ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   日本サッカーに未来はない?!
 CSでサッカーU19の準々決勝タジギスタン戦をライブで観た。結果は4−0。5大会ぶりにW杯出場を決めた。
 この世代は東京五輪に繋がるメンバー。しかし、予選3試合も観たが、夢と希望を与える選手は見当たらなかった。この世代にはゲームをコントロールする人材が皆無。レベルの低いタジギスタンに横パス、バックパスばかり。ミスも多い。ワンタッチプレーもほとんどない。あのスペインと決勝戦を争った中田らのような輝くプレーもなかった。 強い相手なら、たぶん何もできないだろう。本番のW杯は予選敗退は免れない。ただ、CB冨安、FW小川には、ちょっぴり伸びしろがあるプレーを見せていたが…。MFの同安は最年少Jリーガーだが、なんとなく足の遅い本田と被ってしまった。2点目のミドルシュートは鮮やかでドリブルも上手いが、やっぱり足の遅さが気になった。
 これまで4戦3勝1分け、失点0だが、日本サッカーの行く末が心配になった。それにしても解説の松木…、なんとかなりませんかねぇ。
 
2016/10/25
   足のスペシャリスト
 巨人の鈴木尚が引退した。あのスリムな体、衰えぬ走力…。あと2、3年は大丈夫と思っていたが、あっさりと引退した。
 何があったのかー。
 私が思うには、高橋監督に見切りをつけたのではないかと…。引退会見では、原前監督を持ち上げていた。「私を育ててくれた恩人」と。そう、原監督時代は、無死で走者が出ると、「代走・鈴木」で勝負をかけた。それも高橋監督と違って、まず鈴木の足を信じ二盗をさせてから三塁への送りバントというパターンが多かった。
 しかし、高橋監督は即送りバント。この采配に、鈴木は「俺を信用していないのか、なぜ二盗させないんだ」と、プライドを傷つけられた。足のスペシャリストとして、「俺の足を信じてくれない、こんな監督の下ではやってられない」という「見切り」になったのではないのかー。またひとつ巨人の星が消えた。  
 そして、ドラフトでも高橋監督は「私はスカウトに口出ししません」と。補強ポイントも人任せ。それでも監督ですかー。やはり監督の器ではないようですな。
2016/10/19
   解任と引退のすすめ
 きのうサッカーW杯最終予選のイラク戦が行われた。山口蛍の奇跡ゴールとメディアは大はしゃぎ。勝ったことはいいことだが、問題山積なのにねぇ。
 さっそくヤフーの書き込みを見た。多かったのはー。
@本田を外せ(香川を含めた海外での二軍たちも)
本田は酷い。足が遅い。日本のスピードを殺す。トラップ下手。ボールが持てないなど散々書かれていた。
Aハリル監督の解任
戦術、スタメン、代表の人選、選手交代などこちらも否定的意見ばかりだった。
B両サイドバックの低レベル
両酒井の精度の低いラストパス、守りの不安定などなど。
C長谷部の劣化
パスミスが多い。攻めに迫力がない。かつてのキャプテンシーもイマイチ…。
 
 ここに書き込まれたファンの声は、サッカーを知っている人たちばかり。みんな日本のサッカーを心配している。それなのに、協会、メディア、スポンサーは勝ったことで、すべて帳消しにしている。問題意識のかけらもない。どうせなら引き分けてハリル解任の方が余程よかった。この監督じゃ、たとえW杯に出場できたとしても戦えないよ。
 本田の代表引退とハリル監督の解任…、まずは、これしかない!
 
 
2016/10/09
   高橋虚人
 稀勢、豪栄道は横綱の器ではないということを、このコラムで書いたが、巨人の高橋由伸監督も「監督の器」ではないと断言する。
 きのうセ・リーグが全日程を終了した。巨人は2位だが、広島に大差をつけられた。昨年と比べ、坂本が10年目にして開眼。首位打者に輝いた。ルーキー時代から内角球に強いが外角のボール球にクルクルバットが回っていた。しかし今季はそれが影を潜め、高打率を残した。同様の長野は相変わらず遠いボールにクルクル。はっきり言って学習能力がない。頭が悪いのだ。村田も今季は上昇打だったが、やっぱり勝負に弱い。投手陣は菅野、田口がまずまずだったが、中継ぎ陣がサッパリ。クローザーの澤村はセーブ王だが、コントロールの悪さで自滅の嵐。ここ一番の敗戦が最後まで響いた。1、2番が不在、外国人打者もイマイチ、そして代打人の層の薄さも響いた。でも昨年よりはチーム力は上だった。
 それでも広島に大差を付けられた。その元凶は高橋監督の采配にあった。まったくといって冒険…博打をしない安全運転のワンパターン采配だった。ひとつ例をあげると、1点ビハインドか同点で無死からランナーが出たとする。当然、ピンチランナーは、足のスペシャリスト鈴木。高橋監督は必ず次打者に送りバント…。おいおい、だ。盗塁させてから三塁に送りバントでしょう。まったく魅力がない采配…。それでなくてもタイムリー欠乏の糞ずまり打線なのに…ですよ。なぜスポーツ紙も評論家も批判しないのかー。
 監督は優等生であってはいけないのだ。今季スクイズは一度だけ。これを見ても、冒険をしない采配がありあり。あの強かった巨人は今は昔…。墜ちていくだけ、ですな。
 
2016/10/04
   横綱の器ではないよ
 大相撲秋場所は、まさかのハチナナ大関豪栄道がこれまた、まさかの全勝優勝で幕を閉じた。
 綱とりの稀勢は、案の定前半から取りこぼして、やっぱりの結果になった。横綱の器ではないからだ。右からの攻めが甘い。上手投げ、出し投げがない。
 稀勢がダメなら豪栄道ー。協会、横審、メディアの変わり身の速さにはビックリするね。この前、負け越した大関が来場所Vなら横綱だってさ。おいおい、冗談でしょ。開いた口が塞がりませんよ。確かに全勝Vは凄かった。でも、横綱の器ですか? 白鵬が不在、両横綱は弱い。照の富士もケガ…。曲者・安美錦は十両、逸ノ城、豊ノ島も休場。気迫と勢いがもたらしたVでしょう。
 サンスポ甘辛で今村さんが書いていたが、14日目の豪栄道の相手は玉鷲ではなくて遠藤でしょう。協会の意図が見え見えですな。一番盛り上がったのにねぇ。
 横審の一人は準Vでも横綱だって。ま、九州場所は、またハチナナ大関に戻ることを予想しておきます。
 サンスポの今村さんにひと言。甘口が多すぎますよ。秋場所は盛り上がったって書いていたが、どこがですか? 相変わらずの引き、はたきが多く、待った待ったの嵐…。粘りのない淡白な相撲ばかり。千秋楽の豪ー琴は八百長と思える内容でしたよ。盛り上げたのは遠藤、そして十両の安美、里山、石浦、宇良の小兵たちですよ。豪の荒い相撲には横綱の風格はまったくない! 
 ちなみに豪の大関での勝敗は108勝86敗1休。大受、松登、雅山、増位山、魁傑に次ぐ低勝率です。軽々しく横綱って言って欲しくないですな。
2016/09/28

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/10/4