのボヤキだった。本命が直線に向くと行方不明になり、おまけに落馬もあり…。「あ〜ぁ」のため息ばかりだった。案の定みんなJCを外し、早々と中山をあとにした。
 これから高田馬場で仲本と合流だ。再び麻雀。ホント我ながら好きですねぇ。東京で食べたいものが一杯あったのに…。神田まつやか藪蕎麦でのそば。人形町玉ひでの親子丼、駒込玉勝のちゃんこ、叙々苑のカルビスープ、大勝軒のラーメンなど…。
 この日も立ち食い蕎麦に的中幕の内弁当だけだった。そして、チョイ負けの麻雀後、勝った仲本が「おいしいものご馳走するよ」ということで店を探したが、どこも早稲田生でいっぱい。結局、回転寿司の三崎港へ。東京2日目も、「ま、いいか」で終わったのでした。明日はメーンの芹澤氏のお別れ会。東京物語は続く。
 
2015/12/10    モネも…
 きょう12月10日はチャンブーの5回目の月命日。月日の過ぎるのが早い。この前、チャンブーが死んでから始めて夢に出てきました。ニコーと笑って去っていきました。きっと最後の別れに来たのでしょう。
 そして…。民宿シャマンの仲居頭の雌猫モネが、きのう午後3時30分過ぎに山さんに看取られ亡くなりました。来年で23歳…、大往生です。モネとの出会いは10年前、北海道への移住地を求めての旅でシャマンに泊まった時だった。すぐになついてきたけど、こちらが、しつこくすると「シャー」と威嚇され噛み付いてきた。「私は安くないわよ」と言っているようで、気品があった。モネには1歳違いの娘ブッチャンがいて、2匹がストーブ前で寝ている姿は微笑ましかった。
 今年になって、めっきりと元気がなくなり、人間と同じ認知症も患っていたみたい。なんとか今年いっぱいは頑張って欲しかったのですが…。いつものように午後4時過ぎにシャマンに顔を出すと山さんの目は真っ赤。2年前に愛妻の小夜ちゃんが亡くなり…そしてモネまでが…。山さんが心配ですが、民宿の客も入っており、大丈夫と思うが…。チャンブーについでモネまでも…。ペットの死は本当に辛い。時間が解決するしかないです。モネよ天国でチャンブーが待っているよ。そして小夜ちゃんも。ただただ合掌。
2015/12/08    久しぶりの東京その1
 今年も師走となりました。ここ長万部も雪が降ったり止んだり、この日は久しぶりの晴天となりました。
 ところで先月末に5年ぶりに東京に行ってきました。戦友であり先輩のお別れ会(後述)と後輩の見舞いにです。
 暴風雨雪が凄かった合間の27日に札幌の姉の実家に1泊して28日に東京に。普段の行いがいいのか千歳も、羽田も晴れ間が広がってました。飛行機を降りると暑い。15度以上あり、すぐに嫌な汗が…。御成門のホテルにアーリーチェックインして、午後3時の待ち合わせ場所、新橋SL広場へ。すでにダボハゼが待ってました。そして山ちゃん、後輩の大月ジュニアが現れて、そう、アタシの歓迎中国語研究会の開催です。
 いやぁ、つきまくって9回をオールプラス。ラス前にラストをひいたが、それでも大幅プラス。そしてオーラスの回を迎えました。そしてラス親で連荘。またリーチをかけて、逆転トップを狙っていたところ、流れ寸前に嫌な感触で六萬をツモ切りすると山ちゃんがロン、ダボハゼもロン、そしてジュニアまでもロン。 「トリプルロンは流れだよね」と言うと、山ちゃんが「アリアリだから当たりです」と。ダボハゼも「そうだよ」と。ジュニアだけが首をかしげていたが、跳ねマン、跳ねマン、マンガンを払って飛び。うーん、納得できない。ま、大勝ちしていたので「ま、いいか」で終わりとなりました。帰りに立ち食い蕎麦屋でかき揚げ天そばを食べてホテルにご帰還です。羽田でもそば…、久しぶりの東京。美味しいもの食べたかったぁ。東京2日目は競馬。ジャパンカップです。東京ではなく中山に出陣しました。
 東京物語は続くー。

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/3/30