ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2009/10/31    巨人負けた…?
 この日も朝4時半起き。まずは牛舎の手伝いだ。車のフロントガラスは凍っている。風も冷たい。もう完全に冬ですわ。
 町営牧場に放牧されていたナンバー751のモー娘が帰ってきた。来春には牛舎に入る。いまは牛舎裏手の山すそに放牧されている。3時間の作業が終わり、Y一とモー娘を見にいったが、20頭あまりが遠くにいて、判別できなかった。ちょっぴり残念。
 9時前に帰宅した。10時からはボチ畑共同エリアのヤーコンの収穫だ。チャンブーも連れて行くことにした。総勢16人での収穫。あっと言う間に終わった。チャンブーも畑を目一杯走り回り満足したみたい。
 このヤーコンはメタボ改善に効果がある、いま注目されている野菜だ。特に血糖値を下げ糖尿病に効果あるという。一見、サツマイモのようだが、少し柔らかく食べるとシャキシャキ感がある。サラダ、キンピラ、チップス、漬物などに…。乾燥させた葉、茎はお茶として利用できる。雑草にも強く、手間がかからない。これからのボチ畑の目玉商品として最適野菜なのだ。
 そのあと、みんなでランチ。ちょうど町民文化祭が行われていて、ソバ打ち名人たちの手打ちソバを舌鼓。かけに辛味ダイコンをぶっかけてのものだが、旨い、体も温まりました。
 
 そして本日のメーンイベントは日本酒を味わう会でやんす。7時、民宿シャマンに集合。各人が酒の肴1品持参である。あしたは牛舎にヘルパーが来るので休みとなり、ゆっくり飲めることになった。7時過ぎに行くと、すでに盛り上がっていた。みんなテレビの日本シリーズに釘付けだった。
 テーブルに並んだ酒の肴は正月か結婚式の料理みたいだった。ハタハタの唐揚げ、サンマの味醂漬け、ジャガイモ煮、イカとダイコンの煮物、ニシン、ホッキの刺身、ニシン漬け、酢の物などなど。極めつけはE子さんのお母さんが作った煮しめだ。これとダイコン煮は絶品だった。酒は新潟の祐村、剣菱など。
 旨い酒に旨い料理とあって、総勢18人みんな笑顔、笑顔のオンパレード。テレビの前は日ハムファンが陣取っている。Mさん、Sちゃん、山さんらはハムグッズで応援だ。ハムの反撃が始まると、その勢いは最高潮に。オイオイ、北海道って日ハムが来たと言ったって、もともとは巨人ファンが多いところだろう。
 いましたよG党が。我が夢倶楽部の理事長のMさんが…。必死で対抗している。九回、巨人のピンチ。勢いづくハム軍団だったが、それまでだった。でも巨人は勝ったけど応援は完敗だった。改めて思った。プロ野球の地方分散っていいんだな、と。
 
 この日の飲み会に女性は6人。シャマン夫人サヨちゃん、理事長夫人のE子さん、O夫人、その友達の看護師のダブルゆうこさん、Y夫人のNさん、そしてK写真館夫人のIさん。みんな美人なんですわ。そのうえ愛嬌があるんです。ここ長万部に来て一番びっくりしたのが、奥方がみんな綺麗であったことなんです。長万部は元気のある爺、婆と女性陣でもっているということに、間違いない!
 二次会はカラオケとなりましたが、こちとらは朝が早かったこともあり、一足早くごっちゃんでした。
 家に帰ると、酒も冷めて寒いのなんの。チャンブーを湯たんぽ代わりにして、寝るとするかー。
  
2009/10/26    新手の振り込め詐欺
 先週から朝4時30分起きとなった。再び牛舎通いとなったからだ。3時間ちょいの重労働ですが、気持ちのいい汗をかいている。でも歳のせいか、ちょっぴり腰にきていますわ。ということで、朝のチャンブーの散歩は、いつもより手抜きです。その代わり午後にボチ畑に連れて行き、リードを離して、思い切り走らせています。チャンブーよ、文句あるかー。
 そのあと、民宿シャマンに寄り、コーヒータイムが日課。そこにはチャンさんはじめチャンブーの散歩要員がいるし、ね。この日、チャンさんがいない。月曜日定休の整体のRちゃんもいない。聞くとモーリーさんの鶏小屋の修復の手伝いに行ったとのことだった。チャンブーはがっかり。ピーピー鳴くし、遠吠えするし、あまり吠えないチャンブーが吠え始めた。まるでごねる赤ちゃんと一緒だ。仕方なく散歩に連れ出した。
 散歩コースはチャンブー任せ。どんどん先に行く。そしてラーメン店「こだわり」の厨房のドアの前にお座りする。右前足でドアをトントン。中から、あすの仕込みをしているお母さんが出てきた。「ワンちゃん、ちょっと待っててね」と言い、おやつのビーフジャッキーを持ってきた。チャンブーは「待ってました」と言わんばかりだ。ちゃんと分かっているんです。
 そこで立ち話となった。お母さんが「これ、新手の振り込め詐欺よ」と言い、手紙を持ってきた。それはディズニーシーからだった。中身を見せてもらった。そこには、年間パスポートに当選致しました。6万円振り込んでくださいと。振込み用紙がついていた。お母さんは「私こんなの応募していないし、このロゴ、似ているけどちょっと違うんだよね。事務局の住所も○○郵便局 私書箱になっているし、絶対に振り込め詐欺だわ」。
 これ、絶対に引っかかっている人がいると思う。みなさん、くれぐれもご注意をー。チャンブーはおやつに満足したのか、この立ち話を、きちんとお座りして聞いていました。
 
2009/10/25    海は怖い
 仕切り直しとなったカレイ狙いの船釣りでやんす。朝4時50分。まだ真っ暗だ。それなのに一緒に外に出たチャンブーは散歩だと思ってか、ジャレまくる。残念でした、留守番ですよ。ちょっと早いが餌を与えると黙々と食べる。そのスキに待ち合わせのシャマンに向かった。仕切り直しに意気込む山さん、チャンさん。
 長万部漁港を5時半に出船。やっと明るくなってきた。天気はいい。風もそんなに吹いていない。絶好の釣り日和と思ったが、波が高い。この前、即船酔いしたチャンさんが心配だ。まず長万部沖100bで仕掛けを降ろした。食いが悪い。しばらくたって山さんが釣り上げたが型は小さい。ということで、船は国縫沖へ移動。ボツボツと釣れ始めた。薬が効いたのかチャンさんも釣りに没頭している。しかし、なかなか釣れない。そうしてるうちに、チャンさんがリールを巻き始めた。竿がしなる。釣りました。初獲物は38aイシガレイだ。思わずチャンさんニッコリ。いい笑顔だ。よかった、よかった。
 こちらの竿も大きくしなった。上げると3尾ついていた。それもすべて30a以上ある。イシ1枚にマガレイ2枚だった。
 そのとき、山さんが大声をあげた。振り向くと大きなイシガレイ。隣のTさんが計測すると41a。山さん「きょうは、これでよし。ゲロしたかいがあったよ」と、満面笑み。撒き餌効果あり、か。
 こちらも数は出ないが、型がいいのが結構釣れた。最大は39a、30a以上が12枚あった。締めて38枚。いつもの半分の釣果だったが、十分堪能できた。
 10時過ぎて風が強くなり波も高くなって海は一変した。ということで10時半に納竿となった。
 
 そこからが大変だった。高波の中、猛スピードで小さな船は漁港をめざす。波は容赦なく船の中に。こちとらあっと言う間に全身びしょ濡れだ。そして揺れるというより、何度も船が傾く。「大丈夫なのかー」。ちょっぴり恐怖感も味わった。でも船頭はリモコンで、うまく船を操る。さすがプロです。
 そういえば、オカマのJちゃんも毎日沖に出ているんだよなぁ。尊敬しなくちゃ、ね。
 
 
 
2009/10/24    月光仮面
 ♪ど〜この誰だか知らないけれど…。いやぁ、懐かしかったです。まさに昭和ですな。
 静狩地区の文化祭・学芸会にボチ畑仲間のイケメン漁師Jぺいが出るというので観にいった。まずは二十の瞳による器楽合奏や合唱など鑑賞。子どもがいない…、全校生徒10人…、みんな一所懸命です。
 
 そして、Jペイが出演する月光仮面の始まり〜。
 出演者は静狩どんぐり座の面々ですが、早い話が素人のおじさん連中。Jぺいは昨年好評?だった芸者役に続き、今回は悪役に捕まる令嬢役とか。第二幕。出てきました令嬢、いやオカマのJちゃん。はっきり言って化け物だよ。誰かに似てる? そうそう、あの久本雅美の劇団の梅ちゃんだぁ。ピーナツを鼻から飛ばす梅ちゃんだわな。オバハン連中からも「あれ、Jちゃん? 結婚できないわけだね」なんて声も聞こえましたぁ。
 セリフは聞こえないし、みんな勝手に動くし、まさにドタバタ劇…でも面白いんです。本当にど〜この誰だか知らないけれど、主役の月光仮面のおじさんは、ゼーゼー言ってましたから。拍手、拍手。
  
 そのあとは東京理科大のキャンパス祭にも顔を出してきました。こちらはピチピチお姉ちゃんたちのダンス、ヨサコイを見て、模擬店で肉まん、もち、豚汁のランチ。締めて300円で満足、満腹となりました。
 さぁ、あしたは仕切り直しとなった船釣り。天気も良さそうだしカレイに舞うとするかー。
2009/10/17    船釣り
 Kさん主催の今年2度目のカレイ狙いの船釣りに参加した。朝4時に起きて、まずはチャンブーの散歩。そして餌をやった。なんとなくチャンブーは「オレッチは留守番だな」って分かっているみたい。
 車で家を出ると小雨が降ってきた。風も強い。天気が心配だ。コンビニでタバコ、ウーロン茶を買い待ち合わせの民宿シャマンへ。山さん、チャンさんも準備OK、釣り気満々だ。サヨちゃんからバナナをもらい、まずは腹ごしらえ。そして、車で5分の長万部漁港に向かった。着くとKさん、Tさんらはすでに船に乗っていた。
 5時半いざ、出船。オットット揺れるわ、揺れるわ。思っていた以上に波が高い。波しぶきをかぶった。釣り準備がはかどらない。船釣りも初体験のチャンさんの顔色が青い。5分もしないのに「ボク、船酔いしました…」。こればかりは、どうしようもない。隣にいても、何もできない…。
 釣り場に着いた。揺れる中、仕掛けをせセットして第一投。いつもはオモリが底に着くとすぐ当たりがあるが、ウンともスンともない。5分が経ち、やっと隣の竿に当たり。小さなマガレイだ。波は高い、船は揺れる。25号のオモリは流される。まさに三重苦だ。チャンさんが話しかけてきた。「海の中に吐いていいですか」と言った途端にゲーゲー。そんな中、当たりがきてマガレイ3尾、カジカ2尾釣った。でも小さい。そして、チャンさんもやっと仕掛けを投入したが、釣りどころでないみたい。
 そして船頭が「仕掛け上げて」というので、場所替えかな、と思ったら船は港に入っていく。「きょうは釣りになんないわ。25日に出直すべ」と仕切り直しとなった。こちとら思わず「チャンさん、よかったね」。
 それに25日は大漁間違いなしだね。チャンさん、山さんがいっぱいコマセまいたからね。束釣りいけるかも、チャン、チャン。
 
2009/10/13    チャンブーと4泊5日の旅
 53歳で車の免許を取得して初めて車での長旅である。それもヤンチャなチャンブーを連れて…。12日に札幌で高橋真梨子のコンサート。それとお袋の故郷である妹背牛の叔父さんの見舞いもあった。中古の軽にはナビはついていない。ま、なんとかなるさで、まずは実家のある札幌に向かって9日午前10時に家を出た。
 チャンブーはいつもの後ろの席を独占。どこに行くのか、と落ち着きがない。静狩をすぎるまではキョロキョロしていたが、礼文華では海を眺め、紅葉がいい所では左の窓から眺め景観を楽しんでいる。
 豊浦から97号-285号-238号線に入り、道の駅ルスツでチャンブーの散歩タイム。チャンブーは元気いっぱい。そして中山峠へ。紅葉がなんともいえない。北海道の秋ですねぇ。そして再び道の駅望洋中山で一服して、定山渓を抜けた。札幌市街だ。二車線となった。いきなり車線変更する車、割り込む車…。長万部とはまったく違う。何とか澄川の実家に辿り着いた。2時間半かかった。姉貴が待っていた。チャンブーと呼ばれると、人見知りするチャンブーが尻尾を振って駆け寄っていった。愛想を振りまいている。次の日、妹背牛の叔母さん、叔父さんのところでも大人しく愛想を振りまき、可愛がられた。チャンブーなかなかやるんでないかい。
 
 妹背牛には30数年ぶりに来た。メーンストリートにあった祖父、祖母の家はない。しばし、その跡地で感傷に浸った。賑やかだった商店街もひっそりしている。どこの町も同じだ。ただ町おこしで掘った温泉ペペルは大盛況だ、JTBのツアーにもなっている。温泉もきれいだし、お湯もよかった。
 
 妹背牛から12号線での帰り、美唄付近でアラレ、岩見沢では大雨に。そして13日、長万部に戻る時は、定山渓から中山峠は大雨…、そんな中での運転もなんとか慣れましたわ。チャンブーも車での長旅も大丈夫なのが分かったので、来年はOさん夫婦のように道の駅巡りをするかな。
 
 
2009/10/03    蕎麦打ち
 朝から忙しかった。4時半に起きてベッドで寝ていたチャンブーのまずは散歩。すぐにウンチをしたので10分でハイ終わり。チャンブーは不満そうだったけどね。そうすると山さんのパジェロが迎えに来た。久しぶりに牛舎の手伝いだ。この20日からはオーナーの奥方Eちゃんがひざの手術のため入院する。チーム牛が忙しくなる。仕事はきついけど、ダイエットにはいいんです。いい汗かけるからね。
 でも久々とあって結構きつかった。腰にきた。なんとか8時に終えた。帰るとチャンブーに餌を与え、そしてシャワーをいつもより入念に浴びた。9時から初体験の蕎麦打ちが待っているからだ。
 蕎麦愛好会が毎月、福祉センターで蕎麦打ちを町民に教えている。受講料800円で打った6人前の蕎麦付きだ。
 一緒に行った山さん、チャンさんと調理室に入った。蕎麦の香りが心地よい。まずはプロの技を拝見となった。練り、伸ばし、切る。力加減など簡単そうで難しい。さすがプロ。造園のTさんら見事な蕎麦が出来上がった。
 そしてこちとら56の手習い、マンツーマンでの蕎麦打ちの始まり〜。あたしにはボチ仲間でもあるHさんがついてくれた。蕎麦で有名な幌加内そば粉500c、小麦粉100cをふるいにかける。そして水は300cで6人前となる。
 まず水を半分入れてそば粉を練っていく。水を全体にからめていくのだ。そして手の甲で押して練って丸くしていく。結構汗が出る。山さん、チャンさんも一所懸命だ。次は棒での伸ばし作業。手はまるで猫だ。「筋がいいねぇ」とほめられた。毎日、シャマンでモネ、ブッチャンと遊んでいる、いや遊ばれている成果かな。
 さあ、最後の包丁だ。これが一番難しい。蕎麦が細くなるか、太くなるかー。ハ、ハ、ハ。様々な太さの蕎麦のできあがり〜。1時間の蕎麦打ち体験でやんした。
 帰ってすぐ1人前をもりで試食。1分間の茹であげ。普通は40秒というが、こちとら蕎麦が太いので20秒プラスしたのでした。でも、旨い! これぞ蕎麦。どこぞの蕎麦屋より断然旨かった。
 
 夜はOさんの送別会。このOさんは岡山在住だが、春から秋は長万部に移住している。JRの土地を買い家を建て、その敷地内で畑をやっている。京大出のインテリであるが、畑作業している姿はただの田舎のおっちゃんである(ごめんね)。
 朝から晩まで土いじり。蝦夷梅雨の長雨にも負けず、実りの秋になったという。顔が少し誇らしげだった。11時お開き。眠い。
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/11/19