ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2012/07/28    五輪ボケ
 スポーツメディアは五輪ボケなのか、暑さボケなのか、問題意識がまったくないようで…。
 五輪に隠れて?甲子園予選の熱い戦いが各地で行われているが、注目を浴びていた岩手・花巻東の160`右腕、大谷翔平投手が誤審で散ったのだ。
 それは決勝戦の3回だった。一死一、二塁で盛岡大付の4番・二橋が左翼ポール際へ大飛球。テレビのニュースで何度も見たが、明らかにファウルだった。結局、高校野球としては珍しい猛抗議も実らず判定は3ランホーマー。大谷は「あそこに投げてしまった自分のせい」と潔かったが…。
 大誤審である。審判も大変ということは分かる。手弁当で、うだるような暑さの中でのジャッジ。人間にはミスはつきものというが、3年間、汗、泥まみれになりながら甲子園をめざしていた選手たちがミスによって、すべてが終わったのである。それにしても、審判の低レベルには、あきれる。まず、ストライク、ボール判定がいい加減。ど真ん中がボールに、明らかにボールがストライクに。日常茶飯事なのである。
 南北海道大会準々決勝の札幌一と北海の試合でも明らかなミスジャッジがあった。3回の北海の攻撃で確か一死二塁だったと思う。打者が三遊間はのゴロを打ち一塁に駆け込んだ。足の方が完全に速かった。間をおいて塁審の判定はアウト。放送していたNHKローカルはVTRを流さなかった…。セーフであったなら、この試合の行方は分からなかっただろう。
 評判の悪い高野連さん、微妙な判定にはビデオ判定を導入してくださいな。審判のレベル向上へ全国レベルでの講習会、報酬アップをしてください。いま手を打たないと行く末は相撲協会になるかも。
 それにしても、スポーツ紙は酷かった。問題意識のかけらもなかった。高野連が怖いのかあの大誤審のホームランには「微妙判定」で終わりとはねぇ。スポーツ紙も終戦かな。
 
 
2012/07/25    苦闘4時間
 先週の日曜日に釣り名人のTさんと渓流釣りに出かけた。場所は昨年と同じピリカダム近くの川だ。T宅に早朝5時に待ち合わせ。そこから車で20分くらいのところだ。上流にアタシの車を止め、下流にTさんの車で行って、そこから上流へ2`の釣り行軍である。
 本日、デブゆえにオーダーメードのウエダーのお披露目の日でもあった。出来上がりは、まさにピッタリサイズ。川の中へ、いざ1歩を踏み出した。流れの速いところでもスムーズに歩ける。作ってよかった。一生もんですわ。
 相変わらず魚影が濃い。釣れるが、ちびヤマベばかり。アタシは最初は元気だったが、釣っているより川を歩いている方が多くなった。牛舎作業で足が重いですから…。Tさんは着実に釣っている。アタシはたまに20a超えのヤマベを釣れば取り込みに失敗するありさま。そして、足が上がらなくなってきた。
 石の上に座って一服が多くなった。上流の終点が見えてきた。そこでスッテンコロリだ。なんと竿先が石に当たりポッキリ。「あ〜ぁ」。
 苦闘4時間の3分の2は川を歩いていた…。釣果もヤマベ6尾、イワナ2尾、トラウト1尾、ハヤ3尾と散々だった。Tさんは50尾前後釣っていた。
 ま、特注ウエダーの試し歩きと思えば、いいか。
 この日の民宿シャマンのお膳にはイワナの塩焼き、ヤマベのから揚げが並んでいたとさ。
 
 
2012/07/04    まつりの後…
 長万部最大のイベント毛がに祭りが30、1日に行われ盛況に終わった。なんと人口6000人の町に、全国から2万3千人も集まったのだ。これもキャラクターまんべくん効果なのか。ただ、20日に解禁となった毛がに漁が台風の影響で出遅れ、いつもの毛がにが集まらなく冷や汗ものだったようだ。
 あたしも、かに飯サミット、茹でかに販売のお手伝い。ちょっぴり町に貢献しました。主催の商工会会長のムラさん、現場を仕切った落馬寸前のトオルオーらご苦労さまでした。
 そして3日。昔の仕事仲間のシミちゃんが東京から出張前乗りで、長万部に寄ってくれました。昨年は奥さん、娘さんも来て、この町と人が気に入ったみたいだ。
 家前でバーベーキューのはずがポツリポツリと雨…。仕方なく家中でとあいなりました。かにをむさぼっていたシミちゃんが「田舎のスナックに行ってみたい」と。やっぱり好きですねぇ。
 ということで、Pに出陣とあいなりました。途中、かに祭りで奮闘したトオルオーの慰労を兼ね、そしてカラオケならではの奥方の裕子さんを誘って、まずは4人で乾杯です。
 そして、山さん、ムラ夫婦も合流して、あっという間に午前様となりました。いつものようにシミちゃんが「締めのラーメンが食べたい…」と。田舎でも営業しているのです。大昌園が。
 シミちゃん、一言「旨い」。
 そして、この日です。「川に入らなくてもヤマベが釣れるところがあるけど」と言うと、、即乗ってきました。例の牛舎近くに行きましたよ。わずか1時間の釣りでしたが、写真のとおりヤマベ9尾、イワナ1尾…。ちびヤマベ2尾をキャッチアンドリリースし、最後には25a級の天然ニジマスを釣り上げていきました。シミちゃん「いやぁ、川釣りなんて小学生以来だよ、楽しかった」と大興奮してました。
 そして、ラーメン好きとあって、「こだわり」で塩ラーメンを食べ、妻、娘に毛がにを送り、「また来年も来るよ」と言って石川遼、ミスター長嶋さんが待つ千歳に向かいました。1日と短かかったが、長万部の自然と温泉と食に十分満足したみたいだった。めでたし、めでたし。
 
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/9/19