ホーム プロフィール 日記 フォトギャラリー コラム 競馬予想
リンク集 掲示板

COLUMN

スポーツ紙で29年間働いていました。スポーツの表裏…ある程度、熟知しています。
                コバ口辛口
   巨人から虚人
 巨人が球団史上初のCS進出ができなかった。開幕当初から、今年はBクラスだな、という予感があった。
 昨年オフから、いつものようにFAで戦力補強をした。それも使えない選手ばかり。山口、陽、森福ら。ほとんどがケガをしていた。そして、トレードでハムから吉川ら。事件を起こした山口にしろ吉川は好投しても次はない。5試合投げれば1試合くらいしか勝てない投手である。森福も、今はなくなったブランドに負けた。後半から陽が1番に座って、期待以上に打ったが、あの淡白な打撃は相変わらずだった。1番なのに、三振が多いのは致命的だった。
 そして、従来の選手たちは阿部、村田を始め高齢化。そして岡本ら若手が伸び悩み…。勝てる要素はなかった。
 一番の問題は高橋監督である。開幕当初から、なぜかセンスのかけらも見受けられない2番に中井を使い続け、外角のボール球にクルクルとバット振り回す長野を使い続けた。致命的だったのは打率1割台の小林を見切らなかったことだ。WBCで活躍したけど、あの打撃では…。2、6、8番が安全パイじゃ勝てませんよ。
 そして高橋監督の采配も酷かった。冒険、勝負をかけない安全運転ばかり。1点取るのに四苦八苦するのは当然だった。
 最後の阪神との2連戦で畠が初回いきなり危険球退場した。投手は中川に変わった。問題はその後の継投である。ノムさんもサンスポで書いていたが、「総力戦で負けられない一戦と言っていたが、その後の継投は負け試合と同じ。これじゃ…」。まさにその通りだった。前にも書いたが、高橋は監督の器ではない。川上監督が何もしないでも勝つーという戦力がない限り、巨人は球界のお荷物となることは間違いない。すでにお荷物かも。球界の盟主…今は昔である。
2017/10/04
   ただのアスリート
 あのラケット破壊以来、錦織を応援しなくなった。それだけの衝撃的な事件だった。もう錦織は観ないつもりだったが、ついウインブルドンを観てしまった。今度はラケットを投げ捨てた。3回戦敗退…。
 もう、ただのプレーヤーに成り下がっていた。いい時と悪いときが極端。世界ランクもどんどん落ちていくでしょう。
 あのラケット破壊、放り投げは絶対にやってはいけないこと、だ。自分の商売道具である。それが日本のトップ選手が…である。もうテニスを絶対に観ないことに改めて決めた。錦織もただの選手だったのだ。
 そしてツアー初Vで注目された杉田。はっきり言って、ただのプレーヤーでした。見るべきところがなく、まったくといって強さを感じなかった。
2017/07/09
   あぁ虚人
 やっぱり日本のプロ野球はつまらんねぇ。WBCで結構盛り上がったけど、その代表選手たちが絶不調…。
 我が日本ハムは大谷がコケてみなコケています。ま、中田は要らないからいいけど…。
 そして巨人。FAで戦力底上げとみんなは思ったが、使えない選手ばかりです。吉川、陽は用済みですな。それにしても高橋監督のワンパターン采配は醜い。1番中井、2番立岡、6番長野、8番小林…打てない、バントが出来ない。この日エモやんが「我慢できるレベルでない」と書いていたが、その通りです。きのうはCSフジで観ていたが、12回、宮国投入で、なんとなくサヨナラ負けを感じた。案の定だった。昔は長嶋ゆえの巨人ファンだったが、いまは負けて、思わずニンマリする毎日だ。高橋監督は優等生すぎる。監督は博打打ちでないといけません。解任を勧めます。
 
2017/04/15
   ハリル解任のすすめ
 明朝「日本4発快勝」の見出しが躍ったスポーツ紙は購読を止めることを勧めます。取材記者、整理記者がまったくサッカーを理解していないからだ。岡崎50ゴール、香川先制弾なら、まだOKだが…。
 W杯アジア最終予選のタイ戦。スコアは4−0だったが、内容は完敗である。勝てばいいのだーと言えばそれまでであるが、いかに格下相手とはいえ、勝ち方が問題なのだ。選手交代、人選もおかしい。
 この試合、ケガの長谷部、今野の代わりに酒井高徳をボランチで起用した。ドイツでボランチを務めているとはいえ、本職はサイドバックスの選手である。もう一人のボランチ山口は高徳と息が合わなかったのか、パスミスだらけ。高徳もバックパス、横パスだけで前を向くことが、まったくできなかった。前線と分断、最終ラインとも分断…。相手が強ければ、負けてもおかしくない試合だった。
 そして、ハリルだ。なぜ高徳なのかー。長田もいれば遠藤も召集したのに、だ。最初の交代は絶対にボランチだった。原口に代わって本田投入も分からない。香川→清武は分かるが、久保→宇佐美も理解できない。
 そして、代表メンバーの人選にも分からないことばかり、だ。ボランチに中村憲、柴崎を選ばないとは…。このハリルじゃ日本のサッカーに未来はない。いまこそ解任を、だ。
 そんな中で、香川の先制点は世界クラスだった。岡崎もまだまだやれることを証明した。そして久保だ。スピードもありシュートも上手い。本田はもう要らない。日本のサッカーのために早く消えてほしいものだ。
 そして、もう一つ。あのPKをとられた長友のプレーは酷かった。長友も要らない選手になってきた。そのPKを川島が止めたが、あのPKはGK経験があれば、ほとんどが止められます。
2017/03/28
   世紀の八百長
 昨夜のスポーツニュース、今朝のスポーツ紙、一般紙に「稀勢奇跡の大逆転V」「列島が感動した」などの見出しなどが躍った。ワタシは読む気にはなれなかった。
 ワタシはあまのじゃくかもしれないが、本割りで稀勢が勝った時、思わず「八百長だぁ」と叫んだ。そして、優勝決定戦。再び稀勢が勝った。その時、「筋書き通り」と思った。
 なぜなら、照ノ富士側からすれば、である。協会、メディア、ファンすべてが敵であるからだ。「ここで俺が勝てば…」−。いま流行の忖度が働いたのだ。ヒールになるよりは負けたほうが…。つまり八百長である。
 照ノ富士は取材で「見えた力と見えない力があった」と。そして「自分の問題」と答えた。勝つことへの重圧…、負けるべくして負けたのである。
 そして、この二番は最低の決戦であったということも付け加えておく。稀勢は左胸、肩を痛め、照はヒザ、足首を痛めての戦い。本来の大相撲とかけ離れた哀れな戦いであった。
 そして、もうひとつ言っておく。本割りは稀勢の反則負けである。何回もVTRを観たが、最後の引きで髷をずっと掴んでいた…。
 やっぱり、ワタシはあまのじゃくかな。稀勢に国民栄誉賞なんて声があがるかもね。森友で揺れる安倍ちゃんが国民の目をそらすかも。日本は平和ですな。
2017/03/27

PAST INDEX FUTURE



Last updated: 2017/10/4