ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2014/06/25    当然の結果
 予想通り1分け2敗で日本は終わった。一軍半のコロンビアに1−4。これが日本の実力だ。この日の日本は闘う気迫だけは溢れていたが、それだけでは勝てないのがサッカーだ。
 フィジカル、技術…何をとっても力不足なのだ。やはり世界との差は10年以上あると言える。それを何を勘違いしたのか「優勝」を公言し、プレーが遅く足かせとなった口だけ番長。決定力のない大久保を使い続け、岡崎、香川を交代させるなど迷采配を繰り広げたザック。強化にならないヌルい親善試合を組んだ協会…。海外で二軍なのに、大スター扱いし、本当のことを書かないメディア。それに踊らせられ批判精神を持って試合を観ないサポーター。このままじゃ日本のサッカーに未来はないよ。
 それにしても、テレ朝でサッカー中継はして欲しくないね。ただの応援団の松木とゴンは何とかならない? 
 名波、セル爺はいいけどね。
 
2014/06/20    迷采配
 いやぁ、思った通りのドローだった。予想した1分け2敗になりそう。競馬は当たらないのにねぇ。ザック采配には呆れるばかり、だった。まず大久保が先発ですよ。ま、実力以上の動きはしていたけど、ね。でも、最大のチャンスだった内田からのクロスを大外し…、思わず、あの柳沢を思い出しました。やっぱり海外、世界で通用しない選手でした。相変わらず無駄なファウルも多い。そして本田。鈍くさい動き、ボールの持ちすぎ、相手に寄せられた時の精度のないパス…。今夏、ミランから追い出されることは確実でしょう。
 ドローを確信したのはギリシャが10人になった時。向こうは堅守に出たからね。日本はこういうのに一番弱い。案の定、攻めきれなかった。これが課題だったはず。何を練習していたのでしょうね。
 それにしてもザックが酷かった。
 後半残り10分から吉田を前線に上げてパワープレーに出た。おいおい、長身揃いの相手にパワープレー? それをやるのなら豊田らを選ぶよね。でも、そもそも日本のサッカーって早いパス回し、ワンツー多用による忍者のようなスピード攻撃だったはず。パワープレーではなく、あとひとり交代枠があったから柿谷を投入して2トップ。またはドリブラーの斎藤の投入だった。何のために斎藤を選んだの? 誰しもがそう思ったはず。それをフィジカルのない日本がパワープレーとは! ザック迷走だよ。ま、ザックには最初から期待はしていなかった。見る目がないし日本人を分かっていない。やっぱり次期監督は日本人ですな。人材がいないけど、ね。
 日本以外の試合を観てますか? どれも攻守の切り替えが早く凄い試合です。日本の2試合はワースト1、2です。レベルの低さを如実に露呈した今大会でした。チャンチャン。
 
 
 
2014/06/15    脱本田のすすめ
 一時の大歓声が悲鳴、そしてため息に変わった日本列島。所詮、日本サッカーは弱かったのです。W杯は参加することに意義がある程度の実力なのです。ネットの書き込みも大半が「日本って弱かったんだ」だった。その通り日本はまだまだサッカー後進国なのです。
 この日のコートジボワール戦。技術.、フィジカル面では絶対勝てないが勝てるチャンス、ドローの目は十分にあった。それはコートジが日本をなめていたからである。それが本田の先制ゴールですべて水の泡になった。なぜなら周りがみんな本田任せになったからだ。日本の持ち味はスピード攻撃である。それを足の遅い、キレのない本田経由でのパス。攻撃が遅れる以上に、その本田もパスミス、トラップミスでほとんどが相手のボールに。ということで、大迫、岡崎にボールが入らなかったのだ。そのうえ、香川も不調とあってはちゃんとした攻撃ができるわけがない。
 決勝点となったゴールも世界レベルのGKなら止めていた。川島は先に左手を地面につけていて右手でボールを追ったからですよ。南ア大会でも彼のミスで2失点しているからね。ま、一番酷いのはザックでしょう。書く気にもなれない最低の監督だよ。
 次はギリシャ戦。勝とうと思うなら、本田、川島を使わないこと。もちろん大久保も。
柿谷の1トップ。
2列目は左から
斎藤、香川、岡崎
ボランチは従来の
遠藤、長谷部
最終ラインは
長友、今野、森重、内田
GKは
西川
サイド攻撃に弱いから3失点してもスピード攻撃で4点とるサッカーですよ。脱本田これしかない。
 
2014/06/14    誤審
 スポーツ世界最大の祭典、W杯サッカーがブラジルで開幕した。今回も全試合観るつもりだ。
 ブラジルVsクロアチアの開幕戦に日本の審判団が笛を吹いた。試合はクロアチアがオウンゴールで先制、ネイマールの当たり損ねのシュートが決まり、試合は一気に白熱化した。クロアチアはいいチームだ。モドリッチはやはり世界一のMFと言えるプレーを見せる。
 この試合を壊したのが西村主審だった。シュミレーションが妥当なはずのプレーに、なんとブラジルにPKを与えたのである。世界レベルの試合ではPKには程遠いプレーだった。誤審である。クロアチアの監督が言うように「あれがPKなら今大会で100回はある」。まさにその通りだ。日本のサッカーと同様に日本の審判も世界レベルではないことを露呈した。
 
 そしてこの日、予選リーグ最大のビッグマッチであるスペインVsオランダが行われた。南ア大会決勝の組み合わせである。スペインの先制のPKは妥当な判定だったが、オランダが逆転した2−1からのCKからの得点は完全にキーパーチャージだった。これも明らかに誤審だった。スペインのGKカシージャスはこれで完全にキレた。終わってみれば、オランダがまさかの5−1で勝利した。この注目の試合をぶち壊したのも審判だった。前回Vのスペインが立ち直ることができるのか…、審判によって何となくつまらない大会にー。
 優勝は大会前はブラジルと思っていたが、強さは感じなかった。まだ見ていないがアルゼンチンのような気がしてきた。日本ですか? もちろん1分け2敗で予選リーグ敗退です。
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/7/24