ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   品格
 大相撲秋場所の千秋楽。本割りでは、白鵬が最高の立ち合いで朝青龍を破り優勝決定戦に持ち込んだ。
 朝青龍が2度続けて白鵬に完敗したら、引退→格闘技転向かな、と思って決定戦を見た。
 今度は朝青龍が最高の立ち合い。左前ミツをがっちり引き、白鵬を攻め立て、最後は渾身のすくい投げで仕留めた。勝ち名乗りを受けたときは、「俺はまだまだ強いんだ」と、言わんばかりだった。
 そして、土俵を降りる前に出ました得意のガッツポーズ。NHKのアナウンサーは、「そのガッツポーズは土俵を降りてからしてほしかった」と。解説の前理事長の北の湖は「あれは、いかんね」と、物議をかもした。おそらく横審も理事長もメディアもまた品格うんぬんを言い出すのでしょうね。
 ちょっと、待った。アスリートが勝った時、その喜びをガッツポーズで表すのは普通だよね。いかに朝青龍が勝って嬉しかったってことでしょう。ただ、それだけなのに…。
 そもそも今の国技大相撲に品格なんてあるんでしょうかね。外国人に門戸開放した段階で文化の違う外国人に品格を求めても無理な話でしょう。幕内に外国人力士は両横綱はじめ14人もいるんですよ。朝青龍の品格うんぬん言うより、朝青龍、白鵬をブン投げる強い日本人力士を育てることが先決と思うが…。
 
 
2009/09/27
   のりピー
 きのうのりピーこと酒井法子被告が釈放された。覚せい剤所持で逮捕、拘留されて以来40日ぶりに東京湾岸署前に姿を現した。
 こちら、かつてのトップアイドルが憔悴し、身も心もボロボロ…を期待していたが、完全に肩透かしを食った。黒のパンツスーツ、髪もさっぱりし、化粧も…。そして「酒井法子を応援してくれた皆様、本当に申し訳ありませんでした…」と頭を下げた。その時、ちらりと微笑みも。それは間違いなく女優の顔であった。
 夕方には会見も開いた。今度はスカート姿にお色直しし、化粧も濃い目に。10分間、同情をかうかのごとく、ボロボロと泣いて謝罪した。この会見でも見事に女優を演じきった。まるで自分が悲劇のヒロインであるかのように…。やっぱり芸能人って凄いな。常人とは違うわ。人の噂も…、忘れた頃に復帰しているんだろうな。 
 
 本日付けの道新スポーツ終面いやサンケイスポーツ1面にはがっかりした。 
 ボロボロ泣き謝罪
  のりピー
 あまりにも陳腐な見出し。北の大地でOBは怒っています。いや、泣いていますぞー。    
2009/09/26
   石川遼
 先週のフジサンケイクラシックを5打差の圧勝で今季3勝目をあげた石川遼。賞金ランクも首位に躍り出た。世界選抜軍にも選ばれ、世界ランクも50位以内に入り、文句なしの一流プレーヤーの仲間入りとなった。17歳…、恐るべしである。
 日本の男子ゴルフのレベルが低いこともあり、AON以来スターが不在…時代がスターを作ったということもできるが、世界に通用する可能性を持ったプレーヤーであることは間違いない。
 ただ、石川遼について気になる記事があった。日刊ゲンダイである。フジサンケイの舞台裏での欠場ゴタゴタである。その内容はあのOB騒動があった関西オープンで、フジサンケイを後援しているスポーツ紙が「遼くんルール違反」という見出しをつけた。それに対し石川サイドが激怒。「出場しない」「出ても取材は受け付けない」などゴネだしたという。なんとかクリアしたら、今度は前夜祭で女性タレントとの写真の見出し「デレデレ?!」にかみついたという。
 たぶん17歳の金のなる木に群がる輩が、すべてを仕切るオヤジの顔色を伺い、いちゃもんをつけ、マスコミ操作まで…。聞くところによると、主催者、協会まで口を出してくるという。こんなことが起こっていることは石川遼はまったく知らないであろう。こういう輩が、過去何人もの一流アスリートを食い物にして、潰してきているのである。石川の敵は身内にある、と言えるのでは。
 
 それにしてもいちゃもんをつけられたスポーツ紙上層部の慌てぶりが想像できますわ。そういうのに屈せず、頑張ってほしいもの。提灯記事のオンパレードがスポーツ紙の首を絞めているのだから…。
 
 
2009/09/11
   4強は遠い
 きのうサッカー岡田ジャパンの強化試合が行われた。南アW杯で、4強を掲げる岡田監督。相手は世界ランク3位のオランダである。日本の力を測る絶好の相手であった。期待しないで観ていたけど、ね。
 
 後半20分過ぎまでは互角以上の戦いであった、とマスコミは報道するが、それは?である。まずオランダは日本をなめてかかっていたし、前半は6、7分の力で流していた。それに対し日本はというと最初から目一杯の戦いを挑んでいた。それは悪いことではないが、サッカーは90分のトータルでの戦いである。もし、先制点が入っていたなら変っていたかもしれないが…。
 結局、後半バテバテとなり、あっと言う間の3失点につながった。俊輔は「オランダなど世界のトップチームはどこからでも点をとれる個々の力と組織力がある。日本は個々の力が劣るので組織力をもっともっとあげないといけない」と言う。
 そうは言うが、組織力以上にやっぱり個々の力が問題でしょうね。90分走り切る、まずは基本の体力。それと相変わらずの決定力不足。これが致命的なんですよ。組織力は世界のトップレベルなんだから…。
 それと、注目を浴びている本田ですが、彼は岡田ジャパンには向かない戦力だね。オランダで実績を作ったけど、運動量が少なく、守りができない。マスコミの買いかぶり過ぎだと思う。スーパーサブがいるとなれば、絶対に小野伸二でしょう。フルは無理と思うがまだまだ世界に通用する戦力ですよ。
 あと、岡田ジャパンの鍵を握るのは俊輔ではなく遠藤です。日本のセットプレー以外の得点の基点は、ほとんどが遠藤なんです。遠藤を軸としての俊輔、中村憲剛が絡んだ攻撃パターンがもっとほしいよなぁ。
 さて、問題の決め手のないFWですが、FWと呼べるのは、田中達と玉田の2人だけです。岡崎にしろ巻にしろ、ただのFWですから。たぶん森本も期待外れでしょう、きっと。このチームに釜本がいればねぇ、なんていつも思いますわ。
 あと9カ月と迫った南ア大会は、組み合わせにもよるが、ま、80l予選敗退でしょう。出場するだけでよしとしなくちゃ。まだまだ日本はサッカー後進国なのだから…。
 
 
 
 
2009/09/06
   野球は面白い
 最近、地上波でのプロ野球中継がほとんどなくなった。でもBS、CSなどで、しっかりと最後まで見せてくれるのでファンにとっては逆にうれしいかもしれない。
 きのう久しぶりに東京ドームで行われた巨人Vsヤクルトは見応えがあった。延長12回5時間を超す熱戦。1−3のビハインドで迎えた八回のチャンスを潰し万事休すと思われた巨人だが九回に追いついた。ここまで二度も天井に打球が当たりヒットになる珍プレーもあった。
 極めつけは、急造捕手・木村拓である。
 阿部、鶴岡が退き、最後の登録捕手の加藤だったが、十一回の打席で頭部に死球を受けた。ここで捕手として守りについたのが、木村拓である。広島時代に経験したとはいえ、10年ぶりとのこと。大歓声の中、見事なキャッチング、サイン出しも様になっている。これぞプロ、職人だった。
 最後にピンチを迎えたが、野間口が渾身の150`ストレートが木村拓のミットにおさまりピンチをしのいだ。結局ドローに終わった試合だったけど、最後まで盛り上がり見応えがありました。野球はやっぱり面白いわ。
2009/09/06

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/4/15