ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   4強は遠い
 きのうサッカー岡田ジャパンの強化試合が行われた。南アW杯で、4強を掲げる岡田監督。相手は世界ランク3位のオランダである。日本の力を測る絶好の相手であった。期待しないで観ていたけど、ね。
 
 後半20分過ぎまでは互角以上の戦いであった、とマスコミは報道するが、それは?である。まずオランダは日本をなめてかかっていたし、前半は6、7分の力で流していた。それに対し日本はというと最初から目一杯の戦いを挑んでいた。それは悪いことではないが、サッカーは90分のトータルでの戦いである。もし、先制点が入っていたなら変っていたかもしれないが…。
 結局、後半バテバテとなり、あっと言う間の3失点につながった。俊輔は「オランダなど世界のトップチームはどこからでも点をとれる個々の力と組織力がある。日本は個々の力が劣るので組織力をもっともっとあげないといけない」と言う。
 そうは言うが、組織力以上にやっぱり個々の力が問題でしょうね。90分走り切る、まずは基本の体力。それと相変わらずの決定力不足。これが致命的なんですよ。組織力は世界のトップレベルなんだから…。
 それと、注目を浴びている本田ですが、彼は岡田ジャパンには向かない戦力だね。オランダで実績を作ったけど、運動量が少なく、守りができない。マスコミの買いかぶり過ぎだと思う。スーパーサブがいるとなれば、絶対に小野伸二でしょう。フルは無理と思うがまだまだ世界に通用する戦力ですよ。
 あと、岡田ジャパンの鍵を握るのは俊輔ではなく遠藤です。日本のセットプレー以外の得点の基点は、ほとんどが遠藤なんです。遠藤を軸としての俊輔、中村憲剛が絡んだ攻撃パターンがもっとほしいよなぁ。
 さて、問題の決め手のないFWですが、FWと呼べるのは、田中達と玉田の2人だけです。岡崎にしろ巻にしろ、ただのFWですから。たぶん森本も期待外れでしょう、きっと。このチームに釜本がいればねぇ、なんていつも思いますわ。
 あと9カ月と迫った南ア大会は、組み合わせにもよるが、ま、80l予選敗退でしょう。出場するだけでよしとしなくちゃ。まだまだ日本はサッカー後進国なのだから…。
 
 
 
 
2009/09/06
   野球は面白い
 最近、地上波でのプロ野球中継がほとんどなくなった。でもBS、CSなどで、しっかりと最後まで見せてくれるのでファンにとっては逆にうれしいかもしれない。
 きのう久しぶりに東京ドームで行われた巨人Vsヤクルトは見応えがあった。延長12回5時間を超す熱戦。1−3のビハインドで迎えた八回のチャンスを潰し万事休すと思われた巨人だが九回に追いついた。ここまで二度も天井に打球が当たりヒットになる珍プレーもあった。
 極めつけは、急造捕手・木村拓である。
 阿部、鶴岡が退き、最後の登録捕手の加藤だったが、十一回の打席で頭部に死球を受けた。ここで捕手として守りについたのが、木村拓である。広島時代に経験したとはいえ、10年ぶりとのこと。大歓声の中、見事なキャッチング、サイン出しも様になっている。これぞプロ、職人だった。
 最後にピンチを迎えたが、野間口が渾身の150`ストレートが木村拓のミットにおさまりピンチをしのいだ。結局ドローに終わった試合だったけど、最後まで盛り上がり見応えがありました。野球はやっぱり面白いわ。
2009/09/06
   あっ、そう
 2、3日前テレビを観ていた。政権交代による自民党と民主党の引継ぎのニュースだった。
 麻生を囲む記者団から質問が飛んだ。
 「政権引継ぎで何か指揮されましたか」
 麻生はムッとした顔で
 「官房長官から聞いているだろ、ン、裏をとっているんだな。記者は裏とりが大事だからな。いつもは裏なんかとらなくて書いているのにな」と、言い放った。その記者たちを見下した口調、横柄な態度…この男ほんとに何も分かっていない。TVカメラが回っているところでのメディアに発することは国民に発することなのに…。厚顔無恥、軽蔑を通り越したこんな男が一国の総理だったとは、恥ずかしい限りである。
 そのあと、かつて宮沢から細川に政権移行したときを映し出していた。宮沢は自ら引継ぎの場に出向き、オフレコのことまで話したという。その時に同席した細川政権の幹事長は鳩山由紀夫だった。2人は帰り際、「宮沢さんは、なんて凄い人なんだ」と感服したという。まさに引き際の美学である。
 麻生が自ら引継ぎに出向くことは絶対にないでしょう。「あ、そう」で終わりでしょうね。
 
 今回の衆院選で恥ずかしいことが、もうひとつあった。それは森、安倍、福田、小泉の次男らを当選させた有権者である。民度が低いというか、こういう輩は政治にモノ言う資格はないと思うが…。
 
 
 
 
2009/09/05
   これぞ柔道
 世界陸上、バレーボールのグラチャンが終わったら今度は世界柔道です。ライブではないが、深夜の放送また観ちゃうんですよね。
 女子48`級で福見友子がついに金メダル、世界一になりました。あの谷亮子の連勝記録を2度も破っているのになぜか世界代表になれなかった悲運の福見。やっとつかんだ世界切符で文句のつけようがない勝ち方だった。準決勝では、北京五輪女王のドゥミトルに小外刈りで足を折っちゃったもんね。どの試合でも一本をとるんだ、という姿勢がいいよ。谷なんか手先をチョコチョコと動かすだけ、猫のじゃれあいだもんね。
 その谷は産休のあとロンドン五輪をめざすというが、福見との実力の差は歴然だよ。そのうえ、世界ランク制となりこれまでの実績だけじゃ代表にはなれなくなった。
 この48`級には、これまた谷を破っても北京五輪代表になれなかった山岸もいる。
 すでに谷超えしている福見、山岸。次は復帰する谷から一本とって引退への引導を渡してほしいね。
 
 
 
 
2009/08/27
   原ヘボ采配
 WBCで世界一となった原監督。巷では名監督の仲間入りなんて言われているが、はっきり言って迷監督である。22日の神宮でのヤクルト戦。それは四回だった。
 同点から2点勝ち越したあと、まだ一死満塁で、打者は投手のクライシンガーだった。なんとカウント2−1からスクイズを敢行したのだ。それも三塁走者は足の遅い阿部である。案の定、クライシンガーは空振り。阿部は三本間に挟まれゲッツーである。
 このサインの成功確率は1lにも満たないであろう。バッターは投手、三塁走者は足が遅い、カウントは2−1。そしてタッチプレーは要らない場面で、だ。まさにヘボ采配である。試合は勝ったからいいが、巨人の足を引っ張るのは原監督と言っても間違いないようだ。
2009/08/30

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/10/4