ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2011/01/25    ♪会いたかった
 朝から晴れ間が広がっていた。本日の牛作業は山さんの出番とあって、6時半起き。「てっぱん」を観たあと、チャンブーの散歩に出た。いつものように弓道場前で、チャンブーを走らせて戻ろうとすると、チャンブーはログハウス喫茶店「クラフトタカノ」へ行こうとして、動かない。この前、牡のジョンはいたが、牝のマロンがいなかったのだ。チャンブーはそれが気になっていたみたいだ。
 やっぱり、いない。だいぶ前に見た時は、マロンは高齢と糖尿を患いげっそりと痩せていた。父さんがいた。チャンブーがじゃれる。3日間とはいえ、前の飼い主ですから、ね。
 「マロンは?」と聞くと
 「だいぶ弱ってね、夜は家の中で、今は階段横の物置にいる」と案内してくれた。マロンが静かに出てきた。目が見えないようだ。びっくりするくらい痩せていた。チャンブーが鼻づらを合わせる。「会いたかった」と、言っているみたいだ。マロンは臭いだけで相手をしている。父さんは「うんちも自分でするし、きれいだし、まだ大丈夫だよ。それにしても、チャンブー太ったね」と笑いながらいう。やっぱりー、飼い主に似てきたかー。
 帰り道、ちょっぴり暗い気持ちになった。チャンブーもあと10年もすれば、マロンのようになるのかー、このままだとマロンより早く糖尿なんてことも…。
 チャンブーよ、飼い主と一緒にダイエットだぞ!
 
2011/01/23    老人パワー
 この日4時30分から、町内会の新年会が行われた。ここ陣屋地区は広くて3区に分かれており、それぞれに新年会が行われる。5号線に面している17軒が3区。どこの田舎もそうであるように、高齢者ばかりだ。今年85歳になるOさんら12人が集まった。80歳以上が4人。ほとんどが70歳以上だ。でも、みんな元気だ。そして、みんな笑顔だ。
 当然、あたしは新参者。でも、ここに住んでから、チャンブー共々お世話になっている。特にチャンブーは、みんなに可愛がられ、おやつをもらっているみたいだ。チャンブーを飼い始めた頃のことだった。Oさんの奥方であるお婆ちゃんが、家の側で畑作業をしていると、散歩途中のチャンブーは尻尾を振って走り寄っていった。おやつのおねだりをしている。お婆ちゃんは笑顔でパンを与えた。「チャンブーはね、これが大好きなんだよ」と、教えてくれた。
 そのお婆ちゃんが昨年、体調を崩して入院したと、聞いたが元気に出席していて、「春になったら、チャンブーのところに行くからね」と、いつもの笑顔があった。よかった、よかった。
 テーブルには、12人というのに、なんとすき焼き鍋が5つ。周りにはビール、日本酒、焼酎など飲み物と、おにぎり、稲荷寿司、漬物、山菜漬けなどどっさり。みんなモリモリ食べる。あたしの前に座ったのは町長夫人。このお婆ちゃんは品があり愛嬌があって可愛い。「これ食べなさい、これも」と、よそってくれる。こちら満足、満腹ー。これだけではなかった。今度は長老のHさんが持参した、ステーキ肉くらいあるタレに漬けこんだカルビを焼き始めたのでした。恐ろしいほどの老人パワーだ。
 これも「旨い」。
 はしを止めることもなく、健康、除雪の話に始まり、中国、年金など政治の話まで…。あっという間に3時間。最後のビンゴゲームでは生活用品の賞品をもらい、それと「チャンブーに食べさせて」とすき焼き鍋ごとと、漬物などどっさりのお土産まで…。心温まる時間を過ごさせてもらいました。そして、ごっちゃんでした…。
 
2011/01/19    チャンブーが笑った
 きのうは朝方に雪が降ったが、昼間は青空が広がった。雪かきも牛作業に行く前に軽く5号線への出入り口をやり、帰ってきてからも、1時間ほどで済んだ。苦痛だった雪かきも、最近では快感になってきた。
 チャンブーの散歩は好天だったので看護師のU子さんが、1時間以上もやってくれた。最後に「こだわり」にも寄って、チャンブーは大満足の様子だった。
 7時過ぎにチャンブーは夕飯を食べるとストーブ前で早くもスヤスヤ。大好きな散歩で疲れたのか、イビキをかいている。こちらも牛作業があるので9時過ぎに布団に入った。チャンブーはベッドで相変わらず気持ちのいいイビキをかいている。
 午前2時過ぎ、変な笑い声に起こされた。チャンブーだった。見るとチャンブーはベッドであおむけになって寝ていた。そして、いびきの後に「エヘヘ」と笑い声らしき言葉を発している。何度聞いても、やっぱり「エヘヘ」だ。顔を見ると薄眼を開けて確かに笑っているように見えた。いつもこだわりでもらうチャーシューを食べている夢でもみているのだろうか。
 笑う門には福来るー。チャンブーきっといいことがあるぞ。
2011/01/13    雪に辟易
 前日から降りだした雪は、この日の朝までに30a以上は積もったみたいだ。夜中の2時にチャンブーのおしっこで外に連れ出そうとしたが、玄関のドアが開かない。思い切り体当たりして、なんとか外に出た。
 もう大変なことになっていた。予想以上の凄さだった。玄関前に止めてある車の前後、左右には腰まである雪だまり。玄関前を歩くと膝上まで雪が…。犬小屋は雪ですっぽりと隠れている。家から5号線の国道に出るまでには30bほどあるが、その私道も消えていた。一面が雪に覆われていたのだ。その中をチャンブーは元気いっぱいに走り回る。その姿はまるで雪の中を泳いでいる。チャンブーは楽しそう。でも、すぐに我に返った。
 「これはヤバいぞ」
 ということで、まずは玄関、車周りだけでも、と思い雪かきを始めた。これ午前2時過ぎ、氷点下10度ですよ。本日の牛作業は山さんだったから、いいようなものだが、あたしの出番だったら、たぶん家を出る5時までは雪かきをしていたに違いない。
 家周りを、ある程度終えると3時近くになっていた。チャンブーはストーブの前でスヤスヤ。5号線までの私道は早朝に…ということで、軽く寝ることにした。布団に潜り込むとチャンブーも入ってきた。湯たんぽを独占された。蹴飛ばしたが動じない。ま、いいかー。
 朝、チャンブーと食事を済ませて7時半から雪かきを開始した。あの吹雪がウソのように晴れ渡っている。まず5号線に出る入口だ。80aくらいの硬い雪で塞がれている。これにはいつも腹が立っているんですわ。歩道の除雪する時、面倒なのか、必ず家への出入り口を塞いでいくのですわ。この除雪の管轄は国道なので町ではなく、国。北海道の開発局の管轄です。これで、町民がいかに迷惑しているのかー。この上に乗り上げて車のバンパーは傷だらけ。何度も「やめてほしい」と言ってもダメなんですわ。いま、せっせとこの状況を写真に撮りまくってますわ。これで事故ったら訴えてやるのだ。ほんと行政のやることは…。朝早くからの除雪作業は大変と思うけど、やり方、指導がなってませんな。
 あっという間に1時間半がたった、なんとか道らしきものができた。問題は車が行き来できるかであるー。そうだ、牛作業の山さんに応援を頼もう。メールを入れた。牛作業も大雪で遅れているのか山さんが来ない。いつもより1時間遅れ…。山さんのパジェロが見えた。パジェロは入ることができた。これで雪を固めてくれれば、いいのだ。
 山さんは、「いやぁ、子牛が産まれて、遅くなった。でも元気な牝でよかったよ」。山さんは疲れているのに、手伝ってくれた。いつもながら、頭が下がります。
 なんやかんや終わったのは10時半。3時間の雪かきでした。夜中も入れると4時間近く…、いい運動になりました。雪かきもボチボチです。雪と上手につきあっていくしかないですな。
 でも、疲れた〜。天気予報では、あしたも大雪…とか。ああああ〜ぁ。
2011/01/03    ♪ワセダ、ワセダ!
 今年の箱根駅伝は見ごたえがあった。これぞ日本が生んだスポーツです。外国人力士が席巻し問題山積する大相撲に代わって国技にしてもいいのでは…。
 三が日連続で牛舎通い。ということでウトウトしながらも観ましたよ。総合優勝争い、シード校争いなど史上まれにみる接戦、激戦。最後までハラドキ、早稲田応援のアタシも疲れましたわ。
 早大のアンカー中島の精神力には頭が下がります。タスキを受けた時は2位の東洋大とは40秒差。東洋の山本がジリジリと差をつめる。逃げる中島。その差は21秒に縮まった…。絶対に追う方より逃げる方がきついから、ね。
 サンスポ時代、紙面「男のフライパン」でお世話になった解説の瀬古利彦さんが「デッドラインは18秒(100b)です。そうなると早稲田危うしですよ」と的確な解説をする。20秒の壁…その攻防は見ごたえ十分だった。日本橋三越を越えると中島は勝利を確信して、左手を挙げた。追いすがる山本の力走もこれまでだった。21秒差…、中島がゴールすると、こちらも思わず「よッしゃー」。
 4、5位争いも接戦だった。6、7位争いも死闘だった。名門・中大のアンカー塩谷はいつ倒れても…という走り方で涙が出そうになった。
 そして、優勝争い以上に凄かったのが10位を巡るシード校争い。日体大ほか4校のアンカーが力走、そのあと小差で続く3校。最後の力を振り絞る。初のシード権獲得の国学院大の1年生寺田が誘導車につられてコースを間違えた。それでも城西大を抜いて10位。よかった、よかった。仲ポンちゃんよかったね。筋書きのないドラマ、ほんとこれがスポーツですね。正月早々いいもの見せてもらいましたわ。
 早稲田の野球は明治神宮大会初V。きのうのラグビーは準決勝で74点爆勝。さあ、大学日本一へあとひとつ。ガンバレ!早稲田。
 
 
2011/01/01    初日の出
 大晦日はいつものようにシャマンで「年越し」。山さんと私は新年早々の牛作業があるので、10時過ぎにお開きとなりましたが、総勢9人で盛り上がりました。最後まで「ごっちゃんでした」。
 元日も4時半起き。チャンブーと外に出ると三日月と金星がくっきり。なんと穏やかな元旦なんだろう。全国的に大荒れなのに…。今年は。いいことが一杯ありそうだ。
 山さんのパジェロが5時過ぎ迎えに来た。まずは新年のあいさつ。先ほどまで一緒だったのにねぇ。チャンブーが山さんにじゃれる。蕨岱に行く5号線はセンターラインもくっきりで走りやすい。
 牛作業は2人とあって、いつもより30分も早い。最後の藁やり前に、遠くの山並みから光がさしてきた。何年ぶりかに初日の出が拝めるのだ。そして藁やりを終えると、見えました。眩しすぎる。東京では絶対に見ることができない御来光だ。しばし満足感に浸った。
 
 きのう車を置いてきたので、そのまま山さんとシャマンに。サヨちゃんがお雑煮を作って待っていました。今年も最初から「ごっちゃんです」。チャンブーにはきのうのザンギ(鶏のから揚げ)まで…。
 2時過ぎにチャンブーを連れて飯生神社に初詣。おみくじは末吉。「何事も耐えしのぐ1年になる」とか。ま、我慢には慣れてますから、ワラ。今年もボチボチやるとするかー。

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/5/29