ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2013/05/27    信じるものは…
 きのう、町民花見会が長万部公園で開かれた。町が用意したバスなどで、町民、東京理科大生ら300人が参加。時折晴れ間が広がり桜の下でジンギスカンや弁当を広げ、遅い春を楽しんでいた。カラオケで、のど自慢が始まり、そして、せたな町出身のドサ回りの演歌歌手も登場。逆に盛り下がっておりました。
 私もチャンブーを連れて参加した。町内会の母さんから弁当と飲み物を貰った。チャンブーと一緒にごっちゃん。サンキューでした。チャンブーはあちこちでジンギスカンも貰い愛嬌を振りまいていた。
 理科大の女学生4人が、チャンブーを見つけ、「めんこいね」と近寄ってきた。するとチャンブーは、いきなりウンチスタイル。臭いのなんの。4人は笑って逃げていったとさ。
 
 家に帰るとダービーの馬券をパソコンで買った。なんとなく自信があった。気になったのは、ほとんど予想が、あのダボハゼと一緒だった。買った馬券は
 馬単@-H本線で
   @-B、@-D、@-J、@-L抑え
 3連単
 1着@H
 2着@H
 3着BDGJL
 だった。
 ダボハゼの予想も本命は@。皐月賞組AとGに上がり目がないという、その講釈には説得力があった。穴はDまでも一緒だった。
 そして対抗にしたHと抑えたBにも信じる理由があった。S紙の競馬担当に異動した娘の情報だった。「Bが面白いよ、Hはソエで関係者みんなトーンダウンしているよ」とのことだった。Bを推してきたのは、いつも堀井厩舎でお菓子をご馳走になっているからだった。でもBは私の好きな逃げ馬だ。あのディープが勝ったダービーの2着も逃げたインティライミ。この馬、私のPOGの馬だった。もちろん、馬券は1点で的中した。インティは@キズナの佐々木晶厩舎だった。。そこでBを買わない手はないと思った。
 Hエピファネイアは関西特有の人気を落とすーのが、ミエミエだった。ということで、@-H本線。Bを抑えることができたのでした。競馬は当たると簡単です。
 ところで、長万部の馬友、トオルオーはGロゴタイプを信じて落馬です。全治3カ月かもー。
2013/05/23    名物が…
 長万部町民、東京理科大生のお腹を満たしていた焼肉店じんちゃんの名物店主、神利治さんが逝った。73歳の若さだった。
 神さんは、みんなから「じんちゃん」と呼ばれ、屈託のない明るい笑顔での振る舞いに、特に理科大生には絶大な人気があった。
 じんちゃんの店の壁には、歴代の理科大生の落書きで埋められている。煙が立ち込める中で食べるカルビ、ジンギスカンは美味かった。
 牛舎の慰労会は、いつも「じんちゃん」で行われた。一度、メニューにはない、すき焼きをやってくれたことがある。東京の今半のすき焼きより断然美味かった…。
  
 きのう牛舎作業の後、蕨岱地区の町営牧場へ若牛の一斉放牧が行われた。各牧場から集まった138頭が11月まで放牧され、大きくなって帰ってくるのだ。計量、消毒、注射を終えて若牛たちは元気に走り回り、遅い春で伸び始めたばかりの牧草を食べていた。
 これが終えると、各牧場主、獣医さんも含め40人でバーベキューだ。牛肉に野菜、ホタテ、ホッキ貝などあっという間だった。
 炭で食べるBBQは最高。その時、「この肉美味いべ」と言う、笑顔のじんちゃんを思い浮かべた。合掌。
 
 
2013/05/19    サクラ咲く
 やっとサクラが咲きました。5月に入っても最高気温が10度に満たない日が続いていたが、一昨日あたりから開花。10日遅れくらいかな。遅い春です。26日には、町民花見会が開かれ、幸いに満開の下で行われそう。
 私が通う牛舎も、きのう牛たちを一斉放牧。ちょっぴり伸びた青々した牧草を美味しそうに食べていました。そののどかな光景に春を実感。サクラも春も、やっぱり「いいねぇ」。
 6月には、渓流釣りも解禁。そろそろ竿の手入れと仕掛けも作らなきゃ。30日には、ここ長万部の最大イベント毛がにまつり。今年は1日だけの開催となったようです。ちょうど28日から、昨年9月に来たメンバー4人が来長。毛がに早食い競争に参加させるつもりです。
 ボチ畑も、きのう耕運機が入り、スタンバイOKに。F夫妻は早くもタマネギ苗を植えていました。まだ、気温の変化がありすぎるので、芋植え、苗植えは今月下旬から6月に入ってからですな。ま、ボチボチですな。
2013/05/02    バルサは終わった?
 いやぁ、寒いGWです。晴れても風が冷たくて強い。ここから1時間くらいの伊達大滝村では13センチの積雪とか。あすの蕨岱は大丈夫かな。そんな中、やっとタイヤ交換してきました。桜と同じように1週間遅れですわ。
 
 早朝、CLバルサVsバイエルンの準決勝第2レグが行われ、バルサはアウエーでの0−4に続き、カンプノウでも0−3と完敗。世界一強かったバルサのサッカーが何もできないとは…。レアルもドルトムントに敗退し、決勝はドイツのライバル決戦となった。かねてから、スペインリーグがナンバー1と思っていたのだが、ドイツ恐るべしだ。
 ま、救いはメッシが欠場していたこと。でも、高さ、フィジカルの強さ、高度なスキル、スピード、全員での守備徹底など、このドイツの2強は、ホント完成されたチームです。
 でも、日本に求められていて、日本にあったサッカーはバルサのサッカーです。でもただ、模倣するのではなくて、日本流にすることが重要だけど、ね。
 それにしても、ドイツ2強による決勝戦は楽しみだ。
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/7/24