ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

DIARY

 自然とのふれあいです。
移住いいとも!
2010/10/15    貰いもの
 随分と寒くなってきました。本日の牛舎は山さんということで、のんびり、ゆっくりです。それでも6時過ぎに起きましたよ。
 ダラダラとして、新聞を読み、NHKの朝ドラ「てっぱん」を観ていると、チャンブーが散歩に連れて行け!とベランダまで来てピーピーです。ところで朝ドラですが、前作のゲゲゲの女房に続いて今回もテンポがよくて、日課となりました。今回は尾道と大阪が舞台。大阪人は品がなくて、図々しくて、大阪弁も大嫌い(大阪の人ゴメン)なのですが、べっちゃの富司純子がいいですねぇ。さすがお竜さん!
 そして散歩です。本日は雨が降りそうなのでBコースでした。クラフトタカノさんまで行って弓道場に寄って帰るという手抜きコース。それでも30分以上はかかります。
 タカノに近付くと早くも牡犬のジョンが吠え始めます。老いたといえ、嗅覚は衰えていません。牝犬のマロンがチャンブーを迎えに犬小屋から出てきました。2F に繋がれているジョンが激しく吠える。焼きもちなのですかね。父さんが階段を掃除していました。チャンブーは尻尾を振って寄っていきます。3日とはいえ、チャンブーの飼い主でしたから、ね。帰り際、父さんが「朝、ボリボリを採ってきたんだよ。少し持っていくかい」。見ると紙袋にいっぱいのボリボリが入っていました。(写真はボリボリについた虫を除去するための湯どおし。ちなみにボリボリはナラタケのこと)
 
 そして午後、髪切虫で久々にカットしてすっきりして、いつものようにシャマンへ。すると元漁師で、いまも漁を手伝っているMさんが干したホッケ、スケソウ、ハタハタなど魚介類を持ってきてくれていました。
 ということで、今晩のおかずは、スケソウとホッキのバター焼き、ボリボリ汁、これも昨日、ボチ畑で貰ったインゲン煮でした。すべて貰いものでした。
 そういえば、冷蔵庫には、貰ったシソ味噌、シソジュース、南蛮漬け、野沢菜…。チャンブーの骨までぎっしりですわ。有難いことです。田舎ってサイコー!
 
2010/10/14    会議なの?
 本日も牛舎に出動だ。朝の気温は5・5度。やっと北海道らしくなった。睡眠時間は3時間だった。寒いし眠いし…。というのも、きのう夢倶楽部の定例会議があり、終わったのが午前12時30分を過ぎていたからだった。熱の入った議論で? いやいや8割は無駄の時間でした。
 日本人は会議ベタであるという。会議が多く、ダラダラ会議をやる企業、組織は未来がないと言われている。また会議を開くと必ずいますよねぇ。空気を読めない輩、決まりかけたことにイチャモンをつける輩、大声で恫喝する輩、知ったかぶりをする輩、毎度同じ質問を繰り返す輩…。会議は踊るですかー。
 きのうの会議もそうだった。案件3つに5時間半ですよ。途中、酔って帰る人、捨てセリフを吐いて帰る人…何をか言わんやですわ。あたしも久しぶりにストレスがたまりましたが、決めてもらわなければならない案件があったので、じっと我慢でした。
 
 ただ一つだけ、いまだ?があるんですよね。それはまだ収穫もしていないし、数の把握も試食をもしていないニンジンの値段を確定したことです。絶対にあり得ないこと。ある程度の目安ならわかりますけど、ね。
 
 それにしても、1時間もかからないで終わる会議が5時間半とは…。夢倶楽部に夢も希望もないかもね。みなさん頑張りましょうや。若手のテル、ヨウイチらが出席して引っ張っていかなきゃアカンぜよ。
 
 
 
 
2010/10/06    アジ
 長万部の各漁港で豆アジが釣れているという。移住して3年目となるが、この辺りでアジが釣れるなんて聞いたことがなかった。先端にはイワシの群れがきているという。これもこの夏、暑かったからなのか。まだまだ海温が高いようだ。
 いつもなら鮭釣りが始まり、釣果が聞こえてくるのだが、アジとはねぇ。こちら収穫祭、チャンさんの送別会、牛舎やら天気が悪いこともあって、行きそびれていたが、この前、やっと出陣した。
 昼過ぎに長万部漁港に。キャンピングカーで全国を回っているIさんが「先端に行かなくても入ってすぐのところでも釣れるよ」ということだったので、先端で釣り始めた。I さんが「アジは1本針で餌はチカで十分」と言うので、まずサビキでチカを釣り始めた。チカの魚影は濃く、型は小さいが入れ食いだ。チカは1時間弱で50尾を超えた。本命のアジはいない。ということで、早々と切り上げた。夜、久しぶりにチカを唐揚げと天ぷらにしてチャンブーと食べた。熱々は旨いッ。 
 写真はIさんが釣ったアジとチカ。
2010/10/03    チャン&チャン
 台湾から来ていたチャンさんが1日、長万部から旅立った。チャンブーが誰よりもなついていたチャンさん。毎日のように散歩に連れて行ってもらっていた。
 チャンさんは張正衡といい、米イリノイ大学大学院在学中で社会学の博士号をめざす33歳。4年前にネットで長万部のボチボチ村を知り、友だちの陳さんを通訳にして来長した。その後、米で日本語を学び、昨年8月1日に「日本人の定年帰農」の論文を書き上げるために再び来長したのだ。台湾の東大と言われる台湾大学を1番で入り1番で卒業した秀才。もちろん、中国語、英語もペラペラだ。文系だけではなく理系も得意だった。
 そのうえ優しい性格で日本人を自然を動物を愛し、日本人が忘れた心を持つナイスガイだった。
 ここボチボチ村では野菜を作り、過酷な作業チーム牛の助っ人もした。民宿シャマンのさよちゃんの雨竜の実家の田植えにも手伝いに行った。なんにでも嫌な顔せず、いつも笑顔で「やりたいです」とトライした。その人柄か、みんなに可愛がられた。チャンブーの最後の散歩を終え、2週間前からシャマンに滞在していた陳さんと共に駅に向かった。山さん夫妻、Oさん、モーリーさん、ヨウイチ夫妻、Rちゃんが見送る。商店街を歩いて行くと、Iちゃん、Sちゃん、Nさんも加わったという。わたしはチャンブーと駅には行かず、交番通りの踏切のところで見送ることにした。札幌行き北斗はあっという間に通り過ぎていった。チャンさんが来て1年2カ月はあっという間だった…。出会いがあれば別れが…。楽しい思い出ありがとう。
 
 次の日、いつものようにシャマンに行った。チャンさんの親代わりだった山さん夫婦は元気がなかった。チャンブーは外から窓をのぞいてチャンさんを探す。何度も繰り返す。でもチャンさんはいない。チャンブーが一番寂しいのかもしれない…。

PAST INDEX FUTURE

Last updated: 2017/9/19