ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   猫も杓子も…
 巨人・高橋尚成がメジャーリーグ挑戦を表明した。ヤクルトの五十嵐も早々と表明している。猫も杓子も…、メジャーもナメられたものである。日本でも大した投手でないのにねぇ。
 高橋尚は「あの巨人をダメにした清原派の残党である。このメジャー表明を一番喜んでいるのは、巨人球団である」と、産経新聞のブログ、イザ!で清水満氏が詳しく書いているので、クリックしてくださいな。
 この高橋尚だが、アタシがスポーツ紙時代に、苦い思い出がある。巨人担当が高橋尚の結婚の特ダネを持ってきた。「本人OKで、いまツーショット写真を撮りに行っています」。
 当然、一面掲載でスタンバイOKとなって待っていた。それが、高橋尚が「きょうは待ってください。まだ正式に決まっていないので…」と尻込みしたのである。こちら大慌てで一面の作り変えだ。ま、こういうことには慣れているのでいいのだが、問題はこのあとだった。1週間後だった。
 巨人の機関紙であるスポーツ報知が一面で「高橋尚結婚」を報じたのである。その時、思った。「ナメた奴だ。うちの記者のことをまったく考えていない。義理も人情もない奴だな」と。それ以来、高橋尚の先発の時はテレビを観る気になれなかった。
 
 サンケイスポーツ大リーグキャップの田代学記者が書いている。「大リーグでも先発の左腕投手は貴重ではあるが、松坂はじめ日本投手株が暴落している。不景気の影響もあり、高額契約を求める日本投手への関心は急激に低くなっている。技巧派であることも、大リーグ球団を慎重にさせている。交渉の難航は必至で厳しい冬が待っている」と。
 
 メジャーへ意気込む高橋尚だが、さて獲ってくれる球団があるだろうか。メジャーってそんなに甘くないと思うが…。
 
2009/11/18
   女子バレー
 なぜかいつも観てしまう女子バレー。きのうはグラチャン第3戦。相手はアジア王者のタイだった。タイなんてたいしたことなかったのに、いつの間にか強くなっていた。
 日本と同じスピードバレー。5番ティンヤカラ、13番ヌットサラはビジュアル的にも満点スパイクだしね。それと笑顔の国タイとあって、ミスしてもみんなが笑顔、これがいいんだよなぁ。
 日本の坂下麻衣子なんてミスすると、いつも眞鍋監督の顔色伺ってショボンとしている。あと顔に出る荒木絵里香もダメだね。ビジュアルでダメなら、せめて笑顔でいなさいよ。20得点と活躍した木村沙織はミスしても平然として笑顔でいる。これですよ。
 あと新戦力の山口舞っていいね。1b76だけどスパイクにキレがある。奥様センターの井上香織もグー。ピンチサーバー20歳の冨永こよみも負けてはいません。日本の女子バレー、なかなかいいんでないかい。
 ところで、あの大砲だった栗原恵のライバル大山加奈ってどうしているのカナ…。
 
 
2009/11/14
   日本シリーズ第5戦
 やっぱり野球は面白い。
 松井MVPの感激から5時間…。今度は日本の野球で感激に酔いしれた。日本シリーズ第5戦にどちらが勝っても王手をかける。序盤は巨人のミスをついてハムが1点リード。短期決戦はミスが致命傷だ。ハム藤井、巨人ゴンちゃんの投手戦は見応えがあった。
 八回、ハムにミスが出た。そして代打の切り札の大道が渋くライト前に同点タイムリー。仕事人の真骨頂だ。巨人が押せ押せになった、と思ったら九回、つなぐ4番の高橋が勝ち越し弾。ハムファンはここで勝利を確信したはずだ。
 九回裏、ハムは守護神の武田久。その初球、シュートが甘く真ん中に来たところを亀井が特大の同点弾だ。そして谷はライトフライに倒れたあと、待ってましたサヨナラの慎ちゃん。本当に打っちゃった。サヨナラだぁ。これぞドラマ。これぞ巨人の底力だ。
 ハムも強いが巨人も強い。これぞ日本シリーズ、これぞ野球だ。筋書きのないドラマって最高だね。
 
 ただヒーローインタビューで阿部がガムをクチャクチャ、これはいけませんでしたね。
2009/11/05
   日本シリーズ
 巨人Vs日本ハムの日本シリーズ。きのう第3戦が終わった。巨人の4勝1敗と予想していたが、日ハムって結構強いんだよなぁ。つなぐ打線、つなぐ投手で巨人の重量打線に対抗して、見応えのある戦いになっている。最終戦にもつれるかもね。
 第1戦はテレ朝で中継。ノムさんこと野村克也前楽天監督が味のあるウンチクで、これぞの解説をしていた。サンケイスポーツでの「ノムラの考え」も読み応えがある。
 第3戦は日テレ。ゲスト解説の将来の監督候補であるヤクルト宮本慎也が現役の目での解説もよかった。
 第2戦はやっぱりバラエティーだけのフジテレビだねぇ。ゲスト解説は清原和博でスペシャルゲストは新庄剛志だった。共にプロ野球をダメにした選手だ。2人はあふれんばかりの素質があったのに素質だけで終わった。彼らはそれなりの努力はしたのだと思うけど、その努力は何か違う努力のようだった気がするんだよねぇ。
 清原はPL学園、西武の3年までがピークだったように思う。間違ったウエートトレで、まるでプロレスラーの体になった。ケガが多く巨人を低迷させたのも彼だ。あのドラフト会議のことがあるなら、絶対に巨人に入るべきではなかった。三振王、口だけ番長のイメージしかない。
 新庄は軽いノリで、重さがあったメジャーリーグを軽くした。ま、パフォーマンスや投手をやって落ち込んだプロ野球を面白くしたのは認めるが…。ただそれは真の野球の面白さとは違う。
 2人は言いたい放題、最後は決まって自慢話。まるで掛け合い漫才だった。それを仕切った三宅アナウンサーはさすがだった。いまスポーツ実況をやらせたら、彼がナンバー1であろう。ただ、日ハムよりの実況が気になったが…。
 この解説は画期的で面白かったという人もいるが、ま、それはいい。サンスポのイマチュウこと今村忠さんも甘口辛口(3日付終面)で書いていたように
 野球中継は本当に関心の高い人しか見ない時代ともいわれる。筆者もその1人だが、「ふざけ過ぎだ」と眉をひそめたファンもいたのではないか。
 まさに、その通りだ。
 
 それにしても、最近の今村さんのコラム甘口辛口は「いいですよ〜」。ただ姉が言ってました。ラグビー、大相撲、五輪の話題は「つまらん」って。
 まさに、その通り〜。 
 
2009/11/04
   つまらんK‐1
 きのうK‐1世界MAXを眠い目をこすりながら観た。目玉だった山本優弥は何もできないままKO負け。引退戦の武田幸三はボコボコにやられてのTKO負け。共に実力差ありありの情けない試合だった。
 そして、ガチの勝負であろうと思われるK‐1甲子園のHIROYAと日下部竜也の戦いは、判定となったが、どうみたって日下部の手数、足数、アピール度も上なのに、HIROYAの勝ちとはねぇ。主催者、テレビ局のHIROYAに連覇させたい、という意図がミエミエなんだよなぁ。
 唯一見応えがあったのは、佐藤嘉洋Vs城戸康裕だった。2R、倒して倒され、そして倒した佐藤が勝った。観ててよかったと思ったのも一瞬だった。ゲスト解説の大晦日に引退する魔裟斗が「ボクがいないからですよ。いままでボクに頼りすぎていたから」と、平然と言ってのけた。オイオイ、あんた、そんなに強かった? あきれてモノも言えず、アタシは寝てしまいましたよ。
 大晦日、引退の魔裟斗の相手は断トツの強さで初Vのペトロシアンとなった。こいつは強いよ。魔裟斗が勝てる相手じゃないなと思っていたら、この王者、骨折だってさ。ホントなの? 魔裟斗が負けるのを嫌がって、骨折ということに…。
 
 なんだかんだ言って、大晦日もまた観ちゃうんだろうな。困ったもんだ。
2009/10/27

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/10/4