ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2015/07/30    あれから…
 月日が経つのが早いです。ここも連日蒸し暑い日が続いています。そういっても、25度前後ですけど、ね。
 チャンブーが死んで20日…、まだ信じられません。ペットロスには、なんてと思ってましたが、完全にペットロス状態ですわ。体がだるいし、肩こりはひどいし、何もやる気がおこらない…。いやはやですな。救いは猫のソラが大人になったことです。随分おとなしくなりました。きっとチャンブーが出て来て説教されたのかも。
 そして7月もあと1日。祭りが終わると秋風が…。その前になんとかしなくちゃ、ね。
2015/07/21    追悼ツアー
 チャンブーが死んだ後、トオルオー夫妻から「何か美味しいものでも食べに行きましょう」と、誘いがあった。
 ということで、前日の海の日に出かけた。トオルオー夫人の裕子さんとそのお母さんの4人、いつものメンバーだ。目指すは4月に開店した倶知安のインドカレー店タージ・マ・ハール。その前に、あの細川たかしの故郷・真狩の道の駅に寄り、そして羊蹄の名水を汲み、そこの豆腐店に寄った。水汲み場には、車の列、列。100人近くで溢れていた。なんと八王子ナンバーの車まで。水を汲んだあと、豆腐店へ。試食コーナーでゴマ、チーズなど色々な豆腐をつまんだ。いずれも美味だ。厚揚げ、おぼろ豆腐、豆腐ドーナツを買った。そして倶知安にちょうど正午到着。
そこの店員は裕子さんが言う通り、沖縄の歌手、夏川りみにそっくりだった。ちょっと太めだったけど…。私とトオルオーはチキンのスープカレーセット。裕子さんとお母さんはベジタブルスープカレーセットを注文した。アツアツのナンが旨い。80過ぎのお母さんも「始めて食べたけど、おいしいね」とニッコリ。笑顔がかわゆい。そして、みんなが残すことなくペロリ。来たかいがありました。
 その後、ニセコの高橋牧場に寄り、飲むヨーグルトなどを買ってご帰還となりました。家に着くと、猫のソラが窓のところでお出迎え。お母さんが「可愛いね、置物みたい。チャンブーが居なくなってもソラがいるからいいね」と。ソラは何となくチャンブーが死んでから、急に大人になったみたいだ。これからはソラと二人三脚。チャンブーの分もですな。
 
2015/07/14    ぽっかりと…
 チャンブーが天国に旅立って4日がたった。暑い日が続く。2年ぶりの30度超えも。そういえば、チャンブーは暑さが大嫌いで典型的な冬犬だった。
 今朝、久しぶりに牛舎に行った。4時30分、玄関を出るとチャンブーはいなかった…。いつもなら尻尾を振り振り立ち上がり、「こっちに来て」と、手招きするのだが…。妙に寂しくなった。
 チャンブーに心残りが一つだけある。それは猫のソラを飼ったことだ。それまで冬の夜はチャンブーを家の中に入れていた。チャンブーがベッドで寝て、アタシが布団で寝た。寒いと必ず布団に潜ってきた。それがチャンブーの楽しみだったかも。それがソラを飼って2年、家の中はソラに取られチャンブーは物置小屋に。でもチャンブーはソラに優しかった。ソラがシャーと威嚇しても軽い猫パンチを見舞っても、動じなかった。でもきっと家の中にいるソラが羨ましかったに違いない。それだけが心残り…。チャンブーの存在…。ポッカリとアタシの心に穴が空いている…。
2015/07/10    チャンブー天国に
 前日、一気に弱った。ご飯は食べず、おしっこに連れて行くが歩けない。姉が帰る前、こだわりの父さん、もりみさん、山内さん、そして祐子さんが様子を見に来た。チャンブーは最後の踏ん張りを見せ、尻尾を振り振りした。
 夕方、姉が札幌に帰った後、7時のおしっこもチャンブーを抱きかかえて外に出し、なんとかおしっこをしてくれた。モノは食べない。そして、12時過ぎにも抱えておしっこを。家に戻るとチャンブーは、ぐったりと腹ばいになり、気持ちの良い寝息をたてた。苦しさがないのが救いだ。私も横になった。
 午前4時すぎ、携帯の目覚ましが鳴った。目を開けるとチャンブーが横にいて、笑っているように見えた。おしっこへは行けないくらい衰弱している。
 朝7時、突然起き上がった。私がリードを持ち「散歩に行くよ」と言うと、玄関へヨレヨレしながらも歩き出した。外でおしっこ。きょうも天気がいい。でも気温は9度。寒い。
 家の中に入ると、またスヤスヤ。そして窓を開けた奥の部屋にほふく前進。腹ばいで寝た。
 9時すぎに八雲の動物病院へ電話した。「きょう注射の日ですが、体力がもうないので、静かに見守ります」と。
 10時25分、チャンブーが立ち上がり足を突っぱねて私のところに倒れ込んできた。頭を撫でるとパソコン部屋に向かった。この部屋は私がパソコンをいじると必ず横に座っていたところだ。そして、また私のところに来ようとしたが、石油ストーブの横でバッタリと倒れた。ケイレン4度、その度に舌を出す。噛まないように私の手を口の中に…。10時30分…息を引き取った。
 午後4時すぎ、移動式火葬車が来た。煙が陽炎のように天国へ上がっていく。みんな見送りに来てくれた。みんなに可愛がられたチャンブー。わずか8歳の犬生だったが、きっと幸せだったに違いない。焼き場の人が帰り際に言った。「こんなに犬に線香をあげていく人たちを初めて見ましたよ」と。それはきっとチャンブーの犬徳だったんだね。
 チャンブーよ、安らかに!
 
2015/07/07    チャンブーその後
 29日に「溶血性貧血症」を発症したチャンブーはその後も一進一退の状態が続いています。先週土曜日は医師から、何があっても不思議ではない状態と宣告されたが、山さんが見舞いに来た途端、ジャレてビーフジャーキーを食べ、私の晩御飯の牛肉弁当のお肉をほとんど平らげた。まずは第一段階クリアです。ちょっぴり一安心。
 そして翌日曜日、動物病院は休診なのですが、午前9時に注射を打ってもらいに。医師は、ご飯を食べたことに笑顔も。でもまだ「危ない状態」は変わりないと。帰りの車の中で思わずグッタリしているチャンブーに「頑張れ」と。
 きのうは札幌の姉が様子を見に来ました。尻尾を振り振りしてちょっぴり元気な姿を見せたが、ほとんど横たわっている状態なのだ。しかし、斎藤ちゃん、そして”恋人”祐子さんが来ると玄関を出て、駆け寄って行ったみたいだ。夕方にはウンチを頑張って3度して第2段階クリアです。いいぞチャンブー。
 きょうは飲み薬だけで、注射は休みの日。朝から元気がなく、食べ物もあまり口にしない。薬を魚に挟んでやっと飲み込んでくれた。まだ足元がおぼつかないが、みんなに愛されているチャンブーは、蘇るでしょう。きっと。
 
2015/07/03    チャンブーがヤバイ
 今年も半分が終わりました。東京からの6人衆のあとは、長嶋さんの取材の前に再びシミちゃんが30日、寄って行きました。
 チャンブーはいつもなら吠えるか尻尾振り振りするかの歓迎をするのですが、じっと見ているだけ。29日から、ご飯を食べずグッタリしていたのです。
 ということで翌日、シミちゃんが心配して千歳に向かった後に隣町の八雲の動物病院に連れて行きました。ここは6年前に来院しています。牛舎のミルクの飲みすぎで1週間何も食べなかったので連れて行きました。ところが、そこの可愛い看護師さんが缶のドッグフードを開けるとチャンブーはなんとペロリ、ということもあって、あまり心配していなかったのですが…。
 熱もなし痛いところもなし。そこで血液検査です。注射が嫌いなチャンブーだが、弱っているのか、すんなりと終わり。15分後に結果が…。
 「溶血性貧血症」
という聞きなれない病名が…。
 医師の説明を受ける。「赤血球が異常に少ない。作る機能が壊れている」と。「原因不明で突然発症するいま犬に多い病気です。とにかく絶対安静でしばらくステロイドの注射を打ちましょう。入院…、いや飼い主と一緒にいたほうがいいので、毎日通ってください」。
 その言葉に当方はショックで「……」。
2日から猫のソラをこだわりさんに預け、チャンブーとの闘病生活が始まりました。まだ8歳…、頑張れ、いや頑張るチャンブー!

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/11/19