ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   つまらんねぇ、その1
 年末年始のスポーツなどのテレビはつまらなかった。まずは紅白。スポーツ紙はこぞって視聴率40%超えで復権と見出しは躍った。あの噛み噛みの司会、嵐の相葉は酷かった。架純ちゃんの噛み噛みは愛嬌があったが、相葉はねぇ。台本、進行は間違うしアドリブも効かない。まったく芸無しである。噛み噛み王子だね。ネットでは書き放題だが、スポーツ紙は、当然のように事務所が怖くて、いっさい触れなかった。だからスポーツ紙の芸能は面白くないのだ。提灯、ごっちゃん記事ばかりだから…。また、あのタモリとマツコは何だったのでしょうね。オチもなかった。あとシン・ゴジラもなんだったのでしょう。
 いつもなら大晦日はシャマンで過ごすのだが、今回は家で静かに過ごした。紅白をメーンに、格闘技、BOXも観ながら…。紅白で良かったのは郷ひろみの歌で踊った土屋太鳳。さすが日体大の舞踊科でした。坂本冬美の夜桜お七で踊った菅原小春さんも良かったねぇ。歌では松田聖子。伸びやかな声は衰え知らず。あと石川さゆりの天城越えも。ただ残念だったのが、高橋真梨子。声がまったく出ていなかった。あれではfor you…は歌えなかった。67歳、全国ツアー明けで35キロでは…。
 そして元日、天皇杯サッカー。鹿島はレアル戦で自信を持ってのぞんでいた。一方、川崎は移籍する大久保が浮いていた。相変わらずのトラップが下手。やっぱり日本のレベルは低い。つまらない試合だった。
 続くー。
2017/01/08
   今は昔…
 きのう今年のレコード大賞が決まった。アタシのまったく知らない西野カナの何とかが大賞に輝いた。題名さえ知らない。何でも有線大賞と2冠らしい。でも年間ベスト100にも入っていない歌という。
 このレコード大賞は最初の頃は、その年の一番のヒット曲であり、みんなが歌える歌が受賞していたが…。いつの間にかレコード会社、プロダクションの力関係で振り分けられるようになってきた。
 そこには、お金が動く。そこを文春がすっぱ抜き、三代目何とかは候補にも入らなかった。また辞退者も多いみたい。今年、聞きなれた歌は、星野源の恋、AKBの365日の紙飛行機、宇多田ヒカルの花束を君に、桐谷健太・海の声…くらい。どうせなら恋はTBSのドラマ主題歌で、これなら一番良かったのにねぇ。
 ま、それにしても今は昔、地に墜ちたレコ大ですな。
2016/12/31
   アスリートの勘違い
 きのう有馬記念で中央競馬が終わった。直線の叩きあいは見ごたえがあった。強い馬が勝つー。馬券は採りがみだったが、満足したレースだった。
 ところで、だ。あのヤンキースの田中将大が有馬アンバサダー(大使)を務めていた。おいおい、だ。今はオフとはいえ、大事な時期でしょ。ヤンキースから大枚のお金をもらっているんですよ。大した成績も挙げていない(年俸に見合った)のにねぇ。ファンに手を振っていたが、その姿はブクブク太りすぎですよ。アナタはタレントではなくアスリートですよ。やるべきことやりなさいよ。
 そして、サッカー、インテルの長友だ。あの婚約会見は恥ずかしかった。似合わない赤の蝶タイ…、よくもまあ、ですな。シャマンに集まった連中はみな「男は黙ってサッカーしてろ」、「他人の幸せなんてどうでもいい」、「ま、2、3年で別れるね」と辛辣。そう、インテルでは補欠、日本代表も危ない存在…。大事な時期でしょうに。ま、この男も下り坂…、最後の晴れ舞台だったかもね。アスリートは自分の競技で勝負です。
 そして、まだ引退していないレスリングの吉田もテレビに出まくっている。この前、NHKの鶴瓶に乾杯では、田舎の爺さん、婆さんに「あんた、誰」のオンパレード。本人のムッとした顔が一番面白かった。
 もう一つは浅田真央。全日本選手権で12位と惨敗。引き際を完全に間違えた。それでも衰えぬ人気。それに対して連盟は全面サポートをするらしい。おいおい、だ。スポーツは実力の世界ですよ。他の伸び盛りのアスリートに失礼です。それも当たり前のようにニュースにするスポーツマスコミ。問題意識がまったくない。これが一番問題ですな。
2016/12/27
   本田外し
 この前のサッカー、サウジ戦。やっと本田がスタメンから外れた。もっと早ければ、ですな。
 きのうのサンスポ終面で今忠さんが、「メディアが本田外しを騒ぎ立て…」と書いていたが、それは違う。サッカーを知っている人たちのネット書き込みは、ほとんど「本田外し」で盛り上がっていた。それをやっとメディアが取り上げたのだ。
 私は南アW杯以前から「本田不要論」を書いていた。なぜなら、本田の致命傷は足の遅さ、トラップの甘さにあった。そのうえボールキープで攻撃を遅らせた。その当時は確かにフィジカルは強かった。ということでトップ下、ワントップで周囲の助けもあり、ガツガツ当たってこないチームだけに対しては、何とか結果を出していたが、あのスピード不足は日本の足かせだった。しかし、サッカーをまったく理解していないメディア、サポーターは「日本のエース」と、囃し立てた。まさに作られた偽のエースである。
 また、本田は絶対にビッグクラブは獲らないと思っていたが、ACミランに移籍した。あの足の遅さでは…絶対に通用しないのに…。スカウティングが、これほど低いとは…。ジャパンマネーが欲しかったのだろうかー。
 案の定、右ウイングではまったくと言って機能しなかった。今では出場機会がまったくなくなった。今冬の移籍が確実だが、獲得するチームがないと言う。引退ーという報道も出てきた。
 
 サウジ戦に戻そう。後半から足を痛めた久保に代わって本田が起用された。途端に日本の攻撃が停滞した。ただピッチをノシノシ、鈍重な動きばかり。それでも、シュートチャンスは4度あった。だが、スピードがないから、相手に阻まれる。そして、唯一フリーでのチャンスが生まれた。しかし、トラップミスで右足前にボール。体を入れ替え、左足で狙ったシュートはGKに軽くセーブされた。そこがただの選手であるのだ。スピードのなさ…、何かスローモーションを見ているようだった。
 
 本田抜き日本は生き生きしていた。大迫がポストプレーで、原口は攻守に良い動き、初の右ウイングで気負いがあった久保もスピードに溢れていた。そして清武は不動のトップ下に成長した。「本田外し」で、やっとW杯出場が見えてきた。でも、最後の1点は余計だったね。
 
 
 
 
 
 
2016/11/20
   日本一&アジア一
 プロ野球は日本ハムの日本一で終わった。メディアは手を汗を握る熱戦と連日盛り上げたが、内容はタイムリー欠乏、バッテリーミス、失策など結構お粗末だった。
 しかし、試合展開は面白かった。勝因は短期決戦を見据え早めに動いた栗山監督の采配だった。投手の見切り、足を使った攻撃など見事に嵌った。しかし、広島・緒方監督は投手交代、守備交代など動くのが遅かった。普段着野球に徹したからだろう。その差が4勝2敗となって表れた。
 それにしても、日本ハム、広島、そしてソフトバンク。この3チームは抜けているね。巨人、阪神なんて恥ずかしい。巨人Vs阪神を伝統の一戦なんて、もう言わないで欲しいわ。
 
  そしてサッカー。U19がPK戦の末、初のアジア一に輝いた。快挙だが、内容はお粗末だった。予選から失点0だが、守りのサッカーでもないし、カウンターも下手。攻撃もただバックパス、横パスが多く、どういうサッカーをやりたいのか、6戦を見たが、サッパリと分からなかった。もう一つ分からなかったのが堂安のMVPだ。準々決勝の得点は素晴らしかったが、決勝戦はほとんどバックパスばかり。なぜか口だけの本田とダブって仕方がない。この世代にはこれといった逸材はいなかった。その下の平井、久保君に期待するしかないのだろうかー。
2016/11/01

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/10/4