ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   あぁ虚人
 やっぱり日本のプロ野球はつまらんねぇ。WBCで結構盛り上がったけど、その代表選手たちが絶不調…。
 我が日本ハムは大谷がコケてみなコケています。ま、中田は要らないからいいけど…。
 そして巨人。FAで戦力底上げとみんなは思ったが、使えない選手ばかりです。吉川、陽は用済みですな。それにしても高橋監督のワンパターン采配は醜い。1番中井、2番立岡、6番長野、8番小林…打てない、バントが出来ない。この日エモやんが「我慢できるレベルでない」と書いていたが、その通りです。きのうはCSフジで観ていたが、12回、宮国投入で、なんとなくサヨナラ負けを感じた。案の定だった。昔は長嶋ゆえの巨人ファンだったが、いまは負けて、思わずニンマリする毎日だ。高橋監督は優等生すぎる。監督は博打打ちでないといけません。解任を勧めます。
 
2017/04/15
   ハリル解任のすすめ
 明朝「日本4発快勝」の見出しが躍ったスポーツ紙は購読を止めることを勧めます。取材記者、整理記者がまったくサッカーを理解していないからだ。岡崎50ゴール、香川先制弾なら、まだOKだが…。
 W杯アジア最終予選のタイ戦。スコアは4−0だったが、内容は完敗である。勝てばいいのだーと言えばそれまでであるが、いかに格下相手とはいえ、勝ち方が問題なのだ。選手交代、人選もおかしい。
 この試合、ケガの長谷部、今野の代わりに酒井高徳をボランチで起用した。ドイツでボランチを務めているとはいえ、本職はサイドバックスの選手である。もう一人のボランチ山口は高徳と息が合わなかったのか、パスミスだらけ。高徳もバックパス、横パスだけで前を向くことが、まったくできなかった。前線と分断、最終ラインとも分断…。相手が強ければ、負けてもおかしくない試合だった。
 そして、ハリルだ。なぜ高徳なのかー。長田もいれば遠藤も召集したのに、だ。最初の交代は絶対にボランチだった。原口に代わって本田投入も分からない。香川→清武は分かるが、久保→宇佐美も理解できない。
 そして、代表メンバーの人選にも分からないことばかり、だ。ボランチに中村憲、柴崎を選ばないとは…。このハリルじゃ日本のサッカーに未来はない。いまこそ解任を、だ。
 そんな中で、香川の先制点は世界クラスだった。岡崎もまだまだやれることを証明した。そして久保だ。スピードもありシュートも上手い。本田はもう要らない。日本のサッカーのために早く消えてほしいものだ。
 そして、もう一つ。あのPKをとられた長友のプレーは酷かった。長友も要らない選手になってきた。そのPKを川島が止めたが、あのPKはGK経験があれば、ほとんどが止められます。
2017/03/28
   世紀の八百長
 昨夜のスポーツニュース、今朝のスポーツ紙、一般紙に「稀勢奇跡の大逆転V」「列島が感動した」などの見出しなどが躍った。ワタシは読む気にはなれなかった。
 ワタシはあまのじゃくかもしれないが、本割りで稀勢が勝った時、思わず「八百長だぁ」と叫んだ。そして、優勝決定戦。再び稀勢が勝った。その時、「筋書き通り」と思った。
 なぜなら、照ノ富士側からすれば、である。協会、メディア、ファンすべてが敵であるからだ。「ここで俺が勝てば…」−。いま流行の忖度が働いたのだ。ヒールになるよりは負けたほうが…。つまり八百長である。
 照ノ富士は取材で「見えた力と見えない力があった」と。そして「自分の問題」と答えた。勝つことへの重圧…、負けるべくして負けたのである。
 そして、この二番は最低の決戦であったということも付け加えておく。稀勢は左胸、肩を痛め、照はヒザ、足首を痛めての戦い。本来の大相撲とかけ離れた哀れな戦いであった。
 そして、もうひとつ言っておく。本割りは稀勢の反則負けである。何回もVTRを観たが、最後の引きで髷をずっと掴んでいた…。
 やっぱり、ワタシはあまのじゃくかな。稀勢に国民栄誉賞なんて声があがるかもね。森友で揺れる安倍ちゃんが国民の目をそらすかも。日本は平和ですな。
2017/03/27
   大健闘
 WBC野球が面白かった。日本の全試合を期待しないで観たからだ。あの監督、あのメンバーで大健闘である。
 この日の米国戦。予想は大差負けだったが、意外にもジャパンは健闘した。先発の菅野は気迫のこもった投球をみせ、2番手の千賀もメジャーに通用するピッチングだった。それでも勝てなかった…。それも永久に世界制覇は無理であろう。
 米国はじめプエルトリコ、ドミニカなどは、いつもと違ってメジャーバリバリの選手たちで構成されていた。それに比べ日本の選手層の薄さ…。いかに足を使った緻密な機動力野球が身上であっても、塁に出られなきゃ点数は入らない。筒香、中田は日本ではパワーヒッターだが、メジャーの中では普通のバッターである。
 それでも、無敗で準決勝に進んだ。大健闘である。選手はいい経験になったはず。先取点を与えた菊池、決勝点を献上した松田は責めることはできない。これから日本野球を面白くしてくれれば…と願うばかりだ。
 小久保監督は、監督経験がなかったが、これからの野球人生にプラスになったことであろう。日本のペナントレースもすぐ始まる。熱戦を期待したい。
 もうひとつ。中居くんの的を得たリポートはよかった。アナウンサー、解説者はもっと勉強しなくちゃ、ね。
2017/03/22
   おかしい
 日曜日は女子マラソンに新星、WBCの熱戦、そして相撲も始まった。いっぱい書きたいが、競馬のフィリーズレビューを取り上げた。アタシの本命Oカラクレナイが見事な差し切りで留飲を下げたが、馬友ダボハゼさんのブログを読んで2着に入った1番人気レーヌミノルの斜行に始めて気がついた。
 ダボハゼさんの本命は不利を受けた4着のジューヌエコール。当然ジューヌを見ていたから、すぐに分かったのだろう。こちら、審議もなかったので、まったく分からなかった。
 すぐPCで見直した。4度続けて…。ラスト300bあたりで先頭に立つ際、内に斜行しジューヌの鼻づらを横切った。ジューヌは立ち上がり戦意喪失。審議ランプもつかない。いや、降着もありうる斜行だった。
 1番人気だから、なのか、JRAの審議・降着の基準はいまだ不明だ。レース後、浜中騎手は4日間の騎乗停止処分を受けている。それなのに…、である。
 そして次の日、サンスポの競馬面を見た。斜行の件は、わずかだけ。政人の目にも触れていない。おいおい、だ。問題意識がまったくない。だから…、これは言うまい。
 ということで、ダボハゼさんの歯ぎしりが聞こえてきそうだ。ちなみにレーヌが失格になればL−Oで5000円強もついた。それはアタシの大本線だった。
 
 
2017/03/14

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/4/15