ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   大健闘
 WBC野球が面白かった。日本の全試合を期待しないで観たからだ。あの監督、あのメンバーで大健闘である。
 この日の米国戦。予想は大差負けだったが、意外にもジャパンは健闘した。先発の菅野は気迫のこもった投球をみせ、2番手の千賀もメジャーに通用するピッチングだった。それでも勝てなかった…。それも永久に世界制覇は無理であろう。
 米国はじめプエルトリコ、ドミニカなどは、いつもと違ってメジャーバリバリの選手たちで構成されていた。それに比べ日本の選手層の薄さ…。いかに足を使った緻密な機動力野球が身上であっても、塁に出られなきゃ点数は入らない。筒香、中田は日本ではパワーヒッターだが、メジャーの中では普通のバッターである。
 それでも、無敗で準決勝に進んだ。大健闘である。選手はいい経験になったはず。先取点を与えた菊池、決勝点を献上した松田は責めることはできない。これから日本野球を面白くしてくれれば…と願うばかりだ。
 小久保監督は、監督経験がなかったが、これからの野球人生にプラスになったことであろう。日本のペナントレースもすぐ始まる。熱戦を期待したい。
 もうひとつ。中居くんの的を得たリポートはよかった。アナウンサー、解説者はもっと勉強しなくちゃ、ね。
2017/03/22
   おかしい
 日曜日は女子マラソンに新星、WBCの熱戦、そして相撲も始まった。いっぱい書きたいが、競馬のフィリーズレビューを取り上げた。アタシの本命Oカラクレナイが見事な差し切りで留飲を下げたが、馬友ダボハゼさんのブログを読んで2着に入った1番人気レーヌミノルの斜行に始めて気がついた。
 ダボハゼさんの本命は不利を受けた4着のジューヌエコール。当然ジューヌを見ていたから、すぐに分かったのだろう。こちら、審議もなかったので、まったく分からなかった。
 すぐPCで見直した。4度続けて…。ラスト300bあたりで先頭に立つ際、内に斜行しジューヌの鼻づらを横切った。ジューヌは立ち上がり戦意喪失。審議ランプもつかない。いや、降着もありうる斜行だった。
 1番人気だから、なのか、JRAの審議・降着の基準はいまだ不明だ。レース後、浜中騎手は4日間の騎乗停止処分を受けている。それなのに…、である。
 そして次の日、サンスポの競馬面を見た。斜行の件は、わずかだけ。政人の目にも触れていない。おいおい、だ。問題意識がまったくない。だから…、これは言うまい。
 ということで、ダボハゼさんの歯ぎしりが聞こえてきそうだ。ちなみにレーヌが失格になればL−Oで5000円強もついた。それはアタシの大本線だった。
 
 
2017/03/14
   作り手の勘違い
 きのうのサンスポ(道新スポーツ)芸能面トップは結婚ネタだった。広島カープの2勝投手とグラドルだが、野球通、芸能通のアタシも知らないカップルだった。
 スポーツ紙では結婚ネタはスクープとして捉えられている。でも、である。読者のほとんどが知らないカップルをトップにとは…である。吉永小百合(古いねぇ)クラスなら別であるが…。そもそも、読者のほとんどは、他人の幸せはどうでもいいのだ。それよりも、別居、離婚、不倫の方が余程興味が沸く。他人の幸せより他人の不幸。これが読者なのである。何十年も続く作り手の勘違い…。アタシは作り手側を離れて10年で気づきました。
 スポーツ紙の芸能面は、ほとんどがテレビ局、映画製作者、各芸能プロダクションなどの提灯記事ばかり。面白いわけがない。そろそろ勘違いに気づいてほしいものだ。
 
 その日の社会面。これは読者には関係がないことだが、慈恵医大の医療ミスをトップで扱っていた。慈恵医大は産経と提携している病院である。いわば身内である。それを知ってトップに扱った、その日の紙面総括、社会面デスクには拍手を送りたい。
  ところで、サンスポは臨時増刊「第72代横綱稀勢の里」を6日に発売するという。はっきり言って売れません。間違いないです。
2017/02/02
   短命
 稀勢の里が第72代横綱になった。ここ長万部の相撲ファンは、もう一場所様子見が多かった。なぜなら、横綱の器ではないからだ。見た目は北の湖の相撲に似ているが相撲が粗い。下位に取りこぼしが多い。右からの攻めが甘いからだ。短命横綱間違いないね。
 それにしても、協会、メディアは新横綱誕生に浮かれていてはどうしようもないね。白鵬は強さに陰り…、日馬富士、鶴竜は金星献上しまくっての休場。豪栄道も休場、琴奨菊は大関陥落、照の富士は4勝11敗と再びカド番に。そんな中での優勝、横綱昇進では、納得できない。
 相変わらず、はたき、引きの多い相撲。そして待ったも。盛り上げているのは石浦、宇良、里山らの小兵力士だ。来場所大関獲りって言われる高安も強さを感じない。新横綱誕生で浮かれていては…ですぞ。相撲がつまらなくなっている。稀勢コケれば、みなコケるよ。
2017/01/29
   つまらんねぇ、その2
 2日は、箱根駅伝。花の2区は外国人ランナーばかり。見る気が失せた。各区間も何か間延びして面白みがない。見切りをつけて初詣に行った。帰って山登りを見た。早稲田が青学を追い上げるが、なぜかつまらなかった。日テレのアナウンサーのうるさい声が余計つまらなくする。たぶん来年は見ないだろう。
 そしてラグビー大学選手権。しかし、始めから見る気はなかった。そう、早慶明が早々と負けていたからだ。それでも亡き平尾さんの母校・同志社に期待したが、東海大に大敗…。東海といい、天理、帝京も外国人の多いこと。これもつまらなくしている要因だ。
 スポーツ以外のテレビもつまらいものばかり。唯一観たのは一流いなかの番組だった。ガクトは凄いね。個人48連勝だって。
 そんな中で、あのダボハゼさんらのいる釣りビジョンに嵌ってしまった。女の子が挑むはじめての釣りが勉強になる。面白かったのは亮くんが番組をジャックする団子によるチヌ釣り。ツ抜けという見事さだった。ただ、チャラチャラした茶髪のお兄ちゃんが出るのは観なかった。終わり
2017/01/06

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/10/4