ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   スポーツ紙と決別
 今年いっぱいで道新スポーツ(サンケイスポーツ)の購読を止めることにした。
 1日付けのサンスポ1面を見て読んで決めた。はっきり言って末期的紙面作りである。
 まず見出しだ。
 6500万人が見た視聴率日本一
  興毅
 ここまでならまだ許されるが興毅の下に
 一夜にして国民的ヒーロー?!
 そして原稿
 「国民的人気者の内藤からベルトを奪った興毅が、ヒールから一転してヒーローに上り詰める」。
 
 恥ずかしい限りである。まずテレビを観た大部分は、この前書いたように、内藤黄門様が亀田悪代官を成敗するという日本人の大好きな勧善懲悪のドラマを観たかっただけなのだ。試合後は、わたしの知る限り「つまらん、消化不良」の声がほとんどだった。その平均視聴率43・1%があたかも亀田人気としてとらえるスポーツ紙。ここまで堕ちたとは…。
 そしてヒールは絶対にヒーローとして扱ってはいけないのだ。あのルール無視の反則一家ですよ。スポーツマンシップのかけらもない言動、態度…、いかに優等生発言に変ったといっても、どうみたって、根はちょっとボクシングができる、ただのチンピラですよ。それをスポーツ界をリードしなきゃいけないスポーツ紙が「国民的ヒーロー」とは、ホントあきれましたわ。 
 
 また、始まるのですね。石川遼と同じく亀田一家の思うままの提灯記事が…。ということで、しばらく大好きなスポーツ紙と決別します。
 
 もう一つ付け加えておきます。
 11月3日付け早慶ラグビーの前打ち紙面で、さすが「ラグビーのサンスポ」というように大きい扱いだったが、絶対にファンとして掲載してほしかったスタメン(身長、体重入り、リザーブも)がなかったことである。
 
 スポーツ紙を離れて3年半。現場にいた時は随分乱暴な独りよがりな紙面を作ったなぁ、と思うことが度々ある。その自戒を込めて、スポーツ紙の灯火を消さないためにも、もう一度、原点に帰ってほしい。頑張れスポーツ紙、ヒロちゃん、頼みますよ。
 
 
 
2009/12/02
   斬られた水戸黄門
 夕方までは、気分最高だった。ラグビーの東海大‐法大は最後まで面白かった。競馬のJCも最後の直線のウオッカとオーケンブルースリの叩き合い、これぞ競馬であった。そして、女子ゴルフでは横峯さくらが逆転優勝して賞金女王になった。最後までの1打1打…見応えがあった。
 そして夜…。マスコミが世紀の一戦と持ち上げた内藤大助‐亀田興毅。相変わらず試合までの長いこと。こちとらは観ていなかったけど、ね。盛り上げようとするテレビ局。前売りで2万枚売れたなんての報道もあったが、実際はリングサイド10万5000円の席は金券ショップで4万円で叩き売られていたと、夕刊フジはきちんと報道していた。運動部長のKちゃん、いいですよぉ〜。
 
 そして、ゴングが鳴った。ヒール亀田がボコボコにやられるのを期待して観た。完全に水戸黄門の世界だ。勧善懲悪のドラマを期待した。しかし、内藤黄門には、助さん格さんはいなく、印籠を出す見せ場もなく、35歳の黄門様は気迫いや正義感の空回りだけで、悪代官に斬られてしまった。こんなはずじゃ…、なにかいまの日本社会と同じにみえて腹が立った。
 
 しょせん、内藤に期待したのには無理があった。早い話が大した王者ではなかったのだ。最近はバラエティー番組にちょくちょく顔を出して、稼げるうちに稼ぐということが、ミエミエだった。そのハングリー精神を本業に生かしてほしかったね。ただの記憶に残らないボクサーで終わってしまった。
 
 世紀の一戦、わたしの目からは世紀の凡戦であった。あすのスポーツ紙で一面を亀田ニ階級制覇でいくところがあるとすれば、そのスポーツ紙は末期的である。ヒールにはヒールの扱いがふさわしいと思うが…。
 
 
 
2009/11/30
   早慶戦
 早慶戦といっても野球ではなくラグビーである。毎年、勤労感謝の日である11月23日に行われる伝統の一戦だ。
 東京にいた時は、必ずナマで観戦して、そのあと仕事にいったものである。12月最初の日曜日に国立競技場で行われる早明戦よりは断然、秩父宮での早慶戦である。 ここ秩父宮ラグビー場は、グラウンドと観客席が近いのでゲームが観やすく、選手と一体感があることに尽きる。
 この日はゲーム的には面白かった。ラグビーのルーツ校慶大が久しぶりに強く、勝ったチームが優勝といういこともあって、手に汗を握るゲームだった。前半は三木の2トライで慶大がリードするが、慶大のミスをついて早大もトライをあげ、13‐13で折り返した。
 後半も慶大がトライをあげゲームを優位にすすめた。この日の慶大はタックルがよく、FWの集散も早く、早大の展開ラグビーを封じ込んでいた。一方の早大はSHの球出しが遅く、いつものスピードに乗った攻撃ができない。しかし、執拗なFWのモール攻撃から反撃の糸口をつかみ、日本代表SO山中とSH桜井を投入して、ゲームを支配した。そして、山中が同点トライを決め、結局、20‐20で、優勝は次戦に持ち越しとなった。
 早大に勝ってほしかったが、次の明大戦が消化試合とならなくなったので、逆によかったのかも。
   
 ただ、ラグビーファンとして苦言を。相変わらずノックオン、スローフォワードなど基本ミス、オフサイドなど反則が多いこと。また満足にスクラムが組めないことも多々あり、ちょっぴり不満も残った。
  
2009/11/23
   猫も杓子も…
 巨人・高橋尚成がメジャーリーグ挑戦を表明した。ヤクルトの五十嵐も早々と表明している。猫も杓子も…、メジャーもナメられたものである。日本でも大した投手でないのにねぇ。
 高橋尚は「あの巨人をダメにした清原派の残党である。このメジャー表明を一番喜んでいるのは、巨人球団である」と、産経新聞のブログ、イザ!で清水満氏が詳しく書いているので、クリックしてくださいな。
 この高橋尚だが、アタシがスポーツ紙時代に、苦い思い出がある。巨人担当が高橋尚の結婚の特ダネを持ってきた。「本人OKで、いまツーショット写真を撮りに行っています」。
 当然、一面掲載でスタンバイOKとなって待っていた。それが、高橋尚が「きょうは待ってください。まだ正式に決まっていないので…」と尻込みしたのである。こちら大慌てで一面の作り変えだ。ま、こういうことには慣れているのでいいのだが、問題はこのあとだった。1週間後だった。
 巨人の機関紙であるスポーツ報知が一面で「高橋尚結婚」を報じたのである。その時、思った。「ナメた奴だ。うちの記者のことをまったく考えていない。義理も人情もない奴だな」と。それ以来、高橋尚の先発の時はテレビを観る気になれなかった。
 
 サンケイスポーツ大リーグキャップの田代学記者が書いている。「大リーグでも先発の左腕投手は貴重ではあるが、松坂はじめ日本投手株が暴落している。不景気の影響もあり、高額契約を求める日本投手への関心は急激に低くなっている。技巧派であることも、大リーグ球団を慎重にさせている。交渉の難航は必至で厳しい冬が待っている」と。
 
 メジャーへ意気込む高橋尚だが、さて獲ってくれる球団があるだろうか。メジャーってそんなに甘くないと思うが…。
 
2009/11/18
   女子バレー
 なぜかいつも観てしまう女子バレー。きのうはグラチャン第3戦。相手はアジア王者のタイだった。タイなんてたいしたことなかったのに、いつの間にか強くなっていた。
 日本と同じスピードバレー。5番ティンヤカラ、13番ヌットサラはビジュアル的にも満点スパイクだしね。それと笑顔の国タイとあって、ミスしてもみんなが笑顔、これがいいんだよなぁ。
 日本の坂下麻衣子なんてミスすると、いつも眞鍋監督の顔色伺ってショボンとしている。あと顔に出る荒木絵里香もダメだね。ビジュアルでダメなら、せめて笑顔でいなさいよ。20得点と活躍した木村沙織はミスしても平然として笑顔でいる。これですよ。
 あと新戦力の山口舞っていいね。1b76だけどスパイクにキレがある。奥様センターの井上香織もグー。ピンチサーバー20歳の冨永こよみも負けてはいません。日本の女子バレー、なかなかいいんでないかい。
 ところで、あの大砲だった栗原恵のライバル大山加奈ってどうしているのカナ…。
 
 
2009/11/14

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/4/15