ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   日本シリーズ第5戦
 やっぱり野球は面白い。
 松井MVPの感激から5時間…。今度は日本の野球で感激に酔いしれた。日本シリーズ第5戦にどちらが勝っても王手をかける。序盤は巨人のミスをついてハムが1点リード。短期決戦はミスが致命傷だ。ハム藤井、巨人ゴンちゃんの投手戦は見応えがあった。
 八回、ハムにミスが出た。そして代打の切り札の大道が渋くライト前に同点タイムリー。仕事人の真骨頂だ。巨人が押せ押せになった、と思ったら九回、つなぐ4番の高橋が勝ち越し弾。ハムファンはここで勝利を確信したはずだ。
 九回裏、ハムは守護神の武田久。その初球、シュートが甘く真ん中に来たところを亀井が特大の同点弾だ。そして谷はライトフライに倒れたあと、待ってましたサヨナラの慎ちゃん。本当に打っちゃった。サヨナラだぁ。これぞドラマ。これぞ巨人の底力だ。
 ハムも強いが巨人も強い。これぞ日本シリーズ、これぞ野球だ。筋書きのないドラマって最高だね。
 
 ただヒーローインタビューで阿部がガムをクチャクチャ、これはいけませんでしたね。
2009/11/05
   日本シリーズ
 巨人Vs日本ハムの日本シリーズ。きのう第3戦が終わった。巨人の4勝1敗と予想していたが、日ハムって結構強いんだよなぁ。つなぐ打線、つなぐ投手で巨人の重量打線に対抗して、見応えのある戦いになっている。最終戦にもつれるかもね。
 第1戦はテレ朝で中継。ノムさんこと野村克也前楽天監督が味のあるウンチクで、これぞの解説をしていた。サンケイスポーツでの「ノムラの考え」も読み応えがある。
 第3戦は日テレ。ゲスト解説の将来の監督候補であるヤクルト宮本慎也が現役の目での解説もよかった。
 第2戦はやっぱりバラエティーだけのフジテレビだねぇ。ゲスト解説は清原和博でスペシャルゲストは新庄剛志だった。共にプロ野球をダメにした選手だ。2人はあふれんばかりの素質があったのに素質だけで終わった。彼らはそれなりの努力はしたのだと思うけど、その努力は何か違う努力のようだった気がするんだよねぇ。
 清原はPL学園、西武の3年までがピークだったように思う。間違ったウエートトレで、まるでプロレスラーの体になった。ケガが多く巨人を低迷させたのも彼だ。あのドラフト会議のことがあるなら、絶対に巨人に入るべきではなかった。三振王、口だけ番長のイメージしかない。
 新庄は軽いノリで、重さがあったメジャーリーグを軽くした。ま、パフォーマンスや投手をやって落ち込んだプロ野球を面白くしたのは認めるが…。ただそれは真の野球の面白さとは違う。
 2人は言いたい放題、最後は決まって自慢話。まるで掛け合い漫才だった。それを仕切った三宅アナウンサーはさすがだった。いまスポーツ実況をやらせたら、彼がナンバー1であろう。ただ、日ハムよりの実況が気になったが…。
 この解説は画期的で面白かったという人もいるが、ま、それはいい。サンスポのイマチュウこと今村忠さんも甘口辛口(3日付終面)で書いていたように
 野球中継は本当に関心の高い人しか見ない時代ともいわれる。筆者もその1人だが、「ふざけ過ぎだ」と眉をひそめたファンもいたのではないか。
 まさに、その通りだ。
 
 それにしても、最近の今村さんのコラム甘口辛口は「いいですよ〜」。ただ姉が言ってました。ラグビー、大相撲、五輪の話題は「つまらん」って。
 まさに、その通り〜。 
 
2009/11/04
   つまらんK‐1
 きのうK‐1世界MAXを眠い目をこすりながら観た。目玉だった山本優弥は何もできないままKO負け。引退戦の武田幸三はボコボコにやられてのTKO負け。共に実力差ありありの情けない試合だった。
 そして、ガチの勝負であろうと思われるK‐1甲子園のHIROYAと日下部竜也の戦いは、判定となったが、どうみたって日下部の手数、足数、アピール度も上なのに、HIROYAの勝ちとはねぇ。主催者、テレビ局のHIROYAに連覇させたい、という意図がミエミエなんだよなぁ。
 唯一見応えがあったのは、佐藤嘉洋Vs城戸康裕だった。2R、倒して倒され、そして倒した佐藤が勝った。観ててよかったと思ったのも一瞬だった。ゲスト解説の大晦日に引退する魔裟斗が「ボクがいないからですよ。いままでボクに頼りすぎていたから」と、平然と言ってのけた。オイオイ、あんた、そんなに強かった? あきれてモノも言えず、アタシは寝てしまいましたよ。
 大晦日、引退の魔裟斗の相手は断トツの強さで初Vのペトロシアンとなった。こいつは強いよ。魔裟斗が勝てる相手じゃないなと思っていたら、この王者、骨折だってさ。ホントなの? 魔裟斗が負けるのを嫌がって、骨折ということに…。
 
 なんだかんだ言って、大晦日もまた観ちゃうんだろうな。困ったもんだ。
2009/10/27
   月夜の告白
 きのう13日、札幌から帰ってきた。夕方に演劇「月夜の告白」があるからだ。我が夢倶楽部が後援している。山さんの切符の割り当ては100枚。少しでも減らさなくちゃ、ね。学習センターはほぼ満員で安心した。
 「月夜の告白」-。あのピンクの電話の声の高い方ではなく、ちょっぴり太めの竹内都子とダンナの菅原大吉の二人芝居である。作・演出は北海道出身の水谷龍二。内容は恋愛に縁のなかった中年の男女の物語。とうに結婚を諦めていた2人が、お見合いパーティーで知り合い、まったく好みではないのになぜか都心の公園でデートを重ね、そして…。
 菅原は結構テレビで観る顔だ。都子はピンクの電話で売れている。2人とも芸達者だし、テンポもいい。1時間ちょい、あきずに観ることができた。
 気になったことがあった。まず喜劇なのだが、ちょっとロマンチックな場面が多すぎ中途半端だった。笑い2Vsロマン1がいいと思うが…。
 それと舞台は公園だけなのはいいのだが、菅原の役は文房具メーカー勤務なのだから、最後まで山登りスタイルではなく、背広姿もあった方が現実味があったのでは…。あと菅原のポーズが大げさ過ぎて、いい会話が殺されたところが多々あった。
 でも、この夫婦の芝居にかける心意気が感じられ、清々しい気持ちになった。夫婦円満、ますます芝居に磨きをかけてほしいね。
 
2009/10/14
   お粗末世界戦
 きのう世界WBCフライ級タイトルマッチが行われた。あのチンピラボクサー亀田大毅の2度目の世界挑戦だった。なんと総合格闘技DREAMの前座試合。ま、亀田じゃ客が呼べないからか…、総合格闘技へ転向の伏線なのか…。こちら亀田がボコボコになるのを楽しみにテレビ観戦した。
 相変わらず亀田はスター気取りの入場。なにが難波の弁慶ですか。観ているこちらが恥ずかしいわ。
 王者はハードパンチャーのタイのカオウィチット。1回、王者の右ボディーがズシリと的確に入る。よーし、早い回で決着を期待したが…。王者は相手が格下と思ったのか、倒すな指令がでていたのか、打ってはクリンチで無理をしない。大毅はただ前に出るだけ、パンチはまったく当たらない。ボクシングで一番つまらない試合になった。5回くらいからテレビを消音にした。
 大毅が当たらないパンチを繰り出すだけでアナウンサーは大騒ぎ、鬼塚、佐藤のどうしようもない亀田よりの解説。何が大毅は「成長しています」だよ。ゲストのトミーズ雅なんかは、「大毅いいんでないですか。後半スタミナのないチャンピオンをボコボコにして倒しますよ」だってさ。ホントTBSって懲りないですね。亀田一家囲ってもメリットないでしょう。ま、11月の内藤Vs興毅までは、面倒みるのかもね。
 結局、2−0の判定で王者が防衛したが盛り上がりのないレベルの低いお粗末な世界戦だった。そして、もっとレベルの低いオヤジが「提訴だ。誰が見たって3ポイント差で大毅の勝ちだろう」と吠えたとか。
 誰が見ても王者の勝ちですよ。
 
 このつまらん前座試合のうっぷんを晴らしてくれたのは、ミノワマンでした。ミノワマンVsチェホンマン。いわば子どもと大人の格闘技戦だ。筋書き通りとはいえ、ミノワマンが大木を倒しました。ショーとはいえ、思わず拍手してしまいましたよ。
 
 
2009/10/08

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/4/15