ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2011/03/30    春なのに…
 雪解けが進み、あちらこちらで土の臭いがしてきました。道端にはふきのとう…春なのですが…、なんとなく憂鬱な日々ですね。
 勤勉、礼儀正しく、そして組織力で動く日本人。大震災から3週間…。爆弾を抱えながらも復興へ前向きな姿勢には頭が下がる思いです。
 そんな中、腹が立つ輩はいるのです。まず、プロ野球のセ開幕をごり押しした奴。いまだ盟主と勘違いしている巨人ですわ。そして東京消防局の職員を言うこと聞かなければ処分するぞ!と恫喝した海江田。もう一人は、与謝野晶子の曾孫だかなのか知らんが、節電に対し電力料金の大幅値上げを画策した与謝野馨。値上げすれば電気を使わなくなるというのが、理由だって。庶民感覚がないというか、アホというか…。こいつを経済財政相に任命した管直人もどうしようもない輩ということか…。
 あと東電の幹部たち。社長は入院したとかで、いまだ会見に姿を現さないし、会長が出てきたと思ったら、「天災」の一点張り。何をか言わんやですな。会見にでるなら、せめて現場に行って陣頭指揮ぐらいしなさいよ。原発は安全なんでしょ。
 春なのに…、あ〜ぁ、気分は厳冬だぁ。
2011/03/16    やれることを…
 3・11以来、気の重い日々が続きます。この日本に春は来るのでしょうか。来ると信じるしか…ないよですね。
 それにしても余震、それ以上に福島の原発が気になります。原発に関しては、”利益を優先した”初動の遅れがすべてでしょう。想定外を発するばかりの東京電力幹部、政府の責任は重大です。
 ただ、最悪の事態を回避のため、現場で命をかけて作業する所員、自衛隊員らに頭が下がります。彼らの頑張りを祈るばかりです。
 いま私たちがやれることは…。ということで、山さんの発案で我がおしゃまんべ夢倶楽部が動き始めました。ボチ村に埋めてあるニンジン、ダイコンの越冬野菜を被災地に送れないか、ということで、まずはニンジンを掘り出し、冨野公園を流れる川で洗いました。被災地には多くのアレルギーを持った人、化学物質過敏症の人もいるはず。救援物資も、そういった人々のことまで手が回っていないはず。ボチ村の安心安全な無農薬の野菜を何としても食べさせてあげたいー。
 石原都知事は、この大地震、大津波による原発事故を”天罰”と言いきった。利益追求、満ち足りた生活…我々は、もう一度原点に還る必要があるのでは…。いまはとにかく節電、節水、買い控えなど、やれることをやるしかない!
2011/03/12    地震&津波
 きのうパソコンをいじっていたら、物置小屋で寝ていたチャンブーが落ち着きなく走り回り、吠え始めた。その時だった。グラッぐラッときた。舟釣りをしているような横揺れだ。それも長い時間だ。震源地は三陸沖と思い、ここの被害は大したことはないと、思ったが、震源地からもろに受ける地区は大変なことになっているぞ!と直感した。
 テレビをつけた。その時はM7・9、最大震度は7だった。
 「うーん」と思わず絶句した。
 緊急津波警報も発令していた。その範囲は徐々に広がっていく。なんと6bのところもある。
 海岸近くにあるシャマンにチャンブーを連れて午後3時に直行した。車の前に消防車が走っていた。
 山さんはテレビとアイフォンで情報を収集していた。「いやぁ、凄い地震だぞ。船酔いと同じで、気持ち悪くなった」。モーリーさんも合流した。整体のRちゃんも来た。みんなテレビに注目した。凄い光景が映し出された。それは津波が一瞬にして車を飲み込み、何台もプカプカと浮いているではないか…。
 消防車が走る。何かを言っているが、まったく聞き取れない。ここ長万部への津波到着時間は4時10分だ。ということで、3時50分過ぎ、自発的に避難することにした。ボチ村横のヘリポートに行った。すでに5台の車がいた。山さんの車には猫のモネ、ブッチャンも、もちろん乗っている。次々と車が来る。こだわり一家、大山一家も次々に避難してきた。車のラジオを聞くが、ここ長万部の情報がまったく入ってこない。写真館のKさんが、「いま避難勧告が出ました」と教えてくれた。「満潮は7時過ぎ」とも。
 情報はこれだけだった。山さんが理科大に取材に行った。モーリーさんが5時半に自宅に戻った。私も自宅に戻ることにした。ま、海岸から1キロは離れているからと自分に言い聞かせて…。
 自宅の周りの家は電気がついていた。普段と同じだった。山さんからも「シャマンに戻りました」とメールがあった。この晩、行政から、まったくこの町の情報は入らなかった。ただボチボチ村の掲示板で観光協会のテルが避難場所はスポーツファミリーセンター、福祉センターで100人超が避難してきていると書き込みしていた。これが唯一の情報だった。
 この町に危機管理ってあるのでしょうかね。ほとんど被害がなかったから、よかったけど、これからも行政をあてにせず自己責任で行動するしかないね。
 朝、5時に起きてテレビをつけた。やっぱり凄いことになっていた。大津波の様子が映し出される。死者、不明者が増えていく。福島の原発が気になる。M8・8観測後史上最大の地震となった。
 
 午後、シャマンに気がかりだった静狩のホタテ漁師Jぺいが現れた。開口一番「沖に避難してた。舟にいた時に一報が入ったから食べ物もないし、タバコもないし、寒かったぁ」。ま、元気な姿をみせてくれただけで、よし、です。津波の被害は作業場が浸水しただけで済んだみたいで「あすも仕事だ」と言って帰って行きました。
 ちなみに、冬期家を空けているOさん、Sさん宅も流されることなく無事に建っていました。
 
2011/03/11    健康が一番
 きのう萩本欽一とのコンビ「コント55号」で人気だった坂上二郎さんが脳梗塞で天国に「飛びます、飛びます」しちゃいました。エネルギッシュなコントをはじめ笑いに歌に、そして役者としても活躍した。いまの芸のない芸人たちに爪の垢を煎じて飲ませたいものだ。また昭和が消えていった…。
 
 きのうの昼前に山さんからメールがあった。「いま、伊達の日赤にいる。女房の呼吸が苦しく首に腫れがある。甲状腺に…」というものだった。もう、ビックリだった。午後、暗い気分でシャマンに行った。山さんが煙突掃除していた。サヨちゃんも手伝っていた。またビックリだ。最悪入院かな、と思っていたので、まずは、ひと安心だ。
 聞けば来週に検査するという。首には腫れがあった。なんともなければ、いいのだが。こちとら、ただ祈るしかないですから…。
 山さんが怒っていた。対応した医者が触診も検査もしないのに、いきなり「甲状腺がん」と言い放ったという。医者不足とはいえ、ここまで…。ここ長万部にも町立病院があるけど、重病、緊急患者には対応できないですから…。これが地域医療の現状です。でも、山さん看護師さんの対応だけはよかったって。そう、町立病院もそうです、これ実感。
 
 といことで、改めて健康が一番ですな。あたしも倍になった体のために移住してきました。血圧、血糖値、コレステロール…、メタボのデパートでしたが、ストレスのない生活で、いまは普通人となりました。でも体重がなかなか落ちません。移住当初は10`ほど落ちましたが、それっきりなんですわ。ま、北の幸はおいしいですからね。とにかく、牛(牛舎作業)、犬(散歩)相手に動き回り、春からの畑作業も頑張って減量しなくちゃ、ね。チャンブーよ、散歩に行くぞ!
2011/03/09    諸見たくない?!
 プロ野球オープン戦も中盤を迎え、春を感じる季節となりました。ここ北海道の春はまだ先ですが、野球ファンは熱くなっていますよ。そうです。日本ハムです。今年は佑ちゃんも入団し、ますます北海道の球団となりました。昔は北海道といえば巨人オンリーだったのですが、いまはハム、ハムですからねぇ。あたしも…、いえいえ、まだまだG党、いや永遠に長嶋ファンですよ。今年は、久しぶりにハムVs巨人の交流戦でも生観戦したいな、と思ってます。アカちゃん、切符の手配よろしくね。
 
 先週は女子プロゴルフも開幕。またも韓国勢に優勝を持っていかれましたが、石川遼べったりの男子プロより断然面白いことは確か。これからの熱戦に期待しましょう。
 ところで、サンスポがなんと女子プロゴルファーで一番嫌われている諸見里しのぶの連載を始めましたね。それもヒロイン扱い…。まったく、もう。あの甲高い声、オンナ、オンナした八方美人的態度、私は美人よと勘違いした笑顔…。某夕刊紙では「ぜったいにスポーツ紙で一面を張れない女子プロ」とまで書かれた諸見里ですよ。第一回目では、あの浅田真央並みの気持ちの悪い笑顔の写真のアップがドカーンと掲載され、こちらは朝から気分の悪いことといったら…。ひょっとして、この連載の担当者はナベさんではないでしょうね。もしそうだったら、ご愁傷さまです。
 
 今季はメジャーリーグの放送も増加するみたいですね。春よ来い、早く来いですな。
 

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/11/19