ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2009/09/26    チャンブーその4
 チャンブーの天敵がもう一つあった。深夜0時過ぎ、ウトウトしていたら、もの凄い大雨で起きた。稲妻が光る。雷だ。家が揺れるくらいの激しい音だ。
 ベランダの窓を叩くトントンという音がした。窓を開けると、そこに震えて泣きそうな顔をしたチャンブーがいた。首輪からリードをはずし、家の中に入れると、一目散でベッドの隅に行った。まだ震えている。そうか、雷が怖いのか…。雨で濡れた体をタオルで拭いてやると、やっといつものヤンチャなチャンブーに戻った。そして、雷もおさまり、雨も止んだ。チャンブーがベッドで寝て、あたしゃ布団を敷いて寝た。何かが変。ま、いいかー。
2009/09/25    チカ釣り
 シルバーウイーク最終日の23日夕方、ヨウイチとサキちゃんが大中漁港でルアーをやるというので、チャンブーの散歩がてら見に行った。
 サキちゃんのキャスティングの上手なことにびっくり。ヨウちゃんがかすんじゃいます。
 防波堤先端の方では家族連れら12、3人がワイワイやっていた。チカ釣りだった。みんな入れ食い状態。バケツ一杯になっていた。
 きのうは久々の牛舎の手伝いがあったので行けなかったが、本日の朝6時に満を持して出掛けた。先端では、すでに6人が竿を出していた。今朝は一転、食いが渋いというが、隣の夫婦は、すでにバケツ半分くらい釣っていた。
 はやる気持ちを抑えて仕掛け投入。そして、もう1本の竿に仕掛けをつけていると、竿が危うく海に落ちそうになった。大きいアメマスだった。いきなり仕掛けを切られた。きのう買った仕掛けが…。いやな予感が…。
 みんなの2、3本の置き竿にはプルルッと当たりがきているが、こちとらは、当たりなし。1尾釣るのに10分もかかった。撒き餌しても食いは渋い。右隣までは順調に釣果をあげている。わずか数メートルの違いなのにねぇ。結局、1時間半で30尾。チャンブーの散歩があるので、リベンジをチカって帰ってきました。ま、今晩の唐揚げにはなるべ。
2009/09/03    夜釣り
 きのう久しぶりに、夜釣りに出掛けた。釣りの師匠であるSさん、山さん、モーリーさん、そして海釣り初体験の張さんと車で5分の長万部漁港の防波堤先端で待ち合わせた。
 午後6時前、漁港に着くとモーリーさんの車もすぐに到着。先端に歩いて行くと、先に来ていたSさんが「先端はダメ、風が強く、波がかぶるよ」と引き返してきた。ということで、風の当たらないところで竿をだすことになった。
 防波堤の中も波が荒い。この時点で半分、釣果はあきらめた。しばらくすると山さん、張さんも合流。モーリーさんだけはチョイ投げのアブラコ、ガヤ狙い。アタシたちは浮き釣りでソイ狙いだ。初めての張さんは慣れないせいか、なかなか仕掛けを遠くに飛ばせない。でも楽しそうだ。
 この張さんは米イリノイ大の大学院に留学している32歳の台湾人だ。ネットで長万部のボチボチ村を知り、なんと研究テーマは日本人の定年後のライフスタイルという。長万部が気に入り、この8月から1年間、短期移住している。英語はペラペラ。米で覚えた日本語も上手。礼儀をわきまえ、なんにでも興味を持ち体験しようとするナイスガイだ。
 
 いきなりアタシの浮きがすーっと沈んだ、でも魚はかからない。何かがいるーとの期待。でもそのあと当たりはこない。暗くなって電気浮きに変えても当たりはない。
 しばらくして、モーリーさんの竿先が揺れる。糸を巻くと何か小さい魚がかかっていた。懐中電灯を当てると可愛らしいちびソイ。一同がっかりだ。アタシの浮きは3度沈んだが、釣れない。ソイよツレないね。その後、モーリーさんはちびソイとちびアブラコを釣ったけど、チャンブーも見向きもしない大きさなのでリリース。ということで、この日の釣果は食べられない3尾…。でも荒天の中、楽しい3時間でした。
 夜釣りよ今夜も有難うー。
 
 
2009/09/01    チャンブーその3
 早いもので9月とあいなりました。今年も3分の2が過ぎ去ったのですねぇ。ここは台風の影響もなく朝から秋晴れとなりました。ま、ちょっぴり風が強いですけど。でも政権交代の風と同じく心地よいですよ。そして、朝晩はめっきりと寒くなりました。3日前の夜は、9・2度…10度を切りましたからね。
 
 きのうはチャンブーを飼って1年。ということで、チャンブーの大好きなフライドチキンを与えて祝ってやりました。この1年、病気もけがもせず…、これが一番ですね。ただ、アタシにべったりが…困ったものです。
 ところでチャンブーには天敵が3つあります。
 ひとつは、カラスです。普通カラスは犬のテリトリーには入らないと言われていますが、チャンブーがいるにもかかわらず、堂々と残した餌を持っていきます。チャンブーは追いかけるのですが、カラスが一枚上手のようです。
 ふたつめは、水です。アタシが玄関横の水道の蛇口をひねるだけで、物置に逃げ込みます。一度、富野公園の小さい川を渡らそうとしたら、足を踏ん張ってまったく動こうとしません。困ったものです。というわけで、飼って一度もシャンプーしていません。ただ、臭くないのが救いです。仕方ないので冬には雪でゴシゴシと体を洗っていましたよ。
 3つめは、キタキツネです。1匹だけなら、結構吠えて威嚇するが、2、3匹となるとダメなんですわ。ベランダに走ってきてアタシに助けを求めます。
 7月のはじめの夜、吠えまくっていたので、ベランダの窓を開けて覗くと、チャンブーはアタシのところに一目散。見るとキツネがチャンブーの残したドッグフードをあさっているところ。アタシはバットを持って玄関から出ていくと、3匹のキツネとにらみ合いとなったが、チャンブーは、というとなんと物置に逃げ、隠れてやがんの。情けないったらありゃしません。
 でも郵便配達員が来ても、チャンブーと呼ばれると、尻尾を振ってなつくチャンブー。結構人気者なんだよなぁ。いま、大好きな散歩に備え屈伸の準備体操していますわ。さあ、朝の散歩に行くかー。
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/3/30