ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2012/11/26    高橋真梨子
 今年も行ってきました高橋真梨子コンサート。今年の札幌でのコンサートは23、24日の2日間で全国ツアーの最後でした。5月に24日のチケット4枚をゲット。昨年と同じ落馬寸前のトオルオー、その夫人で再びちょっぴり重め残りのU子さんとチャンブーの恋人U子さんとの4人でいざ出陣。
 初雪が残る静狩峠を越え伊達インターから高速に乗ったが、雪はまったくなし。スムーズに札幌到着です。実家に寄り、午後4時15分過ぎにニトリ文化ホールで3人と再び合流です。
 5時開演。まずは洋楽3曲でオープニング。昨年と違い、声量豊かで63歳とは思えぬ声の伸び。しばらくは引退はないでしょう。
 オリジナル曲を含め21曲大人の味を十分楽しみました。アンコールのラスト、for you…は最高でした。
 近場の居酒屋で、こちらも打ち上げ。厚岸直送の牡蠣は美味。こちらも満足でした。来年再びですな。
 
2012/11/21    誤審
 18日にやっと初雪が降り、朝晩めっきりと冷え込んできました。
 いつものように、シャマンに午後3時半に顔を出すと、元鷄おじさんのモーリー、現役ホタテ漁師ジュンペイ、そして我らの”魚やさん”ムロヤさんが次々に現れます。商工会のトオルオーは忙しかったのか、さぼれなかったみたいだ。この日は道新八雲支局長モリ嬢も現れた。お茶しながら薪ストーブで暖をとり、井戸端会議。そして大相撲の前半戦を見て帰るのが日課だ。
 大相撲…、九州場所。ガラガラですな。今は昔。はたき込み、引きの相撲が多い。ホント盛り上がらなくなりました。そんな大相撲に熱視線。理由があるのです。西の花道側、前から5、6番目に粋な和服美人が連日座っているのですわ。色艶やかな着物が似合います。8日目は黒の洋服も披露してました。実に色っぽい。ということで、サンスポ今村忠さんなどに聞いて調べましたよ。分かりました。中洲のスナックの33歳ママさんでした。3年前から、あの席でずーっと観戦しているようです。
 ところで、この前の誤審は酷かったね。豪栄道の進撃を止めたまさにストップでした。勘違いした湊川審判らにノーペナルティーとはねぇ。これだから相撲協会はダメなんです。きのう十一日目の豪栄道-栃煌山戦もビデオで見ると明らかに栃煌山の右ヒジが先についていたが、物言いもつかず。審判は何を見ているのでしょうかね。まさか、綺麗どころを見ていたのでは…なんちゃって。
 それにしても、外国人力士に荒らされた国技。稀勢里、豪栄道、妙義龍、勢、千代大龍らに頑張ってほしいものだ。
2012/11/08    いいねぇ
 ここ長万部は雪虫が舞い、冬の訪れも間近となってきました。例年なら5日前後に初雪が降るのですが、今年は昨年と同様に中旬のようです。
 相変わらず膝の状態がイマイチで牛舎は休んでいます。それでも、朝は6時から遅くても7時前に起きています。まず道新と道スポを読み、そしてNHKBSで朝ドラを見るのが日課。今回の朝ドラの「純と愛」はちょっと愚作かも。愛の人の心を読めるというのがねぇ。ま、舞台が大阪のホテルに移るというので、面白くなるかも。7時45分からは「心旅」。火野正平がいいですねぇ。あの悪のイメージだった火野が”いい味”出して全国をチャリで駆け巡る”こころ旅”。こちらも朝から心が洗われます。火野に目をつけたプロデューサーの眼力に頭が下がります。まだNHKにも、そういう輩がいるんだね。
 
 冬の訪れとともに、ここの4つの漁港にチカの群れが来ました。サビキ釣りで1時間で40、50尾は釣れるので手軽で楽しい釣りです。天ぷら、唐揚げもよし。干して焼いて食べるのもよし。私のお奨めは南蛮漬けですわ。アジの南蛮漬けと同じく作り方は簡単。まずタレを作ります。酢3、みりん2、醤油2、砂糖1の割合。そして南蛮を刻み、タマネギ、ピーマンを細く切っておきます。チカを唐揚げにして、たれと野菜をかけて一丁あがり。これホント、ビールにもお酒にもご飯にも”いいねぇ”です。
2012/11/06    それは黒かった
 この前の日曜日、渓流釣りの師匠Tさんと釣りに出かけた。場所は近場の紋別川のダム周辺でのニジマス狙いだ。朝8時にTさん宅を出発予定だったが、予報に反して雨が降っていたので、少し様子をみることにした。釣りがしたいー。雨は止まないが太陽が見えていたので30分遅れの出発となった。
 Tさん宅から川に出て横の細い道を車で入って10分。一つ目のダムが見えた。水量は多い。水も濁っている。そこから上流へ5分くらいのところにあるダムがポイントだ。そこにまず私の車を置いてTさんの車で下流に。そこから約2`上流への釣行だ。これだと釣った後、歩かないで済む。
 川はピリカと違って障害物もなく歩きやすい。ダムができる前、この近辺は畑もあり、Tさんの土地もあったという。ただ、今は熊の通り道で頻繁に出没することで有名だ。
 熊鈴を鳴らしながら釣りのスタート。ニジマスなので深場をさぐる。まったく当たりがない。先人の足跡があり、ほとんど釣られたみたいだ。
 2時間半…目指すダムに来る前まチビを1尾だけ。Tさんも小物を5尾くらいだったが、ダム近くになって当たりが頻繁に。チビを釣ったあと、浮きが大きく沈んだ。大物だ。取り入れようとした瞬間、ハリスがプツン。あ〜ぁ。
 そのときだ。車のキーがないのに気づいた。釣りどころでなくなった。あ〜ぁダブルの悲劇だ。
 Tさんはダム下のポイントで30a前後を釣り上げている。さすが師匠。
 私は川をあがりキーを探したがどこにもない。川に落としたのか…。
 Tさんが「コバちゃん、川に入る前に脱いだ雨カッパの中でないの?」。
 ということで、下流のTさんの置いた車まで歩くことになった。紅葉を楽しみながら歩いた。でも膝が痛い。やっと直りかけたのに…。途中、Tさんはキノコを見つけ取っていく。さすが山歩きは慣れたもの。そして、Tさんが「これだよ、熊の糞」と道の真ん中にある黒ずんだ塊を指差した。熊の糞を見たのは初めてだ。黒い塊の上に茶色の糞がある。
 Tさん「茶色いのはキツネかタヌキの糞。こいつらは糞の上に糞をするんだよ」と教えてくれた。またTさんは「さっき歩いてきた川の横にもいっぱい熊の糞があったよ。でも時間がたった糞だったから大丈夫さ」。
 熊の糞は時間が経過すると黒くなるようだ。食べたすぐあとの糞は食べたものが分かると言う。青いブドウなら青く、トマトなら赤みがかっているという。
 
 Tさんの車のところに着いた。キーは雨カッパの中にあった。ヤレヤレ。
 散々の釣りだったが、熊の糞が分かったし、キノコ(シメジ)も貰い、そして紅葉も楽しんだので、いいんでないかい。
 
 
2012/11/01    日本シリーズ
 30日のシリーズ第3戦を観に行った。札幌ドームでの野球観戦は初めてだ。サッカーW杯のイタリア戦は観たけど、ね。29日、チャンブーを連れて紅葉を楽しみながら姉がいる実家に向かった。
 
 切符を手配してくれた元同僚のきっちゃん、スガちゃん、そして15年ぶりに野球取材にカムバックしたニシに感謝。特にニシの力でS席がSS席にグレードアップして「最高でした」。なんてたって一塁巨人ベンチ上でしたから…。
 でもねぇ、札幌ドームって最低の球場だわ。歩いても歩いても目指す南ゲートに着かない。そして球場の中は急な階段ばかり。こちとら膝を痛めているので、必死です。爺婆、デブ、身障者には、もう大変な球場です。やっと階段を下りて前から5番目の席に。最高の席だ。座ると何か変。椅子が外野方面に向いているのだ。野球って必ずバッターボックスを見るよね。このドームの設計者は野球を観戦したことがないのでは…。隣の相棒も黙ってうなずいていた。
 三回を終わってタバコを吸いに行こうとしたが階段を100段近く登らなければならないので、我慢した。ドーム全体を見渡すと出入り口が少ない。第三セクターはだめだねぇ。ハムファンは高齢者が異様に多いのにねぇ。もっとファンのための球場を作らないと…。体にきつい球場ですわ。
 ところで野球ですが、私の予想通りハムの勝ち。メディアはホールトンの自滅と書きたてたが、それ以上にチャンスでの長野の初球打ちの併殺打でしょう。巨人の打者は淡白すぎる。坂本もだ。2番藤村も粘りがない。このチームがぶっちぎりの優勝したとはねぇ。先発陣も中日が上でしょう。原采配も?ばかりだし…。
 きのうの試合でも藤村の落球をとやかくいうけど、阿部が抜けて4番に高橋由が座った。どうみても調子落ちの選手だった。そのうえ小笠原のスタメンとはねぇ。原采配でサヨナラ負けですよ。短期決戦は選手の調子が左右するもの。山口、西村、村田も下降線。ペナントレースの戦い方じゃ日本一はとれません。
 そして相棒が言ってました。ハムファンは応援が下手だと。稲葉ジャンプは止めてほしい。それと立っての応援。ま、ボール先行のときの頑張れ拍手だけは独特でいいけど、ね。昔のように静かに洒落た野次を聞きながらの観戦がしたいですな。
 でも久しぶりの生野球…楽しみました。

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/3/30