ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   強制送還もの
 バンクーバー冬季五輪代表HPのメダル候補の国母和宏が成田空港から出発した際、選手団の正装である日の丸付きジャケットを着ていたが、サングラスをかけ、ワイシャツを外に出し、スラックスは腰パンだったということで、抗議が殺到したという。
 別にそんなことくらいで、イチイチ抗議する奴もいるもんだな、くらいに思っていたが、その出発のニュースを観て、「こりゃ、ダメだ」と思った。今時のファッション、個性だよ、と言われればそうなのだが、手をポケットに突っ込んで歩く姿は、スポーツ選手とは思えぬただのチンピラにしか見えなかった。
 サッカーの日本代表、プロ野球選手の移動などは、スポーツマンらしく清々しいくらいにきちっとしている。それが、国の代表であり、国民の税金を使った代表の服装とは到底思えなかった。五輪代表選手として、最低線の礼儀、ルールは守らなくちゃ。
 それ以上に腹が立ったのは、HPの会見で国母は「リラックスしちゃいまして、スイマセンでした」なんて言えばいいのに、「反省してま〜す」と語尾を伸ばし、あたかも「うるさいんだよ」と思える顔をしていた。
 これに対し全日本スキー連盟は国母の入村式への出席を自粛させた。メダル候補だからといって、甘すぎませんかね。強制送還ものでしょう。
 
 夏の夕方、チャンブーとの散歩に中学校、高校のグラウンドの横を通るコースがある。そこで野球の練習を見て歩くのだ。私とチャンブーがグラウンドに近づくと、汗まみれの監督、部員、女子マネジャーら全員が帽子を脱いで「コンチワー」と挨拶をしてくる。こちとら、なんとなく照れくさいのだが、気持ちがいいんだよなぁ。スポーツは挨拶から…。もう一度、国母も初心に帰ってほしいね。同じ道産子として恥ずかしいニュースだった。
 
2010/02/12
   作られた王者
 この一家について無視してもいいのだが、あえて書くことにした。先日、WBAかなんか知らないけれど、世界?フライ級タイトルマッチが行われたが、テレビを観る気になれなかったし、実際観なかった。
 反則ボクサー亀田大毅が、チャンピオンになるな、と思っていたからである。やっぱり、その通り新王者になっていた。新聞が休刊日でホントよかったですわ。
 あとでネットなどで試合内容を調べたら、兄の興毅‐内藤以上の凡戦だったという。相変わらずクリンチが多く、まるで相撲のごとく倒し倒され、ボクシングとはかけ離れていたという。そしてレフェリーがイエローカードを出さず、いきなりチャンピオンに減点。それも2度も…。それが試合の流れを変えたという。まさに作られた王者…。TBSって、そんなに力あるのかな?
 本日付のサンスポの甘口辛口で今村忠さんが書いていた。「テレビ中継の音声だけを聞いていたら亀田大毅の圧勝に思えただろう。大毅のパンチが当たっていないのに当たった当たったと大騒ぎするアナウンサーと偏った解説…。もう少しニュートラルな実況ができないものか」と。
 そして、相変わらずのスポーツ紙。大阪サンスポの一面見出しは「大毅ヒーロー」だって。部数が落ち込むわけだ。これじゃTBSと同じだよ。
 
 新王者となった大毅はインタビューで号泣し、一度リングを降りて再び登場し、ピアノで自ら作詞、作曲した歌を披露したとか。恥ずかしい限りである。前もって用意されていた…、やっぱりね。
  
 そして、次に指定された防衛戦の相手は因縁の協栄ジムの坂田だったが、大毅は王座返上する、という。作られた王者は逃げるしかないかー。
 
 相撲に続きボクシングまで…。ま、長谷川穂積に頑張ってもらいましょう。彼こそ真の王者。亀田一家&TBSにボクシングとは…を見せつけてほしいものだ。
 
 
2010/02/09
   朝青龍
 朝青龍がついに引退した。事実上の解雇である。自業自得といえば、それまでだが、出場停止2度、厳重注意3度…その前に手を打てなかったのかー。朝青龍の強さ、ヒール人気に見過ごしてきた親方日の丸的な相撲協会の責任は重い。
 また、教育的指導ができなかった高砂親方、横綱に推挙した横審も同罪である。
 朝青龍は日本人の正しい美徳を守らない外国人横綱というレッテルを張られながらも、彼なりに一生懸命だったと思う。一人横綱時代を支え史上3位の優勝25回など彼の偉業は消えるものではない。
 ところで、横綱の品格って何なのだろう。少しくらいヤンチャな横綱もいていいと思うのだが…。
 現在、幕内には半数近くの外国人力士がいる。彼らの文化、習慣も尊重しなくてはいけないだろう。相撲界が門戸開放したからには、協会も伝統の1点張りではなく、時代にマッチした伝統にチェンジが必要と思うが…。
 それにしても、ますます相撲を見る気になれなくなった、そんな後味の悪い騒動だった。
 
2010/02/05
   FWがいない
 この日の岡田ジャパン‐ベネズエラ戦は、サッカーファンとして、イライラばかりの欲求不満だけが残った凡戦だった。0‐0…サッカーで一番つまらん試合だよ。
 相変わらずの決定力不足、いや点を獲れるFWが日本にはいないのだ。いかに中盤のタレントが揃っていても点を入れなきゃ勝てません。
 人材不足に尽きるよ。この日のFWのスタメンは2トップの岡崎と大久保だった。はっきり言って2人とも世界レベルには遠いプレーヤーだ。岡崎はまだ気迫と粘りがあるから、まだいい。大久保はFWとしてのセンスが皆無。それにプレーは汚いし、反則が多い。スピードはあるのだが、ポジショニングが悪い。彼の最大の欠点はトラップが高校生レベルであるということだ。
 後半途中から出場した平山なんて、あの国見高校時代からまったく成長していない。本当にドンくさいだけ。日の丸を背負う資格はないよ。いまの日本でFWとして通用するのは玉田と田中達しかいない。でも、この2人はケガが多いからなぁ。あとは中沢をFWにコンバートかな。これじゃ、DFがガタガタか…。
 W杯本番まであと5カ月。日本が予選突破するには、セットプレーしかないね。いかにゴール近くで反則を誘うかー。それしかないね。
 
 
 
2010/02/02
   味気のない決勝戦
 きのう全国大学ラグビーの決勝戦が行われた。帝京大‐東海大というフレッシュ対決だった。ラグビー新時代の幕開けと、スポーツマスコミはいうが、前半20分で観るのをやめた。サッカーと間違うくらいのボールの蹴りあいが続き、両チームの持ち味が何なのか全く分からない味気のないゲームだったからである。
 早稲田の展開ラグビー、慶応の気迫のタックル、明治の前へ前への伝統校のラグビーが観たかった。何か新年を迎えた気がしないんだよなぁ。
 大学ラグビーは早慶明が強くなくちゃ。関西はやっぱり同志社でしょ。奮起促したいね。
 
 それと、箱根駅伝も年々つまらなくなってきている。5区の山登りだけが注目されて…。確かに東洋大の柏原は凄い選手です。でもねぇ、駅伝ってみんなの力で襷を渡していくーそこが魅力なはずのに、山登り=優勝じゃつまりませんよ。正月の風物詩が色褪せていくようで…。もう一度、原点に返ってほしいね。
 
 
2010/01/11

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/4/15