ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2009/07/28    晴れたけど湿るボチ畑
 いやぁやっと晴れました。やっぱり青空はいいですわ。ということで、涼しくなった夕方にボチ畑に出陣しましたよ。
 車を降りると野菜作りに熱心に取り組んでいるFさんに久しぶりに会いました。道東へ1週間ばかり旅行していたとか。でもFさんの顔は曇りがち。「びっくりしましたよ。久しぶりに来たら、ジャガイモが…。見てください、ほとんど根腐れ状態ですよ」と、肩を落とす。
 Fさんのジャガイモはイの一番4月中旬に植え付け、その成長は一番だったはず。それが8割近く茎、葉が茶色で倒れている。収穫前の状態とは明らかに違っていた。
 梅雨のないはずの北海道なのに、地球温暖化の影響か雨男さんの力なのか、ここ渡島地方の雨量も例年の3倍になっているという。あちこちの農家から悲鳴も聞こえてくる。ここボチ畑にも…。久しぶりの晴れも気分は湿っぽいですわ。
 
2009/07/26    雨、あめ、雨
 20日の海の日以来、青空を見ていない。その日にボチ畑のタマネギ周りの雑草とりをして正解だった。雨、雨…。畑に顔を出すが、何もできない。あっと言う間に雑草だけが伸びる。今年は無農薬の苗のトマト、ピーマン、ナスはあきらめた。成長しないんだわ、まったく。家の前のプランターのミニトマトは赤く色づいたのにねぇ。でもカラスがしっかりと、もぎとっていく。あれだけカラスに釣った魚の頭など餌を与えたのに…。やっぱりカラスは勝手だね。
 無農薬といえば、21日に北見の哲人秀さんと言われる伊藤秀幸さんと自然食品店ふきのとうオーナー佐藤健一さんの畑を視察してきた。特に秀さんの畑は18町歩と広大だが、すべて安全と質を求めての無肥料栽培だ。そこにはタマネギ、ジャガイモ、大豆、小麦などがスクスクと育っている。ボチ畑ではまだ見られないその畑の地力と植物の生命力には驚いた。それ以上に感じたのは、雨混じりだったが、空気が澄んでいてなぜか癒される畑だったことだ。
 いま朝から晩まで除草にかかりっきりという。やっぱり無農薬畑は手間暇かけての雑草とりが大事なんだと、改めて実感した。
 そして秀さん宅で一服となった。そこの茶の間もなぜか居心地のよい空間だった。秀さんは、ニューギニアのタロイモしか食べないのに投入エネルギーより産出エネルギーが高い民族がいることに始まり、元素転換、人と自然の関係、そして作物と自然の関係、作物に話しかけるとYES、NOで答えてくれるなど笑顔で話してくれる。そこには理論、化学式を超越したものばかり…の不思議な世界、こちとら、ただあ然とするしかなかった。
 この後、自然食品店ふきのとうに寄った。野菜ほか納豆、甘納豆、タマネギドレッシングなど加工された品物が棚にびっしり積んである。シャンプー、石鹸もある。なぜかここも居心地のよい空間だった。
 今回の視察はボチ畑メンバー7人での日帰りの強行軍だったが、ボチ畑の今後にとって参考になったことは間違いない。
 あしたから天気も回復しそう。今週はせっせと雑草とりに励みますわ。
 
2009/07/08    老人パワー
 きのうの晩から降り続いていた雨がお昼前に止んだ。雨男さんが東京に帰ったあと、ずーっと晴れていた。ボチ畑にとっては、いいお湿りとなったはず。
 雨ということで、朝からパソコンをいじっていた。そうすると外でエンジン音が。2軒先の長老Oさんが、私の家の周りの草を刈っていたのだ。ありがたいこと。80過ぎと聞くが元気だ。草刈りする腰つきも決まっている。そして、いつも笑顔で自転車を乗り回している。
 Oさんはじめこの町の老人たちは、元気だ。パークゴルフもゲートボールでもみな笑顔でプレーしている。あの耳吊りのS母さんのパワーも凄かった。踊りの師匠Kさんも冬でも自転車に乗っている。そう、この町の活性化はこの老人パワーにヒントがあるのでは…。そこに若者が加われば…、なんて思いながらチャンブーの散歩に行くのであった。

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/11/19