ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2014/02/20    ズタボロ
 やっぱりコケちゃいましたね。女子フィギュアSP。真央をはじめ鈴木8位、村上は15位…。特にに真央は55・51の16位…。心技体がバラバラ。何か虚しくて可哀想になってきた。ま、始めから期待しないで観ていたけれど。それにしても負の連鎖か、酷かった。それでも八木沼さんは「逆転できる差です」だってさ。ほんまかいな。解説者ではなくまさに応援団。八木沼さんは朝の解説でも「たら、れば」の連発。これを言っちゃおしまいです。この人の解説者人生も終わりですな。
 真央ちゃんは完璧にメディア、スポンサーに潰されましたぁ。それに打ち勝てなかったメンタル面がねぇ。やっぱり自分の責任です。
 それに比べて、潰されなかったのがキム・ヨナ。日本以上の韓国メディアの加熱さだったけど、そんなの関係ない、と完璧な演技。でも本人はまだまだ不満そうでした。これが女王なんでしょうね。
 ロシアのツプリツカヤも重圧に負けてコケました。団体戦の演技で一躍脚光を浴びておかしくなりました。もし団体戦に出ていなければ金メダルがあったかも。あの最後のスピンは魅せます。
 きょうのフリー。金争いはキムはじめ上位3人の争いだね。すべてジャンプしだいでしょう。あたしのイチオシは米国のゴールドです。日本選手も、もう開き直って笑顔で滑って飛んでくださいな。
2014/02/12    敗因
 沙羅ちゃん、やっぱり負けちゃったね。それも、まさかのメダルなしの4位…。これが五輪なんだよね。でも気丈にインタビューを受ける姿に涙がでた。褒めてやりたい。
 敗因は? 
 まず体調。競技時間に合わせ夜型に変えたこと。普段通りの生活をしなくちゃ。人間にはリズムがあるからね。
 次に日本選手の一番悪いのは、五輪にピークを持っていけないこと。五輪年のW杯は、あくまで調整としなければ…。連戦連勝で沙羅ちゃんの調子は下降線だったのでは…。日本選手ってそれができないんだよね。
 そして、ライバルだった米国のサラのケガ。各国の選手たちが、目標を日本の沙羅一本に絞れたこと。距離で負けても着地テレマークを決めれば勝てる、と思わせたことだね。その通りになっちゃった。
 一番悪いのは、メディア。過剰取材、過剰応援。17歳にプレッシャーを与え過ぎだよ。テレビも新聞も勝って当然の取材体制…、あなたたちが沙羅を潰したのです。
 その犠牲者となった浅田真央。頑張って欲しいね。でも無理かぁ。
 
2014/02/11    冬季五輪
 立春が過ぎて、今冬最低気温-18・6度を記録、ドカ雪も一度あり雪かき朝2時間、夕方1時間という日がありました。やっぱり2月が一番寒い。
 ソチでの冬季五輪が始まりました。編集の仕事をしながら、早朝まで観てますわ。熱い戦いは選手よりスポーツ紙、テレビ局だけなのではないでしょうかね。さぁ、メダルだ、頑張れ、としっかりとした解説もない、ただの応援団ですからね。うざいったらありません。
 メダルを取るには、やっぱり実力以上の爆発力が必要ですね。あとは運かな。スピードスケート男子500bはオランダ勢の爆発力が凄かった。長島、加藤の1本目を観ててメダルは無理って、すぐわかったけど、解説者は大丈夫、イケますの連発。滑り始めると「いいです、いいです。頑張れ」の連呼。ホント、ウザい。それと、負けた選手に即インタビューはないでしょう。2人が可哀想だった。敗退はメディアの過剰な期待もあるっていうのにねぇ。
 ところで、上村愛子はまた、メダルが取れませんでした。巷では「採点がおかしい」なんて声がありましたが、4位が妥当でしょう。観てて、上手いのだけれど、ただそれだけで、やっぱり魅せるというか、爆発力が感じられなかった。銅のハナ・カーニーはミスはあったけど、果敢に攻めていたし迫力があった。
 
 さあ沙羅ちゃんの出番ですね。オーストリアの選手が急激に力をつけ、なんとなく嫌な予感がします。テレビの実況も静かに見守りましょう。
 
 それから、女子フィギュアですが、勝つのはキム・ヨナかロシアの新星のどちらかでしょう。浅田真央はメダルなしの4〜6位でしょう。競馬より自信アリ!

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/9/19