ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2013/08/31    小夜ちゃん
 民宿シャマンの小夜ちゃんが逝っちゃった。あの大震災があった頃、末期の肺がんが発覚して2年半…山さんの懸命な看病も…です。久しぶりに泣きました。
 最期は山さんとお母さんに看取られ、苦痛もなかったことが救いです。いつものように安らかな顔でした。
 長万部移住の決め手になったのは、山さん以上に小夜ちゃんの存在でした。同じ歳、お袋の産まれた妹背牛の隣町雨竜の出身。なぜか昔からの仲間のように感じました。そして優しさを包み込んだ笑顔は、とってもス・テ・キでした。
 「きょう家は炊き込みご飯よ。持っていく」
 「ダイコン煮たから持って行きなさい」
 毎日のようにやもめの私を気遣ってくれました。
 チャンブーにも魚の残りをとっていてくれて…。
 本当に気配りの小夜ちゃんでした。60歳…、若すぎます。歌を愛し、映画、本、息子、モネとブッチャンを愛し、そして何よりも山さんを愛した小夜ちゃん、お疲れ様でした。
 裕子さんとのデュエット「真夜中のギター」は、もう聴けない…。
2013/08/24    再び娘
 子猫を飼って12日。いやぁ、お転婆です。始めはヨチヨチ歩きでしたが、ソファーの上までジャンプをするは、そのてっぺんを走り回るは、私の手足に噛みついて離さないは、やりたい放題やっています。この日、静かだなと思ったら、ソファーの後ろに佇んで、ベランダに来ていたチャンブーを威嚇していました。チャンブーはオロオロしている。猫は強しですな。
 
 ところで高校時代に大好きだった藤圭子が自殺した。LPレコード「新宿の女」を持っていたんだよね。実は旭川時代に同じ小学校に通っていたのです。大有小学校。2歳上でした。覚えているのは、外国の人形のように色が白かったこと。ただ、目立たなく、いじめられっ子だったような…。なんとなく不幸を背負っているって感じでした。中学は神居で7つ下に安全地帯の玉置浩二がいるのです。この玉置、実は遠縁にあたります。叔父さんの奥方の甥っ子なのです。奇行が多い玉置…なんとなく心配です。大きなお世話かー。
 ついでに、フジテレビ朝のとくダネを半分引退した芸能リポーター前田忠明は従兄弟です。オヤジの姉の子です。どうでもいいかー。
 
 一世風靡した藤圭子。そして娘ヒカルもヒット歌手に育て世界を駆け巡っていたのに自殺とは…。お金があっても「私の人生暗かった」のかな。また私の昭和が消えました。
 
2013/08/12   
 同じ職場にいた”娘”が、ここ長万部に寄っていった。いま某スポーツ紙の競馬担当記者である。三十路の娘は、この4月に競馬担当に。函館への出張である。日曜のWIN5予想も当てて競馬記者らしくなってきた。
 家に着くとチャンブーがお出迎え。軽く吠えたあと尻尾をフリフリ。散歩してくれると直感したのであろう。
 カニ飯、毛ガニ、鉄砲汁、ウニとボチ畑で採れたインゲンとナスの煮物、トマトサラダで歓待した。満足したみたいだ。チャンブーを連れて長万部を車で案内し爺のたまり場であるシャマンにも連れて行った。干してある野草を見つけ「コレなんですか」。さすが新聞記者である。「ドクダミだよ。十薬なんだよ」と山さんの説明を聞き、お土産にもらって、娘は洞爺、新冠などの馬産地にむかいました。ヤレヤレ。
 まだ暑い7時すぎ、夕食をとっていたら、バイクの爆音と共に玄関のチャイムが鳴った。ラーメン店「こだわり」の店主の勲くんだ。ドアが開いた。見知らぬ女子が、いきなりケースに入れた子猫を置いていったのだ。そして、勲くんの彼女がトイレセットと砂とキャットフードを持ってきて置いていった。あっという間の出来事だった。見知らぬ女子は彼女の妹のようだ。
 子猫はメスで生後2カ月という。6匹産まれ2匹を持ってきて、1匹はこだわりに、そしてメンコイ方を持ってきたという。まだまだヨチヨチ歩きだが、元気一杯に走り回っている。
 外ではチャンブーが、何かを察知したらしく犬小屋とベランダを行ったり来たりして、自分の存在をアピールしている。早くもヤキモチかー。あしたの牛舎は休みにした。チャンブーとの対面もさせなきゃ。夢はストーブの前でチャンブーが寝て、その上に子猫が寝る。そんな写真が撮りたいもんだね。
 夜、娘からメールが届いた。「いろいろごちそうさまでした。長万部の人も自然も最高」と。
 猫を飼うことになったと、返信したら、即返ってきた。そこには犬、猫、そして豚の絵文字が…、センスの良い娘である。我が家にも娘が増えて…。名前つけなくちゃ。宇宙かあまちゃんか夏バッパか、そうだ「じぇじぇ」にするかな。
 
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/11/19