ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   月夜の告白
 きのう13日、札幌から帰ってきた。夕方に演劇「月夜の告白」があるからだ。我が夢倶楽部が後援している。山さんの切符の割り当ては100枚。少しでも減らさなくちゃ、ね。学習センターはほぼ満員で安心した。
 「月夜の告白」-。あのピンクの電話の声の高い方ではなく、ちょっぴり太めの竹内都子とダンナの菅原大吉の二人芝居である。作・演出は北海道出身の水谷龍二。内容は恋愛に縁のなかった中年の男女の物語。とうに結婚を諦めていた2人が、お見合いパーティーで知り合い、まったく好みではないのになぜか都心の公園でデートを重ね、そして…。
 菅原は結構テレビで観る顔だ。都子はピンクの電話で売れている。2人とも芸達者だし、テンポもいい。1時間ちょい、あきずに観ることができた。
 気になったことがあった。まず喜劇なのだが、ちょっとロマンチックな場面が多すぎ中途半端だった。笑い2Vsロマン1がいいと思うが…。
 それと舞台は公園だけなのはいいのだが、菅原の役は文房具メーカー勤務なのだから、最後まで山登りスタイルではなく、背広姿もあった方が現実味があったのでは…。あと菅原のポーズが大げさ過ぎて、いい会話が殺されたところが多々あった。
 でも、この夫婦の芝居にかける心意気が感じられ、清々しい気持ちになった。夫婦円満、ますます芝居に磨きをかけてほしいね。
 
2009/10/14
   お粗末世界戦
 きのう世界WBCフライ級タイトルマッチが行われた。あのチンピラボクサー亀田大毅の2度目の世界挑戦だった。なんと総合格闘技DREAMの前座試合。ま、亀田じゃ客が呼べないからか…、総合格闘技へ転向の伏線なのか…。こちら亀田がボコボコになるのを楽しみにテレビ観戦した。
 相変わらず亀田はスター気取りの入場。なにが難波の弁慶ですか。観ているこちらが恥ずかしいわ。
 王者はハードパンチャーのタイのカオウィチット。1回、王者の右ボディーがズシリと的確に入る。よーし、早い回で決着を期待したが…。王者は相手が格下と思ったのか、倒すな指令がでていたのか、打ってはクリンチで無理をしない。大毅はただ前に出るだけ、パンチはまったく当たらない。ボクシングで一番つまらない試合になった。5回くらいからテレビを消音にした。
 大毅が当たらないパンチを繰り出すだけでアナウンサーは大騒ぎ、鬼塚、佐藤のどうしようもない亀田よりの解説。何が大毅は「成長しています」だよ。ゲストのトミーズ雅なんかは、「大毅いいんでないですか。後半スタミナのないチャンピオンをボコボコにして倒しますよ」だってさ。ホントTBSって懲りないですね。亀田一家囲ってもメリットないでしょう。ま、11月の内藤Vs興毅までは、面倒みるのかもね。
 結局、2−0の判定で王者が防衛したが盛り上がりのないレベルの低いお粗末な世界戦だった。そして、もっとレベルの低いオヤジが「提訴だ。誰が見たって3ポイント差で大毅の勝ちだろう」と吠えたとか。
 誰が見ても王者の勝ちですよ。
 
 このつまらん前座試合のうっぷんを晴らしてくれたのは、ミノワマンでした。ミノワマンVsチェホンマン。いわば子どもと大人の格闘技戦だ。筋書き通りとはいえ、ミノワマンが大木を倒しました。ショーとはいえ、思わず拍手してしまいましたよ。
 
 
2009/10/08
   品格
 大相撲秋場所の千秋楽。本割りでは、白鵬が最高の立ち合いで朝青龍を破り優勝決定戦に持ち込んだ。
 朝青龍が2度続けて白鵬に完敗したら、引退→格闘技転向かな、と思って決定戦を見た。
 今度は朝青龍が最高の立ち合い。左前ミツをがっちり引き、白鵬を攻め立て、最後は渾身のすくい投げで仕留めた。勝ち名乗りを受けたときは、「俺はまだまだ強いんだ」と、言わんばかりだった。
 そして、土俵を降りる前に出ました得意のガッツポーズ。NHKのアナウンサーは、「そのガッツポーズは土俵を降りてからしてほしかった」と。解説の前理事長の北の湖は「あれは、いかんね」と、物議をかもした。おそらく横審も理事長もメディアもまた品格うんぬんを言い出すのでしょうね。
 ちょっと、待った。アスリートが勝った時、その喜びをガッツポーズで表すのは普通だよね。いかに朝青龍が勝って嬉しかったってことでしょう。ただ、それだけなのに…。
 そもそも今の国技大相撲に品格なんてあるんでしょうかね。外国人に門戸開放した段階で文化の違う外国人に品格を求めても無理な話でしょう。幕内に外国人力士は両横綱はじめ14人もいるんですよ。朝青龍の品格うんぬん言うより、朝青龍、白鵬をブン投げる強い日本人力士を育てることが先決と思うが…。
 
 
2009/09/27
   のりピー
 きのうのりピーこと酒井法子被告が釈放された。覚せい剤所持で逮捕、拘留されて以来40日ぶりに東京湾岸署前に姿を現した。
 こちら、かつてのトップアイドルが憔悴し、身も心もボロボロ…を期待していたが、完全に肩透かしを食った。黒のパンツスーツ、髪もさっぱりし、化粧も…。そして「酒井法子を応援してくれた皆様、本当に申し訳ありませんでした…」と頭を下げた。その時、ちらりと微笑みも。それは間違いなく女優の顔であった。
 夕方には会見も開いた。今度はスカート姿にお色直しし、化粧も濃い目に。10分間、同情をかうかのごとく、ボロボロと泣いて謝罪した。この会見でも見事に女優を演じきった。まるで自分が悲劇のヒロインであるかのように…。やっぱり芸能人って凄いな。常人とは違うわ。人の噂も…、忘れた頃に復帰しているんだろうな。 
 
 本日付けの道新スポーツ終面いやサンケイスポーツ1面にはがっかりした。 
 ボロボロ泣き謝罪
  のりピー
 あまりにも陳腐な見出し。北の大地でOBは怒っています。いや、泣いていますぞー。    
2009/09/26
   石川遼
 先週のフジサンケイクラシックを5打差の圧勝で今季3勝目をあげた石川遼。賞金ランクも首位に躍り出た。世界選抜軍にも選ばれ、世界ランクも50位以内に入り、文句なしの一流プレーヤーの仲間入りとなった。17歳…、恐るべしである。
 日本の男子ゴルフのレベルが低いこともあり、AON以来スターが不在…時代がスターを作ったということもできるが、世界に通用する可能性を持ったプレーヤーであることは間違いない。
 ただ、石川遼について気になる記事があった。日刊ゲンダイである。フジサンケイの舞台裏での欠場ゴタゴタである。その内容はあのOB騒動があった関西オープンで、フジサンケイを後援しているスポーツ紙が「遼くんルール違反」という見出しをつけた。それに対し石川サイドが激怒。「出場しない」「出ても取材は受け付けない」などゴネだしたという。なんとかクリアしたら、今度は前夜祭で女性タレントとの写真の見出し「デレデレ?!」にかみついたという。
 たぶん17歳の金のなる木に群がる輩が、すべてを仕切るオヤジの顔色を伺い、いちゃもんをつけ、マスコミ操作まで…。聞くところによると、主催者、協会まで口を出してくるという。こんなことが起こっていることは石川遼はまったく知らないであろう。こういう輩が、過去何人もの一流アスリートを食い物にして、潰してきているのである。石川の敵は身内にある、と言えるのでは。
 
 それにしてもいちゃもんをつけられたスポーツ紙上層部の慌てぶりが想像できますわ。そういうのに屈せず、頑張ってほしいもの。提灯記事のオンパレードがスポーツ紙の首を絞めているのだから…。
 
 
2009/09/11

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/10/4