ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2009/08/29    チャンブーその2
 チャンブーを飼い始めて1年になる。昨年の8月31日の昼すぎ、山さんから「いまクラフトたかの横でバンドメンバーがバーベキューしているから食べにおいで」という電話があった。 「クラフトたかの」はログハウスの喫茶店で有名だ。その横に山さんらのおやじバンドの練習場がある。歩いて5分、山さん夫婦はじめ釣りの師匠でもあるSさんら肉、海鮮などをパクついていた。
 そこに落ち着きのないお尻の肉が削げ落ちた犬がいた。すぐにその犬のリードを渡された。それがチャンブーとの出会いだった。
 チャンブーは捨てられたらしいと言う。そして、役場に保護され、犬好きのたかの夫妻が一時預かって3日目という。アタシが犬を飼いたいということで”お見合い”となり、その日から我が愛犬となったのであった。
 
 きのうこのチャンブーのルーツが判明した。チーム牛のオーナーであるSさんに待望のプリウスが納車し、その祝いがK寿司で行われた。ストレス解消のためのパチンコが絶好調というSさんの奢りである。奥方のEちゃんにチーム牛のメンバー、そして農協のおばちゃん、いやお姉ちゃん2人とIオートの夫妻の11人が集合した。
 旬のサンマほかウニ、中トロは絶品。みんな黙々と食べる。そんな中、Iさんが「コバさんのところの犬ねぇ、教員住宅に住んでいた酪農のヘルパーさんが家の中で飼っていたんだよ。仕事の関係で犬を役場に預けて引っ越したみたいなんだ」と言う。山さんも「そういえば、あの家に小さい犬がいた。あれがチャンブーだったのか」と驚く。
我が家と目と鼻の先にチャンブーは飼われていたのかー。
 
 この日、民宿シャマンでその話になった。山さんの奥方サヨちゃんが「あそこの犬は確か5号線で車に轢かれて死んだはずよ」と言う。山さんも「チャンブーの毛は茶色だけど、なんか白っぽい犬だったような…」。結局、チャンブーのルーツは振り出しに…。ま、いまはアタシのメンコイ家族だから、それでいいんでないかい。 
2009/08/23    ボチ畑
 21日、まずジャガイモの収穫をした。7月の雨の影響ででメークイン、男爵などみんな小粒でした。それでも小さいダンボール2箱。ま、いいとするかな。でも480本植えたタマネギはいまだラッキョウの状態ですわ。
 山さん、台湾からの留学生チャンくんは3日間連チャンで草刈り機をブーン、ブーンと鳴らしています。この日は、NさんMさんも参戦してボチ畑はサッパリと見違えるようになりました。アタシはせっせと漬物用のダイコンの畝作りと種まきに汗を流しました。天気よく風も気持ちよくあの蚊、ブヨもどこかに…。ボチ畑はこうでなくちゃ。
 あ〜あ、空気が旨い。
2009/08/20    温泉街
 仕事で世話になっているOさん一家が帰った。Oさんの実家のある広島から5人、Oさんはじめ東京から3人の4世代そろい踏みだった。86歳のおばあちゃん、1歳3カ月の笑芽ちゃんら広島部隊は温泉旅館に泊まり、東京部隊は我が家に宿泊した。晩飯は全員我が家に集合となり、ホッキご飯、毛ガニ、イカ、サンマ、ホタテの刺し身などでもてなしたが満足したかどうか?
 ところで、温泉に泊まった広島部隊が気になることを言っていた。温泉のお湯もいいし、愛想もよかったけど、メンテナンスがねぇ、と。
 詳しく聞くと「おばあちゃんがお風呂に入ったけど、すべるし、手すりもなく、年寄りには危ない温泉…」また「部屋には冷蔵庫がなく搾りたてのミルクを持って行けなく飲めなかった」、「おばあちゃんは足が悪くイスがほしかったがイスもない部屋だった」…。
 確かにアタシもほとんどの旅館を日帰り入浴したが、お湯は最高だけど、毎日行きたいとは思わないメンテナンスなんだよなぁ。食事もほとんど地場の食材が出ないと聞いている。何かものすごくもったいないような気がしてしようがない。温泉街もチェンジが必要では。
2009/08/17    無知
 自然と共生するために長万部に移住しました、なんてかっこいいこと言っておりますが、自然のことってホント知らないんだわ。
 大好きなスポーツ新聞に29年…。根っからのスポーツバカですから。きょうも寝ないで世界陸上を観ていました。午前4時に100の決勝ですからね。凄かったですね。9秒58ですよ。どこまで進化するのでしょう。世界陸上の前は結果を知っていたのに、バレーを観ちゃうし、世界陸上が終われば、そのままゴルフですよ。ウッズがなんと逆転負けですよ。ナマは最高ですね。やっぱりスポーツが好きなんですかね。
 自然に戻りますが、花の名は知らないし、雑草も詳しくないし、鳥なんていまだはっきり分かるのはスズメ、カラスぐらいですから。木もどれがカラマツでトドマツなのか…、オソマツ、ジュウシマツならなんちゃって。いやになるくらい無知です。ま、毎日が勉強です。この勉強はストレス皆無、楽しいですよ。
2009/08/15    終戦記念日
 祭りも終わり、お盆とあいなりました。山さん夫婦は雨竜に墓参りです。北海道新聞の通信員でもある山さんの代役で写真を押さえにということもあり、終戦記念日のこの日、平和祈念館で行われた平和のつどい(原水爆禁止協議会、9条の会共催)に参加してきました。
 午後1時、集まった29歳のTくん、台湾留学生Cくんはじめ町民全員でまず黙祷、そのあと平和祈念館などを見学し、ジンギスカンを食べながらの懇親会で改めて平和のよさを実感したのでありました。
 そういえば、今年13回忌を迎えるあたしのオヤジはシベリア抑留3年など悲惨な戦争体験をしています。戦争のことは、あまり語らなかったけど、想像もできない過酷な体験だったのでしょう。ただオヤジは「生きて帰れただけで…」と言っていましたが…。
 いまだ世界のあちこちで戦争、紛争が起こっています。また、進化し続ける人間によって自然破壊、環境破壊も目に余る状況となっています。これで第一次産業も痛い目にあっています。これも一種の戦争でしょう。不況で企業もサババル戦争、そこで働くサラリーマンもリストラに脅えながらのサバイバル戦争…、どこもかしこも戦争です。平和が一番なのにねぇ。そういえばマージャンでのアタシの基本は平和手ですから…。
2009/08/10    祭りだ
 ワッショイ、ワッショイ! 飯生神社例大祭渡御で昨年に続き神輿を担ぎましたよ。朝の宮出しから昼の小学校から振興会館までン`を。メーンの夜の部はヤングに任せてウチワ担当でしたけどね。神輿保存会「長の会」の半纏が小さいのかアタシがでかいのか右肩が擦れて痛いのなんの。そのうえ筋肉痛ですわ。でも、いい汗かきましたぁ。
 今年は髪切虫のスタッフである紅三点も加わり盛り上がりました。これで天候異変で作物の成長が心配でしたが、みんなの頑張りと祈りが、きっと天に届いたでしょう。
 長の会K会長、Y副会長はじめお疲れサマーでした。
 
 
2009/08/09    チャンブーその1
 朝夕のチャンブーとの散歩が日課になっているが、不思議に思っていたことがあった。それはミミズを見つけると、くんくんと臭いをかぎ、顔をこすりつけ、そのうえ何回も転げまわり背中をこすりつけることであった。まるでその様は気が狂ったのごとくである。ミミズは生きていても日干しになっていてもである。
 犬の散歩仲間のお母さんに聞くと「うちのワンちゃんもそうなのよ。なんでもミミズの臭いは犬にとってフェロモンが出ていて、人間でいう香水みたいなもの。その臭いをつけて雌犬にアピールするみたいよ」と、教えてくれた。そうか、猫はマタタビ、犬はミミズなのか…。
 調べてみると、ミミズは土の微生物を食べタンパク質が多く味もいいらしい。実際に食用ミミズもあるとか。乾燥させたミミズは「地竜」という漢方薬にもなっていて、解熱の効果があり、また体に刺激を受けると「ペネブタソシン」という物質を出し、その物質には体に溜まった老廃物を押し出す力があるという。ミミズって奴も奥が深いのう。それ以上に、それを本能で嗅ぎ分ける犬ってもっと凄いかも。たかが犬、されど犬…である。
 
 
 
2009/08/05    ブヨ
 晴天が続いた。25度も超えた。これぞ夏ですな。チャンブーの散歩を終え、涼しくなった夕方6時前に完全防備でボチ畑に出陣した。
 Fさんの畑の前を通ると根腐れと嘆いていたジャガイモが半分収穫されていた。ちょっぴり小粒だが、これなら十分でしょう。よかった、よかった。
 あたしの畑は遠くからだと雑草で見えない。自然農法ですから(言い訳)。野菜は成長不足だが、雑草はものすごい成長力。草を掻き分けて畑の中に入ると、インゲンに実がついてました。よかった、よかった。
 よーし、さあ雑草とりだ。その瞬間、足がかゆい、お尻がかゆい、腕がかゆい。周りを見るとブヨだらけ。やっと治りかけの刺され痕なのに…。一目散で逃げましたぁ。滞在時間わずか5分でした。
 雑草にブヨ…そして天候異変。あ〜ぁボチ畑。
 
2009/08/03    ホタル狩り
 きのうの午後7時30分過ぎから、東京理科大生との交流会ホタル狩りが行われた。
 長万部の「ホタルの里」は町から車で15分位のところにある。民宿シャマン隣で写真館を営むKさんが実家前の池、川などの自然を利用してホタルを育て保護しているのだ。ちょうどこの時期が見ごろという。
 こちらボチ仲間ら7人集合。昨年の理科大生はピチピチの女の子ばかりだったが、今年はE先生率いる男子学生15人が参加した。朝から降っていた雨もあがり、まずまずのホタル鑑賞会となった。
 ホタルの里に着くと、電車、自転車で来た理科大生はすでに奥まで入っていた。こちらも懐中電灯を手に後を追う。中に入るとすぐにヘイケボタルの青白い光をとらえることができた。I山母さんは昔を思い出したのか、「キャーァ、綺麗」と感動の声をあげる。奥に入るほどホタルの数も多くなり、その光はなんとも言えない幻想的な世界を創り出す。いやぁ、癒されますわ。
 そして9年前に廃校となった蕨岱小学校で理科大生と親睦会。そこには蕨岱の主である我が「チーム牛」のオーナーであるSさんが搾りたての牛乳とヨーグルトを用意してくれていた。まずお互い自己紹介をした。みんな素直。彼らは口を揃え、「長万部のいいところは自然です」という。そう、このホタルを保護するKさんのように、大人たちがここの自然を守っていかないと…。
 久しぶりに若者たちとのふれあい。あっと言う間の3時間だった。
 
 
2009/08/02    長万部の高橋真梨子
 やっぱり週末になると天気が崩れます。土曜日が休みのラーメン店「こだわり」の母さんの悲鳴が聞こえてくる。「畑に行こうと思っても、いつも雨、雨。なんにもできないっ! 雑草の畑をみるのが怖い」。この天候異変、蝦夷梅雨には困ったものです。
 そんな中で、ボチ仲間であるOさん宅でガーデンパーティーが開かれた。Oさんのストレス発散は炭をおこすことと道の駅巡りとか。北海道の道の駅は現在107。これまで51箇所を制覇しているという。
 Oさんが備長炭で焼いたサンマは絶品でした。山さん夫妻、鶏おじさんのモーリーさん、山菜取りの名人Nさんにカリスマ美容師のM夫妻が加わり、ジンギスカン、焼きソバなどに舌鼓…、満足のひと時とあいなりました。
 宴もたけなわ、雨がどしゃぶりになったということもありOさんの奥方Y子さんが「これからカラオケに行こう」の一声で二次会はカラオケとあいなりました。
 あたしゃ、いつも通り審査員。だってみんなうまいんだもん。何でも歌いこなす山さん夫妻。セリフ好きのOさん。長万部のジュリーことMさん。京都の恋をしっとりと聞かせたくれたE子さん。三橋美智也ならモーリーさん。二次会から参加の永ちゃんことSちゃん。みんな好きですねぇ。うまいですねぇ。でもピカイチはY子さんですね。あたしが高橋真梨子の大ファンであることで、本日はあなたの空を翔びたいに始まりハート&ハート、五番街のマリーなどヒットメドレー。きわめつけはfor you…。最近、歯の治療などで声が出ないというけれど、高音の伸びは最高でした。まさに長万部の高橋真梨子です。うっとうしい雨のサタデーも満腹、満足の一日になりやんした。
 
 
 
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/9/19