ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   バレーにイライラ
 いやぁバレーボールや卓球って観戦するとイライラが募り負けるとストレスが溜まります。ミスがすぐに1点となり、ミスが少ないほうが勝つというゲームだからなのでしょう。
 野球やサッカーはミスをカバーできるし、点が入るまで、見てても心の余裕があるから、負けても、ストレスは感じない。
 きょうの女子バレー、ロシア戦。予想通り完敗だった。世界ランク3位が泣いていますよ。日本には絶対的エースはいないからね。スポーツメディアがサオリンだ江畑だなんていうけど、所詮は世界から見れば、ただのアタッカーでしかない。サオリンはサーブレシーブが素人だし、江畑には高さがない。いくら竹下の早いトス回しや佐野の好レシーブがあっても、ここ一番に決め切れないのが、いまの日本である。
 それと、選手のキャラクターがおとなしすぎる。なぜ、荒木が主将かまったく分からない。荒木は、ここ一番ミスが一番多いし、ミスをすると、すぐに下を向き泣きそうな顔をする。これじゃ、チームが「そーれ」なんてなるわけがない。他の選手もインタビューで、か細い声でボソボソ。これじゃ、ね。
 ロンドンでメダル、いや金メダルが目標といっているけど、最終予選でアップアップの実力…。明日のセルビア戦が大一番となりロンドン五輪切符がかかるが、本番で期待ができない以上、負けたほうがいいかもね。税金の無駄使いだよ。
 今回のテレビ放送はフジとTBSだったが、TBSの放送での韓国戦で日本がおかしくなった。スポーツ中継が下手なTBSが流れを変えたかもね。
2012/05/26
   レベルが低い
 何か1年前も同じ様な事を書いたような気がする。この日、恒例の早慶ラグビーが秩父宮で行われた。今年の対抗戦は明治が復活して面白い展開となっていた。早稲田が勝って明治との全勝決戦かなと思っていたが、慶応に負けるとはねぇ。
 10−8。数字だけ見れば、熱戦みたいだが、お互いミス連続で、レベルの低い情けない試合だった。ボールが手につかず、ノックオンの連続。慶応の守りがよかったと解説者は言うが、基本のボールキャッチもパスもいい加減だし、見ごたえのあるスクラムも気負って満足に組めないとは、観ていて苛立ちだけが残った試合だった。
 昔は社会人チームと対等に戦っていたが、このレベルの差は、もう永久に埋まることはないだろう。早稲田‐明治も色褪せた感があり、お遊びラグビーと思って観るしかないかもね。
 
 ラグビーが凡戦だったので、駅伝もチラチラ観ていた。こちらは面白かった。まさかの学生選抜が優勝したのだ。日本代表チーム、ケニア代表チームを押しのけて…。主催のフジTVも驚いたでしょうね。ただ駅伝世界一決定戦なんての売り文句は止めたほうがいいね。恥ずかしい限りです。どんな選手であるかも把握できていない選手がズラリと出ているのに、世界一とは、ね。あと偉そうに解説するとくだね!のかつらの司会者。なんとかなりませんかねぇ。視聴率下げるだけですよ。ま、これもお遊びのレースだから、目くじらたてることもないかー。
2010/11/23
   W杯
 1ヵ月の熱い戦いがスペインの悲願の優勝で幕を閉じた。こちらも睡魔との闘いだったが、1次リーグから64試合ほとんど観た。
 華麗なワンタッチのトライアングルパスのスペイン。点をとりにいくサッカーに変わった新生ドイツ。攻守にバランスがとれ、日本のサッカーのお手本となるウルグアイ。レベルの高い世界のサッカーは楽しかった。
 日本は予想に反して1次リーグを突破した。大健闘だった。日本のスポーツマスコミは世界との差は縮まったと絶賛したが、そうであろうか? もしPK戦でパラグアイに勝っていたら、次のスペインに完敗したであろう。それだけサッカーの質が違っていた。決勝トーナメント1回戦で負けてよかった。誰も傷をつくことはなかったのだから…。はっきり言って日本のサッカーのレベルは中のやや上あたりであろう。しかし、決勝トーナメントに進出した。そこにはー。
 @直前の強化試合に4連敗したこと。
これで、初戦のカメルーンが日本をなめきっていた。オランダ、デンマークもそうだった。そこにスキが生まれたのである。
 A岡田監督の開き直り。
 どん底まで落ちた日本代表。マスコミもサポーターも期待しなくなり、それがプレッシャーから解放され、思い切った手を打つことができた。まず不調の俊輔を外し本田をスタメン起用したことだ。本田はMFのプレーヤーだが、岡ちゃんが重要視する守りができない選手である。そこで、彼の得点センスと強運に賭けてFWで起用した。カメルーン戦の先制点は、明らかにトラップミスだったが、それがシュートしやすい左足前に落ちてきた。彼の強運が呼んだ決勝点である。ツイテいない時は、松井からのクロスは本田の前にいた大久保のところにいっていたであろう。大久保は当然外し、日本の勝利はなかった。それにしても、俊輔はW杯に縁のない選手だ。俊輔は中田英に匹敵する世界に通用した選手だった。ピーク時と開催時がかみ合わなかった。かつてのオランダのフリット、ファンバステンがそうであったように…。それとあのマラソンの瀬古利春とダブってしようがない。
 Bオランダにも勝てた。
 オランダは準優勝したが、つまらないサッカーをするチームだった。1974年の西ドイツ大会で、あのヨハン・クライフが確立したトータルサッカーはどこにもなかった。醜いファウルが多く、こういうチームが優勝しなくてよかった。ただ個人のフィジカル面の強さは凄かった。決勝トーナメントからロッベンが復帰してチーム力がアップしたが、好チームとは言えなかった。日本も勝てる要素がいっぱいあった。まず、大久保のスタメンである。大久保は攻めに関してまったくといって機能していなかった。守りだけで体力を消耗し、攻めへの意欲はあるのだが、体がついていけなかったし、基本のトラップも高校生並みで、W杯という大舞台にはふさわしくない選手であった。これは明らかに岡ちゃんの選考ミスである。ベスト16に残ったからよかったが、真っ先にやり玉にあがっていただろう。大久保に代わって田中達を選んでいたのなら、あのロッベン不在のオランダには勝てたと思う。田中達は攻めはもちろん守りもできる選手である。あのスピードある動きはオランダも面喰らったはずで、3点は取れたかもしれない。田中でなくスタメンは大久保の代わりに岡崎でもよかった。オランダBK陣の弱点はスピードであったからだ。でも、結果的にオランダに負けてよかった。勝っていたら日本の選手たちも勘違いしたかもしれないからだ。帰国後の会見などで、長友は「世界との差を感じました。これからは僕らの世代が頑張って、差を縮めていかなければ」と、スポーツマスコミと違って自分たちの位置を理解していた。そして、世界に旅立って行った。次のブラジル大会に向け頑張ってほしいものである。
 
 
 
 
2010/07/17
   猫も杓子も…
 あの谷亮子が夏の参院選に民主党から立候補するという。小沢も谷も国民をなめきってるね。「リーダーシップのある小沢氏のもとで頑張っていきたいと思います」。何を頑張るのでしょう。そのうえ、「柔道は止めません。ロンドン五輪めざします」だってさ。オイオイ、国会議員ってそんなに暇なのかね。
 小沢の人数合わせにに利用され、それにのっかる谷。どっちもどっちだが、ほんと国民を馬鹿にしているよ。参議院ってなんなのでしょう。蓮舫さん、仕分けしてくださいよ。「本当に谷亮子は必要ですか」。
 民主党は他にも体操の池谷幸雄、女優岡崎友紀、落語家の桂きん枝、歌手・庄野真代、競輪の長塚智広ら。他党候補もスポーツ選手、有名人が続々と…。自民党は女優三原じゅん子、田島みわ、巨人をダメにした堀内恒夫、石井浩郎ら。たちあがれはゼコウチョーの中畑清。猫も杓子もですわ。ま、そのうち参院はなくなること間違いなしですな。選挙は棄権するしかないわ。
 一度は、政権交代で政治に期待したけれど、鳩山はダメだし、そしてこの有様…、これでまた政治離れに拍車がかかりそうだ。だめだこりゃ日本。北海道独立するしかないかー。
2010/05/11
   完敗
 プロ野球セ・リーグも開幕した。今年ひそかに期待している高田ヤクルトが初戦の雪辱をした。巨人完敗…。
 
 それからポンサクレックVs亀田興毅を消音にして観た。亀田が完敗する予感があったからだ。
 その通り誰が見たって完敗である。それが何だよあの採点は…。ジャッジ一人はドローだってさ。私の採点では亀田が獲ったラウンドは7回だけなのにねぇ。ポンサクレックのワンツーと右フックが的確に当たっていた。
 その採点とバッティングに亀父が控え室にJBC事務局長らを呼び出し恫喝して「再戦だ」と大暴れしたという。さすが反則指示親父だね。これ、ボクシング界から永久追放もんでしょう。亀田は黙して語らず…。完敗を認めたということでしょうね。
 亀田も勘違いしていた。ヒールが優等生になっちゃダメですよ。付け焼刃の優等生ボクシングしたって自分の持ち味を殺しただけ。まったくといって見せ場も作れなかった。やっぱりTBSが作った王者でしたね。
 
 それと相変わらずのスポーツ紙の見出し。
 プロ23戦目で初…
  興毅が負けた
 なんとお粗末な見出し
中面では
 まさかの敗戦
        だってさ。どうしようもないですな。
 
 ロートル32歳に手も足も出ず
  興毅完敗
 それなのに判定不服 
       亀父大暴れ
       永久追放あるぞ
これくらいの見出しをつけてくださいよ。
 ヒールはいつまでもヒールなのだから!
 
 フィギュア世界選手権女子フリーで浅田真央が優勝した。あしたのスポーツ紙でたぶんこんな見出しが躍るであろう。
 真央「金」
 ヨナに勝った
 終焉ですな。 
2010/03/28

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/10/4